クルマにキノコが生えていた

先週、藤沢でお預かりしてもらったクルマが、1週間ぶりに帰ってきたのです。
やったね!

が、なんと恐ろしいことに、クルマにキノコが生えてきてしまったのです……ヤバイ。
しかも、運転席と助手席の両方ともドアのところに生えてしまったのですよ。
クルマにキノコが生えてきたんです

いくら今が梅雨どきだからといっても、納車されてまだ1ヶ月も経っていないのですよ。
走行距離だってまだ2300キロほどなんですよ。
なのに、キノコですよ、キノコ。運転席と助手席に、キノコ。
キノコ、にょっきり。
キノコをアップで撮ってみました
カビならともかく、キノコなんて生やしているクルマは、まあ世界広しと言えども、ぼくのクルマぐらいのものなんでしょうね!

このドアのところににょっきり生えたキノコ、かなり大きいものです。
シイタケよりも圧倒的。この存在感はマツタケに近いものがあるかと思います。
しかもこのキノコ、毒キノコのような有害なオーラは感じさせられません。
安全ですよ、安全。
だから刈り取ることをせず、そのままにしています。

そうそう、ドア内部もいじって貰いました(というか、それがメイン)。
作業内容(方法)は企業秘密にあたるそうなので、そのまま写真はアップ、できません。
ドア内部はそのままお見せできません……スンマセン

ただ、ドアそのものにかなり重みも加わったためメチャクチャ安定感が増しました。
何しろ、ドアを閉めたら、これまで「バタンッ!」という感じの音しかしなかったのに、今では「ドシッ!」と腹に響くような、まるで高級車のドアを閉めたときのような音に変わってるんです。
生えてきたキノコもかわいいし、もう全然オッケー、オッケー!!
(キノコも様子見のため、このまま半年ほど生やし続けておこうかと)

さて、そんなキュートなキノコカーでご機嫌ドライビングに出発!……と行きたいところですが、ああ、残念。
週末はマンションの配管掃除作業で、各部屋に業者がやって来るのです。
だからウチだけ留守してパス、という訳にはいかないのですよね。
そんな訳でドライブはお休みせざるを得ないのですが、でも我慢なりません。
近場だけど、横浜の街並みをグルっと回ってくることにします。