ページ/4ページ |次のページ最終ページ

毛皮族「社会派すけべい」(下北沢駅前劇場)

毛皮族「社会派すけべい」

一時期のあまりの拡大路線についていけなくなっていたのですが、また活動拠点を小劇場に戻してからは再び通うようになってきた毛皮族。
今回も下北沢駅前劇場での公演ということで、これは楽しみなんです。
何しろ毛皮族といえば、あのノリですから、それを間近で楽しむことができるのは、駅前劇場ぐらいの大きさがちょうどいいんですよね。

そんな訳で土曜日のこと、クルマに乗って下北沢にレッツラゴー。
下北沢に来るのもメチャクチャお久しぶりで、駅前劇場、入ってみると最前列でこれはこれはウヒョヒョのヒョー。
もう目の前でポヨンポヨンのプルンプルンなのですよー!(←バカ)

そんな今回の本公演、観終わって驚かされたのが「江本純子が出番を抑えてる……」。
毛皮族といえば江本純子、その彼女のワンマンショーが毛皮族のいちばんの特徴であると言えるのですよね。
当初はその「江本純子と楽しい仲間たち」のノリもとても楽しく思えていたのですが、「毛皮族」という劇団を見慣れてくると、江本純子以外の役者陣もじっくりと観ていたくなるものなんです。
特に毛皮族では、町田マリーという変幻自在なトリックスターや、柿丸美智恵という怪優の存在が大きいのです。
その彼女たちの活躍を、もっとじっくり見せないと、それはそれでもったいないんじゃないかな……と思えてならなかったのですね。

すると、なんと。
今回は、その江本純子が完全に脇役に徹しているではありませんか。
だから、町田マリーのトリックスターぶりや柿丸美智恵の怪優ぶりを十分に堪能できたのですよ。
いや、決して堪能できたのは彼女たちだけではないのですね。
これまで江本純子や町田マリー、柿丸美智恵、澤田育子といった俳優たちに目を奪われてしまってまったく気付いてなかったのですが、今回の主役である羽鳥名美子、彼女の持つハイテンションな魅力がもうスゴいのなんの。ステージからモワンモワンとオーラのごとく押し寄せてくるのですよ。スゴいのです、スゴい。そして、ステキ。
彼女のそのハイテンションな魅力に、最前列席でもうすっかり目を奪われてしまっていました。
今回の毛皮族公演は、そんな訳で、もう色々な魅力で溢れていたといっても過言ではないのですね。

もちろんストーリーでも楽しませてくれます。
前作「暴れて嫌になる夜の連続」では、連合赤軍のアジテーションをパロディー化したセリフがまったく聞き取れず、ストーリー展開に付いていくのがやっとだったのに対して(もちろん、その“聞き取れないこと”が狙いなのでしょうが)、今回はもうすっかりドリフ的なベッタベタの展開。
何しろ舞台が温泉旅館で、非日常的なまでにキチガイな人物の数々が登場し、挙げ句の果てには天井から金ダライが落下し、そしてラストではセットが崩壊……。
ね、ドリフでしょう。

物語中盤以降では、作中作であるはずのベッタベタのメロドラマ(のテレビドラマ)が、現実世界と混合してくる展開となり、「……メタな展開になるのか」と身構えてしまったのですが、いえいえ。
ちゃんとベタベタに判りやすい展開、結末を用意してあったので、最初から最後までとにかく目の前の展開を楽しむことができたのでした。

いやー、それだけに残念だったのは座席です。
いやいや、確かに最前列席でプルンプルンのポヨンポヨンで楽しんでいたのですが、今回、いちばん楽しめたのは、きっと最前列のど真ん中、花道の脇あたりだと思うのですよ。
中盤で雨降りのシーンがあり、ここで町田マリーと江本純子の二人が妙なテンションではしゃぎまわるものだからとっても楽しめるはずです。
特に町田マリーファンのぼくからすると……ああ……想像しただけで……。
とにかく、それぐらい羨ましい席っていうことなんですよ。

「相棒」亀山刑事の名刺は印刷ミスではなかったんです

相変らず、ネットレンタルで借りた「相棒 Season 5」を見続けています。
今回借りたDisk 8に収録されている14話「貢ぐ女」では、亀山刑事が交番の巡査に自分の連絡先のメモを渡しているシーンがあるんですよね。
亀山刑事の連絡先を交番の巡査に渡すシーン
……これ! よくよく見ると、電話番号が!

