高速料金50円のドライブ

新しくクルマを注文してしまったということで、10年以上乗ってきたクルマとも、予定では今月いっぱいでお別れになるんです。
そんな訳で、ちょっとでも長い時間を一緒にすごそうと、ドライビングにゴゥ!
お出かけしてきました。

世間一般では、ETCを付けた乗用車に限り、土曜・日曜・祝日に高速道路の通行料がどこまで行っても1000円均一という話題で持ちきりですね。
しかし、世の中にはもっと安い高速料金で楽しめるドライブがあるということを知ってしまったのです。
350円とか、300円とか……って、それ、1000円どころの騒ぎではないじゃないですか!
そうと知れば、もう居ても立ってもいられず、旅することにしました。
基本的にルートは、「そこに“それ”用の道がある限り」どこでも行けるのですが、初心者のぼくはもっとも近回りのルートを計画してみました。

あきる野IC
  ↓
(圏央道)
  ↓
八王子JCT
  ↓
(中央道)
  ↓
 岡谷JCT
  ↓
(長野道)
  ↓
更埴JCT
  ↓
(上信越道)
  ↓
藤岡JCT
  ↓
(関越道)
  ↓
鶴ヶ島JCT
  ↓
(圏央道)
  ↓
日の出IC

合計約500キロ、6時間の旅でした。
本当は新潟方面まで足を伸ばして、魚沼産のご飯を食べたり、谷川岳のおいしい水を汲んできたりしたかったのですが……それはまた次回のお楽しみということで、今回はショートカット。
実際のルートマップはこちら

しかしさすがは中央高速道、普段利用しないから余計に感じたのかもしれませんが、窓の外を流れる風景がとても印象的だったんですよね。
たとえばこれ、南アルプス連峰です。
残雪のエッジが美しく映える南アルプス連峰
下界は「もう夏か」と思えるほど暑いのに、頂上ではまだ雪が残っていて、それが美しいラインを描いているのに感動してしまいましたよ。

あとは、やはりニッポンジンのソウル、富士山ですねー。
ニッポンジンのソウル、フジヤマ
あいにくとモヤが掛かっていて、そのお姿をハッキリくっきり見えなかったのは残念なのですが。

また、せっかく信州に来たからには、野沢菜とおやきを外す訳にはいかないでしょう。
ということで、「野沢菜のおやき」と、両方を満たすモノがあったのです!
これだ……!と思ってかじりついたのですが……何だこれ。
全然おいしくなくて大失敗の「おやき」
「おやき」というくせに、ぜんぜん焼いてないんですよ。うーん、この食感はまるで肉まんじゃないですか、これって!
しかもサランラップに巻いた状態で渡されたので、食べようとラップを外すと中は湯気で生地がビシャビシャのニュルニュル……。
もういろんな意味でおいしくないことこの上ありませんでした。
ああ、ヒトはそうやって失敗を繰り返していきながら成長していくのですね!

そしていよいよ高速道路を出ます。
緊張の一瞬……出たーっ!
6時間掛けて500キロ走った高速料金、50円
50円ですよ、50円。
もうね、これだと「ETC割引で1000円だー、やすーい!」とはしゃいでいるのに、その1回分の値段だけで、このルートだと20回もまわれるんですよね!