女子バレーのエロいユニホーム

見るともなしにテレビのチャンネルをあちこちザッピングしていたんです。
すると、フジテレビでは女子バレーボールの試合なんてやっているんですね。
まあ、もともと、スポーツなんてこれっぽっちも興味がない「インドア派」で「文化系」の引きこもり人間なので、いつもであれば素通りするところなんですが……「ん」?

なんというか、エロいレーダーがピコーンと反応しちゃうんですよ(←あくまで反応するのはレーダーであって、身体の一部ではありません ←おい)。
そりゃ、バレーボールといえば、スラッと背の高いアスリート系のお姉さんたちがわんさか出てくるので、ま、普通のスポーツに比べると、ちょっとは気になる方なのですが、それにしても「エロいレーダー」が反応してしまうとは、これいかに。

そんな訳で興味をひかれて、ついつい観てしまっていたのですが……判りましたよ、判りました。
これね、女子選手が着ているユニホーム、これがとってもとってもエロいんですよ。
女子バレーチームのユニホーム、エロくありません

「ええ? これがぁ?」と思われそうですね。
そうなんですよ、そう、確かにパッと見では、エロいなんて微塵にも感じさせないんですよ。
しかし、このユニホーム姿の彼女たちが真っ正面を向いた瞬間に、「エロッ!」。
エロいレーダーがビンビンに反応してしまうのです(←いや、だから、あくまで「精神的なレーダー」ですよ。身体の一部ではありませんよ ←おい)。
真っ正面から見たときだけ、エロさがピンポイントで爆発するのです

このユニホーム、全体を赤で染め上げ、両脇に薄いグレーのような色のアクセントが配置してあるんですね。
で、問題はこのアクセントの薄いグレーの部分なんです。
上から下、裾に向かってけて、幅が大きくなっているんですね。
その幅が大きくなってお腹にグレーの生地がはみ出し、赤い生地の部分が狭くなっているのですね。
このデザインが、遠目に見ると見事に遠近感としてデフォルメされて、

胸がメチャクチャ強調されて見えてしまうのですよ!
真っ正面から見たときだけ、エロさがピンポイントで爆発するのです

これ……、こんなお色気デザインは、反則でしょう。
あ、そうか、別に男子選手と対戦する訳じゃないから、エロくても反則にはならないのか。
そもそもビーチバレーなんて、奥さま、ユニホームはモロお色気のビキニですしね(関係ありません)。

だったらこれは絶対、ワザと“男子諸君の目を奪うため”にデザインしたものに違いありませんって!
それが証拠に……悔しい……ぼくが見事にしてやられてます。
普段なら絶対に見るはずのないバレーボールの試合を、結局は最後まで観てしまったではないですか。

こうなったらいっそのこと、男子バレーボール選手の着るユニホームも、パンツの横に大きくグレーのアクセントを入れて、女子諸君の目をソコに釘付けにしてやってください。
(あまりにエロいレーダーが反応してしまい、もう言っていることがメチャクチャです)