5年ぶりに丹波篠山のお蕎麦屋さんに行ってきました

新宿は歌舞伎町で行われた「くすぐリングスNEO」の終了後、近くのコインパーキングに駐めておいたクルマで、そのまま関西の実家に帰ってきました。
夜通しドライブして帰省した一番の理由が、実は「普段食べられない関西のお蕎麦屋さんに行くこと」だったりするのですが、それは両親にはナイショということで。

そんな訳で、到着した次の日、お昼にお蕎麦屋さんに向かってゴウ!
当初の目標は、5年前に1度行ったきりの超有名お蕎麦屋さん「ろあん松田」。
超有名店だったのですが、5年前のときは特に予約を入れなくても入れたので、今回も「いけるだろう」と安易に考えていました。
出発前に念のため電話で確認してみたところ……あうう。今週は、すでに週末まで予約がいっぱいで、アイスミマセン、と敢えなく撃沈。
やっぱり有名店に行こうとしたら、思いつきで行動していてはダメということなんですね。
(5年前はそれはそれはラッキーだったということで)

それだったら、これまた同じく5年前に1度行ったきりの「一眞坊」、ここだったら予約なしでOKだから……と行ってみたのです。すると……わー。
なんということでしょう、平日だというのに、駐車場がクルマでいっぱいなんです。

待ってまで蕎麦は食べたくはないけれど、でも蕎麦を食べずに帰るのは悔しい……という複雑な心境で、別の店を探すことにしました。
あちこち適当にクルマを走らせていると、これまた田舎のお宅を改装して、かなり風情のある「自然薯庵」というお蕎麦屋さんを発見したのです!
気になるお店「自然薯庵」
しかも駐車場は空いているようです! やったね!
喜び勇んでクルマを駐車場の真ん中に堂々と停め、「ごめんよ!」と店に入ろうとしたところ、入口にこのような張り紙があったのでした。

なんと臨時休業だったのです……うえーん
誠に勝手ながら、
8月25日(火)26日(水)27日(木)
休ませていただきます
またのお越しをお待ちしております

ウッソー! もうダメですよ、ダメー。ここまで運がないのはどういうことでしょうか。
ここで時刻は13時20分。ひょっとしたら、もうお店も空いているかも……と再び「一眞坊」に戻ったのですが……ヒー! 相変わらず同じクルマが駐車場を占拠しています。

こりゃダメだ、オレはもうダメなんだ、ダメ人間なんだよ……と、その近所の家の敷地内で繋がれていた柴犬相手に愚痴をこぼします。
近所の柴ワンコに愚痴をこぼします
しかしこの柴ワンコ、ぼくの愚痴を聞いてくれるのはいいんですが、ついでにフィンガーテクニックを繰り出してあげると、あっという間にメロンメロン、敢えなく昇天しちゃったのでした。
愚痴を聞いてもらっているはずが、いつしか昇天させてしまっていました

ヒトのお宅の敷地内で、そのお宅のワンコを勝手にメロンメロンさせている怪しい野郎……これは通報されてはかないません。
もうお蕎麦も諦めて、おうちに帰ることにしました。
「さようなら、お蕎麦屋さん……また逢う日まで」と前を通りかかると……あれれ?
空いているのですよ、駐車場が。ガランガラン。
なんだ、14時まで待っていたらよかったのね、……というか、最初から14時に来るべきだったのでした。
5年ぶりにお邪魔した「一眞坊」

もうすっかりハラペコ野郎のぼく、貸し切り状態となった店内で囲炉裏端の席に座ると、いきなりフルスロットルで鴨ロースなんて頼んでますよ。
なぜかいきなり鴨ロースなんて頼んでいるし

そして、あれほどまでに待ちこがれた蕎麦ですよ、蕎麦。
もう腹の底まで思いっきりたぐってみせてやったのでした。
この蕎麦、甘みが感じられて素朴な優しい味わいなんですね。いやー、うまかったー。
(でもやっぱり、5年前と同様ダシが辛いのが気になりました……蕎麦にはきついけど、ポタージュスープ並みに濃厚な蕎麦湯にはピッタリ)
メインの蕎麦は甘みが感じられて素朴な優しい味わいです(それだけにダシの味のキツイのが気になるところですが)