連休最終日のウダウダで感じる幸せ感と焦燥感

昨日の晩にカレーをつくっておいたから、今日から1週間はご飯の心配をしなくてもOKなんですよ。
作り置き用のカレーということで、焦ることなくゆっくりつくることができたからか、玉ネギを珍しく飽きることなく40分程度炒めることができて、茶色……とまではいかなくてもキツネ色に近い感じにすることができました。
ただ、さすがにこれ以上炒めることは飽きてしまって、お鍋に投入してしまいました。
玉ネギがじっくり飴色になるまで炒めることができる集中力が欲しい……。

そんな訳で、今日は食料の心配がいらないため、1日中ずっとウダウダと惰眠をむさぼるむさぼる。
赤ちゃんのように寝ていて、極上の幸せを夢うつつのなかで味わっていたのですよ。
しかし、夜になるとさすがに「このままでは、本当に赤ちゃんのようになってしまう」と焦りがムクムクわき上がってくるのです。
廃人になりたくなければ、とにかくお出かけですよ!……と無意味な思いこみで、夜も日付が変わろうとする11時過ぎになってお出かけしてきました。
とは言っても、いつものように市内観光コースを20キロほどのドライビングです。

いやー、ホントにこのコースは、行く時間帯によって、色々な「横浜の街並み」を見ることができるから、何度ドライブしても飽きることがありませんね。
夜は「人がいない観光地の顔」を見ることができますし、週末や休日で道路が激混みの昼間でも、「どんな観光客がいるのかな」と見ていることができるので、全然苦にならないのですね。

そんなすっかり「夜の顔」になっているみなとみらいのコスモワールドは、コスモクロック(観覧車)前で信号待ちです。
おお、“花火のイルミネーション”まであと1秒……というところで、青信号に変わっちゃいました。
あと1秒で花火のイルミネーションが見られるところだったみなとみらいの観覧車
もう、なんというタイミングなんでしょうか。
これまで何回もこのルートでドライブしているのですが、いまだかつて、ここの信号待ちで、観覧車が“花火のイルミネーション”になっているのを見たことないのですねー。
これはひょっとしたら……。テレビ東京のポケモン騒動のように「花火のイルミネーションがフラッシュ効果で危険」ということで、決して運転中には花火のイルミネーションが見られないように、横浜市内の各信号機と観覧車のイルミネーションが連動しているにちがいありません!(← そんな訳ありません)

大桟橋では、何やら巨大な船が灯りを煌々と点しながら停泊しています。それも2隻。
家に帰ってからベランダに出て見ても、煌々とした灯りがピカピカ光っているのがよく見えているのですね。
大桟橋のホームページで調べてみたところ、この大きな船は「ザ・ワールド」という世界一周旅行中の船なのだそうです。
しかもこの船、客室は皆、分譲なんだそうですよ、分譲。別荘。うへー。
色々な意味で、その後ろで建物に隠れるように停泊している「にっぽん丸」がメチャクチャ小さく見えます……。
洋上の別荘「ザ・ワールド」と、建物の陰に隠れて見えない「にっぽん丸」

なんでも今日の昼間、ぼくがちょうど惰眠をウダウダとむさぼっていた頃、大桟橋には、この2隻に加えて、「ぱしふぃっくびいなす」「飛鳥II」と4隻も停泊していたそうなんです。
さぞかし壮観だったでしょうねえ。
そんな壮観な景色が見られたかもしれないのに、ウダウダと惰眠をむさぼっていたとは、なんだかメチャクチャもったいないことをしてしまったような気がします。

そういえば、夢うつつで「ボーッ」と汽笛が鳴っているような気がしていたのですが、それってひょっとしたら「ぱしふぃっくびいなす」か「飛鳥II」のどちらかがちょうど出航していたときだったのでしょうか。
せめてあのときに起きて外を見ていたら……ああ。

コメント

たまねぎは冷凍すると5分であめ色になるらしいです・・。
やったことないですけど。
http://r.nanapi.jp/161/

ま、ま、ま、マジッすかー! これはすごいことですよ、すごい! ホントにすごい!
どれぐらいすごいかというと、開幕初日にいきなりイチローが200本安打を達成してしまったよ、おい、ぐらいのすごさでしょうか(←すごい以前に不可能です)。
いやー、これで玉ねぎがアメ色になるのでしたら、ぼくのいままでの玉ねぎ炒め時間は何だったんでしょう……。
気になるのはあとはお味ですね。
色は素敵にアメ色でも、味は全然ナマのままだったーということだったらイヤンですね。
次回、ちょっと試してみますねー。
情報ありがとうございます。

試されたらレポートお願いしますねー(他人任せすぎ)

ああ、きざしさんがご近所さんだったら、カレーパーチーでもして、そのときに一緒に試すところだったんですが……