嗚呼、君の名は(エレベータ検査技師)

エレベーターに乗って、最上階に行こうとしたところのことですよ。
行先階ボタンを押して、フト、その上を見たんです。
そこには「定期検査報告済証」なる張り紙があったんですね。
見るともなしに見ていた「検査報告済証」

静かに上昇するエレベータ内は、他に乗り合わせた人との気まずい雰囲気が流れるばかり。
他にすることもないので、見るともなしにその「検査報告済証」を見ていたんです。
そうしたら……ええっ?

検査技師は「昇」さん(上昇中のエレベータのなかで)
昇さんっ!

最上階に向かって「昇」っていくエレベータのケージのなか。
そのエレベータを検査したヒトのお名前は「昇」さん。

……いや、たったこれだけの話なんですけど。
でも、ホントに、ホントに、その場で誰かに伝えたかったんです。