白金台のホットケーキ屋さん

シロガネーゼなマダムが集う街、白金台にやって来ましたよ。
ああ、流れる空気が、そよぐ風が、もうまさしくセレブなかほりに包まれているのです。
そんなシロガネーゼな街に来たからには、ぜひとも行ってみたかったお店が。
ババーン、ここ、「きつねとはちみつ」。
白金台のホットケーキ専門店「きつねとはちみつ」

目印は、バルコニーに掲げられた「ホの字」フラッグ。
♪わたしゃそんなあなたにホの字なのよ~
「きつねとはちみつ」の目印は「ホの字」フラッグ

店内は撮ってもコンパクトな隠れ家サイズのお店なんですよ。
下北沢にあるお気に入りのカフェととってもよく似ているんです。
だからでしょうか、初めて来た気がしません。
窓ぎわの席に座ってメニューを見ると……ふふふ、ありますよ、ありますよ、プレーンに小倉にいちごにバナナ。
その中で、ひときわ目をひくホットケーキがあるのですっ!

カレー味

お味を想像してみようとしても、頭が一切拒否してしまう衝撃的なメニューなんですよ。
心が不吉にワサワサと揺り動かされてしまいます。
いくらカレー好きとはいえ、このような悪魔のようなメニューを頼んでしまって人生を棒に振ってしまっては元も子もありません(言ってることがメチャクチャ失礼……)。
ここは無難にプレーンで乗り切るべきでしょう。
そんな訳でお姉さんに「プレーンを1つ!」と頼み、同行していた友だちに「何する?」と訊いたところ、「カレー!」

……マ、マ、マ、マジっすか?

マジです、マジです。
待つこと10分、なんと、本当にカレーホットケーキが出てきましたよ。
カレーソースが別添えになっているので、通常のホットケーキで言うハチミツのような感覚で上からドロリドロリと掛けていただきます。
衝撃的だったカレーホットケーキ

……保守的なくせにカレー好きなぼく、友だちが食べているのを目にしては、もう我慢なりません。
ちょっと横から失礼……と、まずは生地を摘むと……「おおっ!」。
てっきり、通常のホットケーキの生地にカレーソースだけ掛けるのかと思っていたのですが、いえいえ、ちゃんと生地もカレー味に染め上げられているのですよ。
このカレー味に染め上げられた生地に、上から掛けるカレーソースも……「おお、カレーライス用のカレーだ!」。
お昼のランチにのみ出されるカレーライスのルーをそのまま使用しているのですね。
だから「ソース」といいながらも、ひき肉やニンジン、ジャガイモなどの具がゴロゴロしているのです。
このカレー、このままでもおいしいのですよ。
しかし生地に掛けて食べると……「これもありだねー」。

そして最後にここにさらに付けられてきたマーガリンをのせると……「グレート!」。
マーガリンのまろやかさが、お口の中でカレーと溶け合って極上のハーモニー。
これ、実にうまく計算されている味付けなんだと思うのですよ。

試しにプレーンにカレーを掛けて食べてみたところ……「ウエー」。
極上のハーモニーどころか、まったく味の主張がバラバラで全然おいしくないのです。
いやー、カレーホットケーキ、意外なところに意外な組み合わせで、参りました。

ちなみにカレーソースは1瓶では物足りない方は、お願いすればもう1瓶用意してもらえます。
トッピングみたいなものかしら。
今度は「ガーリックホットケーキ」を頼んで(←あるんです)、その上にカレーソースを垂らしてみたい……。