以前に「亀山刑事の名刺の電話番号が一桁足りないのは、うっかり印刷ミスかもしれない」とブログ記事として書いたことがありましたが……スミマセン、これ、間違いですね。
本人がメモ用紙に堂々と一桁足りない電話番号を書き付けているんですもの、これはやっぱり、この一桁足りない番号が正式な「特命係」の電話番号と思って間違いないようです。
(ちゃんとこの交番の巡査から、特命係に電話も掛かってきていましたし)
亀山刑事のメモの電話番号は、確かに名刺と同じ

ところでフト思ったのは、交番の巡査に外線番号を渡しているけど、内線番号ってないのかな、と。
てっきり警視庁管内では独自の回線を使っていて、内線番号で掛けられると思っていたのです。
(機密保持の問題や、あと電話代とか)
うーん、内線番号で通じるのは「交番と所轄警察署」間ぐらいのものなのかもしれないなあ。
近所の交番で訊いてみたら、教えてくれるのかしらん。

あと、第15話目となる「裏切者」。
ここでは、何者かに亀山刑事が襲撃され、病院に担ぎ込まれていることを亀山夫人である美和子さんが、杉下右京の携帯に知らせてくる、というシーンがあるのです。
その、杉下右京の携帯に着信があったときのこの場面、なんと、美和子さんの携帯番号が表示されていますよ!
亀山夫人である美和子さんの携帯番号

ということで、「9689」を使用するキャリアを調べてみたんです。

  • キャリア
    Softbank Mobile
  • 旧使用会社
    Vodafone・J-PHONE・東京デジタルホン
  • エリア
    東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県・山梨県・長野県

うん、なるほど。
どおりで最近は、放映終了時のロールで「撮影協力」としてNTTドコモの名前が出てきていないはずですよね……。
これってやっぱり「大人の事情」ってやつなんでしょうか。

久しぶりに頑張ってみたんだ、サイン本に

先週末に、道尾秀介が新刊『球体の蛇』のサイン本つくりのため、都内の書店をまわったとブログで報告してあったので「そうかー、買いに行かないとなー」などと呑気に考えていたんです。
でも、3連休をダラダラ過ごしてしまい、今日。
「そうだ、そういえばサイン本が出ているんだっけ……」と、最寄りの本屋さんに行ってみることに……。
しかし、あれ? ないのです、ない。キレイサッパリありません。
うーん、だったらもう1件寄ってみるかーとこれまた呑気に別の店に寄ってみると、これまた「アイスミマセン、売り切れました」。
うひゃー、マジッすか、マジッすか。
3連休ということでダラダラしているその間に、どうやら捌けてしまったようなんです。

うわーん、どこにも(といっても2軒だけですが)道尾秀介のサイン本がないんですよーと師匠に泣きつくと、師匠、ご自慢の真っ白の長いあごひげをさすりながら、「うわっはっはっは、それは仕方ないのう……」。
仕方ないとはどういうことですか!と師匠を問い詰めたところ、どうも今回の『球体の蛇』は、「すわ、道尾秀介! 今回のこの作品で直木賞か!?」というウワサもあり、アッという間にサイン本は完売してしまったらしい……とのこと。
しかも、そもそもが、もう以前のように多くの冊数にサインをしなくなっているのでは……とも。

ひぃ。
やっぱりこういったサイン本情報って、情報をゲットすると同時に、お店にスタートダッシュすることが、何より大事なんだよなあ……とションボリ。
トボトボ帰途についたのですが、でも、やっぱり、諦めきれません。
念のため、もう1軒だけ確認してみよう……と、某店。
すると店員さん、「ちょっとバックヤードに確認してきます」……そ、そんな……お忙しいところ、どうもスミマセン。

待つこと数分、誇らしげに戻ってきた店員さん、「ございましたよ! サイン本!」。
ああ、輝いているよ、店員さん! 貴方のその声、貴方のその姿、貴方のその存在!
しかし、売り場にはなかったので、もうてっきりダメだと思っていたのだけど、まさかバックヤードにあったとは……これは盲点だ。
道尾秀介のサイン入り『球体の蛇』
師匠、どうもお騒がせいたしました。

そんな師匠からの情報。
ニッチなファン層から熱烈な支持を受けているカルトな作家、ソブケンこと蘇部健一が、なんと!
早川書房から新刊を出すそうなんですよ!
あのハヤカワですよ、HAYAKAWA。決して早三書房などというバッタモノの出版社ではありませんって。
これでもうソブケン先生も第一人者としてお墨付きされたのですね! やったね!
もうカルトだなんて言わせませんよ!
その蘇部健一のサイン本が週末に作成されるそうなんですよ。
そして、そのサイン本には何と! ナマ原稿(の一部)が封入されるという特典付き! わお!
これはもうファン……というのか、マニアというのか、とにかく、蘇部健一のことが好きで好きでたまらないんだぁぁぁ!という方は、絶対に絶対に手に入れるべきですよ!
でないと、10年後か20年後、「早すぎたデビュー」と言われて人気絶頂になった頃に「ああ、しまった、あのとき買っておけば……」と後悔しているかもしれません(←実に失礼なことを言っているかも……)。

