初の週末ドライブの旅

世間一般的には「必要ない」と言われていますが、それでもやっぱり個人的にはしておきたい“慣らし運転”。
個人的な感覚の問題だけで、以前から行っていることは儀式としてちゃんとやっておきたいな、と。

そんな訳で、木曜日に納車されたばかりのクルマとともに過ごす初めての週末ですよ。
納車日当日にも、150キロほどの“プチ慣らし運転”はしましたが、いよいよ本格的に始めるのです。
とは言っても、特別なことは何もしません。
オートスピードコントロール機能を使って、高速道路を一定速度で走るだけなんです。
キープレフトで安全運転。
いやー、この機能、初めて使いましたが、メチャクチャ便利ですよね。
便利な上に心地いい。快適ドライビングなんです。
あまりの気持ちよさにふと気が付くと、おおう、関西まで来ちゃっていました。
ついつい調子に乗ってしまって、乗りすぎてしまったようなんです。

ここまで来たら実家に寄っていこう……ということで、夏休みの帰省にはまだまだ早すぎますが、「ただいま」。
晩ご飯をしっかりいただいて、また横浜に帰ってきました。

これで今回の走行距離は1063キロ。
うははは、もう慣らし運転は終了してしまったではないですか。
今回のトータル走行距離は1063キロ

(これまた無意味かもしれませんが「最初の儀式」として)初期オイルの交換のため、ディーラーにゴウ。
すると……ありゃりゃん?
納車されてまだ3日目なのに「1000キロ走りましたので」とのことで、もう「1ヶ月点検」されてしまいました。
いや、確かに検査を行う条件としては「購入後1ヶ月経過、または1000キロ走行後」でしたが……でも、3日目ということがどうも引っかかるんです。 例えて言うなら、「お葬式をあげたその日に、初七日の法要も一緒にやっちゃう」みたいな違和感です。
まあ、大事に乗っていれば、どうってことないことか。

道中では色々と動物との触れ合いが楽しめたのでした。
滋賀のパーキングエリアでのこと。
クルマを停めると……え?
何やら視線をものすごく感じるんですよ。ジロジロと見られている感覚。妙に落ちつきません。
通りすがりに誰かが車内にいるぼくを見ているのかと思いきや、いえいえ。
視線が送られてくるのは、とても現実ではありえないほど「上の方」からなんですよ。
上から感じる視線って……ああ、そうか! これっていわゆる“神の視点”ってヤツなんですね!
神さまはいつも空にいて、我々のことを見守ってくださっているのですよ。
だから事故も起こらず無事にこうしてドライブを楽しめているんですよ。
ありがとう、神さま……と思っていたら、あらら。
隣のレーンに停められたトレーラーに、ウシ!
リアルにドナドナの光景を見てしまったのでした
そのトレーラーの荷台に乗せられていたウシが、隣のぼくのクルマを上から目線でメチャクチャ見降ろしていただけだったのでした。
ドライバーに訊くと、これから九州まで行くそうですよ。あー、リアルにドナドナを見てしまったのでした。
♪ドナドナードナー、子ウシを乗せてぇぇぇ

また浜名湖サービスエリアでは、湖を一望できる広場があるのですよね。
そこをブラブラお散歩していると……子ネコ!
草むらで物思いに耽っている子ネコ
草むらで何やら物思いに浸っているんです。

そっと近寄ってみると……あ、気が付かれた。
メチャクチャ目つきの悪いキャツですよ
メチャクチャ目つきの悪いキャツですよ。

こんなにも目つきが悪いキャツなんだから、きっと愛想がないヤツだな……逃げられるだろうな……と思いながらも、念のために「おいで、おいで」。
すると、「何、何、遊んでくれるの!」と飛びついてきたのでした。
おお、かわいいヤツめ。

しかしコイツ……単にじゃれて遊ぶ相手が欲しかっただけのようです。
もう爪をとがらして引っ掻いてくるわ、牙を尖らして噛みついてくるわ…で、もう手が傷だらけになってしまいましたよ。
もうじゃれたい放題でぼくの手は傷だらけなんです

すると、ニンゲンなんかと遊んでいるわが子のことが心配になったのか、ふと気がつくと、いつの間にか黒ネコのお母さんが傍らにいるのです。
「ニンゲンなんかと遊んじゃダメよ」と注意するお母さん。
「人間なんかと遊んではいけません」「じゃあ、ママが遊んでよ」
すると子どもは、「じゃあママが遊んでよ」。
……ということで、いきなりキャットファイトが始まりました。
突然のこの展開のガチ試合に、思わず動画なんか撮ってしまいました。
夢中で子どもの相手をしていたお母さん、最後に突然ぼくの存在に気付きビックリしています。
(このあと「ウギャッ!」と飛び上がって逃げていってしまいました。お母さんが愛想なしだったのでした)
とにかく驚かせてしまって、どうもスンマセン。