高村薫『太陽を曳く馬』に

ついったーでは、もうすでにつぶやいていたのですが(最近ようやくコツが掴めて、結構ついったーでつぶやけるようになれました)、大阪でのみ開催された高村薫の新刊『太陽を曳く馬』刊行記念サイン会に、知人が参加し、ぼくの分までサインをもらってきてくれました。
サンキウ! マイ、フレンド!
大丈夫、マイ・フレンド!(← それは、村上龍の本のタイトルですから)
高村薫のサイン入り『太陽を曳く馬』

しかし、高村薫のサイン会はかなり出版社側も慎重(出版社は新潮社だけに? ←関係ありません)になってきているようで、「サインは上巻だけ」「為書きは必須」というルールが徹底されていたそうです。
以前であれば、サインと一緒に、作品タイトルや識語も書いてもらえたこともあったようですが、これからはそれも難しくなるのではないか……とのこと。

そうそう、「識語」で思い出しました。
10年ほど前のことです。
高村薫のサイン会に参加した人が「高村センセイって、私の顔を見て“ニヤッ”って笑いながら、合田雄一郎と加納祐介の相合い傘を書いたのよ!」と興奮して話しているのを聞いたことがあるんです。
それを聞いて、「ああ、そういうことだったのか!」。
高村作品にはやたらと「男×男」なる組み合わせが多いよな……なんて思っていたのですが、そのことを聞いてようやく、高村薫自身が意図して書いていたことに気付いたのでした。
嗚呼、あの頃の無垢なぼくは今はいずこに……。

しかし、それだけ出版社側が慎重(新潮社だけに? ←しつこい)になってしまったということで、今となってはそんな「登場人物の相合い傘」の書かれたサイン本なんて、もう幻の“逸品”モノなんですよね。