そうそう、新刊と言えば、伊坂幸太郎『SOSの猿』。
いつも仙台市内の各書店でサイン本をつくってまわっているそうなんですが、今回も今日、各書店まわりをしてサイン本をつくられたそうなんですよ。
伊坂幸太郎情報は、遠く離れた仙台の地でのことなので、なかなか情報が入らず、前作の『あるキング』のときは、もはや全滅してからサイン本情報を知った次第ですが、今回は早めの情報ゲットで、うしししし。
伊坂幸太郎のサイン入り『SOSの猿』

「相棒5 バベルの塔」杉下右京でさえも見逃しているナゾの事実

もともと、テレビドラマは観ないもので、今ごろになって「相棒」のDVDを借りてみています。
古い回も見たいという人が多いのか、それともぼくのように乗り遅れた人が多いのか、なかなか借りれないことも多いのですが、ようやくSeason 5まできましたよ。
そして今回、第11話の「バベルの塔」なんですが、これがもうスゴイのなんの。

政治家が主催者となって、お台場のホテルで開催された大晦日カウントダウンパーティー。
ビルが舞台となれば、すわ、「ダイ・ハード」か「ライジング・サン」か、はたまた「タワーリング・インフィルノ」か、と見ていたのですが……いえいえ、それらをしのぐサスペンス性。

主催者である政治家を銃撃しようとし、未遂に終わると従業員を人質に立てこもったボディガードの大塚寧々。
政治家の婚約者でもあった彼女がそのような事件を引き起こしたのは、実は娘が誘拐されており、その誘拐犯に脅されて……という展開なのですが、もうね、スゴイのてんこ盛り。
二転三転するプロット、先が読めない展開、大胆に散らばれた伏線、その鮮やかな回収、そしてファンにはたまらない主要な登場人物が織りなす(これまで以上の)人間くささ。
もう、これは大傑作なんですよ、大傑作。2時間チョイという長さもあっという間のオモシロさ。
これまでの「相棒」のなかでも、いちばんのお気に入りになっちゃったんですよ。

しかし、杉下右京さんのような方でも見逃していた事実を、ぼくは発見したのです!
(エッヘン)

大塚寧々を脅迫するために、誘拐犯が人質となっている娘の様子を動画に撮影し、携帯電話に送信してくるシーンがあるのです。
この動画、ファイル名をよくよく見てみると……あれ?
大塚寧々に送られてきた娘の動画
「070111_1301~01」って……2006年の大晦日どころか、年が明けて、松も取れて、正月気分もすっかり抜けた2007年1月11日、しかも時刻も13時、つまり昼1時なんですよ!

もちろん犯人が、手がかりを残さないためにもワザとこの動画を撮影した携帯の時間設定を狂わしているということも考えられます。
しかし、動画を撮影した携帯は、人質の女の子のものなので、そんなことをする意味がないのですね。
ということで、きっとこのナゾの時間設定にも事件のナゾをを解く大きなヒントが隠されていると思っていたのですが……あれれ。
誰も何も指摘しないまま、事件は終わってしまっじゃないですか!
なので、この時間設定のナゾだけが取り残されてしまったのでした。

ははーん。
とすると、これは番組収録時にうっかり、小道具の携帯電話の時間設定を物語内の時間に合わせ直しておくのを、忘れちゃったんだね!
つまりこの時間は撮影日の撮影時間。
だから時間も、子供がいることで13時1分になってしまったのですね! (きっと、撮影開始が13時からだったのでしょう)

そう思って調べてみたのですが……あらら。
この「相棒 Season 5」の第11話、「バベルの塔」は“元日スペシャル”として、2007年の1月1日に放映されていたのですね。
つまり、番組の収録は2006年の12月かもっと早くて11月……?
つまり、どちらにしてもこの動画は、意味なくものすごーく未来のこととして撮影されてしまっていたのでした。
やっぱりナゾなんです、ナゾ。

ひょっとしたら、放映時にはカットされたけど、この伏線を回収するエピソードがまだ何かあったとか……。
気になります。

BATIK「花は流れて時は固まる」(にしすがも創造舎)

すみません、今日の日記は勢いだけで書いています。
なので、文章がとても変です。
あまりの衝撃に、頭が動かず、手も動かず、ここまでしかできませんでした。
読みづらくて申し訳ありません。

