真グロ賛歌

会社帰りにスーパーでお買い物ですよ、お買い物。ショッピング。
「今夜の晩ご飯、おかずは何にしましょうかねえ」と、買い物かごを通した左手をあごの下に当てた奥さまポーズで悩むぼく。

そんなとき、フト目に飛び込んできたんですよ、その異様なPOPが。
まわりに溢れているのは、スーパーならではの「大安売り」「特売」といった“売らんがため”のPOP。
なのに、そのなかで異彩を放つそのPOPは、一切“売ろう”という気が感じられないのです。
異様なオーラに満ちた黒地のPOPは、これ、明らかにまわりとは一線を画しているのですよね。
一体なんなんですか、これは。

スーパーで見掛けた“ぐろ専科”
ぐろ専科

なんというかねえ、趣味が悪いのですよ。悪趣味。バッドテイスト。
そんなダーティにしてデインジャラスなかほりがプンプン漂ってくるのですよ。
何が悪趣味って、“ぐろ専科”。いったいどんな専科なんですか?
きっと、目を覆いたくなるような数々のグロテスク動画を観賞して楽しむ、そんなマニアに向けた売り場に違いないのですよ。

しかも悪趣味はそれだけではないんです。
この“ぐろ専科”というネーミングだってバッドテイスト丸出しなんですよ。
だってこれって、確実にダジャレを狙ってますね。
いや、“ダジャレ”といってしまっては、洒落の神さまに失礼です。ただのオヤジギャグですよ、オヤジギャグ。
このPOPを書いた人は絶対に、これ、

お客さん、私と一緒にグロしま専科?

こう呼びかけているつもりに違いないのですよ!
うわー、なんて悪趣味! なんて立派なオヤジっぷり!
もうね、どんなスプラッター映画愛好家たちが集ってくるというのでしょう、このスーパーには。

……ははあ、なるほど。
この“ぐろ専科”を、スプラッター映画愛好家たちと考えると、すべて見えてきたような気がします。
スプラッター映画と関連づけながら、改めてこの売り場を見直してみてください。
……ほら。
このPOPの前に並べられてある商品、これが「特殊メイクで飛び散る血のりやお肉」に見えてきますよね?
ここは市内でも有名なスプラッター特殊メイク用の材料店だったのです!

そうなんですよ、そう、きっとそうなんです!そうに違いないのです!
ぼくが会社帰りに立ち寄るスーパーは、トム・サビーニもビックリ御用達にしたいぐらいに特殊メイク用のグログッズを取りそろえたマニアのお店だったのですっっっ!
さすがは横浜!
身近なスーパーも、実はこうしたいかした趣味の店として隠れた名店だったということなんでしょう!
スーパーのPOPをたたいてみれば、文明開化の音がするぜ(意味判りません)。