カオスなケーブルのなかから、ナゾの物体

普段は持ち歩いているノートパソコンを久しぶりに会社に持っていき、社内LANに接続しようとしていたんです。
うちの会社は社内LANに繋げようとしたら、机の下、足元の奥に設置されたHUBにケーブルを挿し込まなくてはならないのですね。
(セキュリティの観点から無線LANはないんです)

しかし一番近いところにあるHUBって、パーテーション越しに向かいに座る女性の同僚の足元なんです。
これが男性だったら、「ちょっと、ごめんやっしゃでー」とかなんとか言いながら、ズリズリとそやつの机の下に潜り込んでケーブルを挿すところなんですが……。
いやいや、いくら同僚とはいえ、女性にそんなことをしてしまっては、ハイパー超絶ワイセツセクハラ行為として認定されてしまうこと、間違いありません。

そんな訳で、今朝はもうハイパー超絶早くから会社に行き、同僚のいないうちに机の下に潜って作業しちゃおうと考えていたのです。

まず、自分の机の上からLANケーブルを机の穴を通じて自分の席の足元にポトンと落とします。
あとはこのケーブルの先っちょを、パーテーション越しに向こうの席に潜らせて、同僚の机の下、足元奥にあるHUBに繋げばいいだけなんです。
で、落としたLANケーブルを向こうに這わそうと自分の机の下に潜り込むと……

……なんだこれ?

ぼくの机の下、グチャグチャに絡み合って混沌(カオス)と化したケーブルどものなかから、何やら黒いゴム状の物体が出てきたのですよ。
カオスなケーブルのなかから、何か出てきました

大きさは5センチくらいでしょうか。
厚みも1センチぐらいと、かなりあります。
机の下に潜り込んだそこは薄暗く狭い空間。
そんななかで「これ、いったいなんだろう……」と、ナゾの物体をひっくり返したり振り回したりしているうちに……あ。
判りましたよ、判りました。

これ、靴底なんですよ、靴底。
しかもカカト部分。
靴底、それもカカト部分なのでした

つまり、靴底が剥がれて落ちて、ぼくの机の下に転がっていた、ということだったのですね。
アッハッハッハ、なーんだ。
ナゾは解けてしまえば、メチャクチャ簡単なんですよね。
世の中に不思議なことなどないのです。

が……あれ!?
ここで、さらに新たにナゾが生まれたのですよ。

これはいったい誰の?
しかも、なぜ、ぼくの机の下に落ちてるの?

おまえの靴じゃないのかと言われそうですが、いえいえ。
落ちていたのは、厚さが1センチほどあり、しかも「カカトの底全体」なんですよね。
これだけの大きさで靴底が剥がれてしまったら、絶対に歩きにくくなるはずなんです。
「靴底が剥がれて落ちちゃった!」と気付くはずなんですよ。
しかし、今までそんな経験は一切ないのです。
つまり、ぼくの靴から取れた訳じゃないんです。誰かの靴なんです。

しかも、なぜ、いったいこの場所に。
この剥がれ落ちた靴底の主の御仁は、ぼくがいない間に、ぼくの席に座って、何かしていたとしか考えられないのです。
うーん、いったい何をしていたんだろう……。

  • 勝手にパソコンを立ち上げ、アダルトサイトを見まくっていた
  • 勝手にパソコンを立ち上げ、エロいメールを出しまくっていた
  • 勝手にパソコンを立ち上げ、高額なショッピングをしまくっていた

いや、パソコンを勝手に触っていただけとは限らないですよねぇ。

  • ぼくの椅子の、座る部分にメチャクチャ頬ずりしていた
  • ぼくが昼休みに使う歯ブラシを加えて悦に浸っていた
  • ぼくが音楽の時間に使うたて笛やピアニカをこっそり吹いていた

……って、これじゃあ、まるで小学生の男子だ。