花の週末は、久々のBATIK公演なんですよ。
会社帰りに、にしすがも創造舎へレッツゴウ。
地下鉄三田線で西巣鴨の駅を上がると、そこに広がる小学校のような建物。
ここが今回の公演会場である、にしすがも創造舎なんです。
にしすがも創造舎の入口

「小学校みたい」と思ったのもそのとおり、もともとは小学校だったそうなのですが、廃校となってしまい、そのまま建物を活かして稽古場などになっているのだそうです。
この元・小学校で最も広いスペースである旧体育館が今日の会場です。
19時の開場とともに中にはいると……おお。ステージと客席、そして暗幕ですっかり元の空間が判らなくなっているのですが、よく見ると天井に設置された水銀灯(らしきもの)や、館内をぐるりと取り囲む空中通路(この通路のこと、なんていうのでしょう)があったりして、やっぱり体育館なんですね。
天井の梁に、バレーボールが引っかかっているんじゃないかしらん。
元・小学校の校舎だったにしすがも創造舎

BATIKの公演では、あの激しい動きを、空気とともに直に触れていたいがため、最前列にいそいそと座ったぼく。
すると、係員が「水がはねる畏れがありますので、どうぞこちらをお使いください」。
そういって渡されたのが、“身体用”のビニールと、“カバン入れ用”のビニール袋。
うははは、そんなことに恐れをなすぼくではないのです。水、ドンとこい。来るなら来い。

そんなこんなで始まった19時30分。
わー、これって、なんだかデヴィッド・リンチ的な世界観を体現しているんじゃないでしょうか。
何しろ、美しいガジェットを散らしながら、そこに広がるのはおぞましいフリークス的な描写。
出産シーンとともに、産まれ出た“何か”。
“それ”は最初、こびるような声で話していたのですが、突如としてフリークスとしての狂気に支配されると、あとはもう延々と観客の神経を逆なでしてやまない、おぞましい叫び声をあげ続けるのです。
叫び声だけでなく、何度も同じ行動で観客に強迫的に迫り来る不快感、これ見よがしに登場し、無意味な行動をとる人物……。
ああ、これってやっぱりデヴィッド・リンチだ。
何しろ突然にローラ・パーマーまで登場しちゃうんですから、もう間違いありませんって。

そう思って観ていたのですが、途中から……あれあれ?
いや、もっと単純に、これ、子供を表わしている?
大人に媚びを売る子供、調子に乗って何回も同じことを繰り返す子供、相手にしないと何度も話し掛けてくる子供、気に入らないと暴れる子供、ギャーギャー泣きわめく子供、汚い遊びが大好きな子供、止めなさいと叱られても止めない子供、怒られてやっぱり泣き叫ぶ子供、親に虐待されている子供……。

悪夢的世界が次々と展開されていき、もはやそこで繰り広げているのがBATIKなのか、デヴィッド・リンチなのか、それとも現実の子供の夢なのか、判らなくなってくるのです。
いや、そんなことを考えていることさえもできないほど、ダンサーの激しい息づかい、飛び散る水しぶき、床に擦れてキュッキュ、キュッキュと音がなる足の動きなど、現実が考えることを凌駕していき、頭のなかの“考えること”を段々と消し去り、ただ、ただ、目の前の現実(それが何なのかよく判らないのですが、とにかく目の前にあるもの)に圧倒されている一個の自分がここにいる、だけなのですね。

そして訪れるあのラストシーン。
いや、もういったい何なんですか、この美しさは。この神々しさは。

もともとBATIK公演では、黒田育世のその超絶的なソロに圧倒されるのですが、今回の作品では、BATIKメンバーが“バックで奏でる神々しさ”により、より一層の凄みが増しているのですね。
黒田育世のソロと、バックでのBATIKのメンバーによるあのシーンの美しさは、もう、なんというか、奇跡。

ああ、ここで突然涙が溢れて溢れてとまらなくなってしまったのですよ。
泣かせる要因なんて何一つないのに、勝手に流れて止まらないんです、涙。
なにこれこわい。
カーテンコールが3回もあったから、なんとかその間に汗を拭く振りをして誤魔化した(つもり)ですが、最前列に座っていただけに、すぐ目の前にダンサーさんたちがいて、ちょっと恥ずかしい……。

いやー、しかし今回の作品は本当に本当に観に来てよかったと思うのですね。
それほどまでに素晴らしかったこの作品、もともと黒田育世の紡ぎ出す超絶的な動きが好きだったのですが、それだけでは語れない“何か”が常に孕んでいたのではないかと。
こんなに素晴らしい、伝説的作品が観られたことに感謝。
BATIK「花は流れて時は固まる」(にしすがも創造舎)

ページ/4ページ |次のページ最終ページ