経団連カオス

新しく建ったばかりの経団連ビル前を通りかかったときのことです。
……何ですか、これは。
それでなくても、そこは狭い道路なのですが、その両側にギッシリと黒塗り高級車が路上駐車されているのです!
両側ですよ、両側。
おかげでバスが通れなくなってしまって、エライことになってます。
バスの後ろは、さらにこの道路に入ってこようとしている黒塗り高級車が延々と続いていて、大渋滞を引き起こしているんです。
経団連ビル前のカオス
しかもこの立ち往生しているバスに向かって、同じようなバスがもう1台こちら側にやって来ているので、このあと道路の真ん中あたりで2台のバスが向かい合ってしまい、さらに大混乱となるのですよ。

経団連ビルの前で警護しているガードマン、交通整理どころか、ビルを出入りしようとしている黒塗り高級車をさばくのに、数人掛かりでてんやわんや。
しかしそのなかに1人、ボーッと暇そうに立っている人がいたので、ラッキー!
「今日、何かあったんですか?」と訊いてみました。
すると「いやぁー、判らないんですよね」。

……おい。

これだけ明らかに“尋常ではない数”の黒塗り高級車が集まっていて道路を埋め尽くし、バスが通れなくてその後ろでは国道まで大渋滞を引き起こしていて、しかもキミ、そもそもキミがビル前で警護のために出てきてますやん。
なのに、「いやぁー、判らないんですよね」とは何ごとですか。

ウソだーっ!
ウソだ、ウソだ、ウソだ、絶対ウソだーっ!
何か隠しているだろ、吐け、ほらさっさと吐け、早く吐いちまってラクになっちゃえ!
……と、徹底的に訊いてやろうかと思いましたが……やめました。
だって、スーツ着た新手のテロリストだと思われたら、かなりめんどくさそうなんですもん。

で、結局何があったのかよく判らないままです。
(オチなんてありませんよ)