銀座の歩行者天国に、トイプー

銀座は和光の時計台の向かいにあるリコーのビル。
今日はここでワークショップがあるということで、お出かけなんですよ。
土曜日ということで、メインストリートは歩行者天国なんですよね。
ただ、昼間はさすがに暑くて、人出もまばら。
スッコーンと抜けるような空の青さが目に染みるぜ。
銀座といえば、和光の時計台

ワークショップも無事に終わったところで、ビル内のスペースをブラブラ。
本来はここ、写真展などが行われるギャラリーなのですね。
今日もハリウッド俳優や有名人たちをジャンプさせたポートレートの作品展が開かれていて、自由に見回ることができるのでした。
アレックス・マヨーリ写真展「ONE JUMP!」

しかしこのギャラリーには、さりげなくリコーのカメラコーナーも併設されているのですね。
新型のGR Digital IIIなんて、自由に触りたい放題なんですよね。
そこで、アレコレ撮影を試して遊んでいるうちに……ヤバい、メチャクチャ欲しくなってきたではないですか(← 見事にリコーの思惑にはまっているヤツ)。
ギャラリーに併設されてあるリコーのカメラコーナー

夕方となり、「さて帰ろうか」と再び歩行者天国を歩いていると、何やら道端に人だかりできているのです。
銀座の方向者天国にナゾの人だかり

何だ、何だ、何ごとだ?と人垣の向こうを覗いてみると……おおう、これは!
なんとキュートな! なんてプリティな! トイプードルのトイプーちゃんが、ちょこんとお座りしているのですよ。
トイプーがつぶらな瞳で、自分を取り囲む人たちを見上げていたのでした

お散歩中に「ボク、疲れたの」と休憩しているように見えるのですが、飼い主らしき人は傍にいないのですね。
ということは、待ちイヌ……?と思いきや、どこかのお店の入口前という訳ではなく、本当に道路の真ん中なんですね。
そもそもこのトイプー、紐にも繋がれていないのですよ。ただ単にチョコンとお座りしているだけ。
これ、下手したらそのままヒョイと連れて行かれそうだよ、大丈夫かなあ……と思ったところで、あ。まさか……これって捨てイヌ?
いやいや、こんなにキュートでプリティなトイプーなんですもん、そんなことはないですよね。

しかしながら、ぼく以外にもまわりを取り囲む人たち、「かわいい」「かわいい」と目がハートマークになりながらも、「この子、どうしちゃったんだろね」とか言っているんですよ。
誰一人として、この子の状況を知っている人はいないみたいなんですね。
メッチャクチャ気にはなったのですが、今日も銀座へはクルマで来てしまっているのです。どんどん加算されていく駐車料金の方がもっと気になってしまい、泣く泣くその場を後にしたのでした……ごめんよー。
一体、どうなってしまったのでしょうか、銀座の歩行者天国でお座りしていたトイプー……。