姓で呼ぶ作家、名で呼ぶ作家、その規則性

ずっと不思議に思っていたことがあるんです。
作家名をフルネームではなく略すとき、たとえば夏目漱石だと「漱石」、森鴎外だと「鴎外」と言いますよね。
決して「夏目」とか「森」とは言わないのです。

ははーん、じゃあ作家を略して呼ぶときは、「姓」ではなく「名」で呼べばいいのだなと思いきや、太宰治や芥川龍之介だと「太宰」「芥川」となって、決して「治」「龍之介」とは言わないのです。
森鴎外のつもりで「森」というと、あら不思議、森博嗣になってしまうのですよ。
(そしてなぜか、森茉莉でもありません)

このように作家を「姓」で呼ぶか「名」で呼ぶか、というものは、何か規則性があるのでしょうか?

そう思って、試しにいろいろな作家で試してみました。
思いつくままに作家名をフルネームで挙げていき、それぞれを「姓のみ」「名のみ」で呼んでみたり、「●●の文学」「●●ミステリ」などと言葉にしてみたりして、違和感がなかった場合は「○」、可能性がある場合は「△」、違和感がありまくりの場合は「×」としました。
ところでこの実験の最中、部屋のなかでひとりで作家の名前をブツブツつぶやいている姿、とても人様にはお見せできませんです……。

【作家の場合】
  • 石川啄木:×石川 ○啄木
  • 正岡子規:×正岡 ○子規
  • 川端康成:○川端 ×康成
  • 松本清張:×松本 ○清張
  • 石原慎太郎:○石原 △慎太郎
  • 渡辺淳一:△渡辺 ×淳一
  • 村上春樹:△村上 ×春樹
  • 綾辻行人:○綾辻 ×行人
  • 麻耶雄嵩:○麻耶 ×雄嵩
  • 西尾維新:△西尾 ×維新
  • 舞城王太郎:○舞城 ×王太郎
  • 伊坂幸太郎:○伊坂 ×幸太郎
  • 東野圭吾:○東野 ×圭吾
  • 京極夏彦:○京極 ×夏彦
  • 西村京太郎:△西村 ×京太郎
  • 赤川次郎:○赤川 ×次郎
  • 高村薫:△高村 ×薫
  • 桐野夏生:△桐野 ×夏生
  • 林真理子:×林 ×真理子
  • 皆川博子:△皆川 ×博子
  • 小野不由美:△小野 ×不由美
  • 仁木悦子:△仁木 ×悦子
  • 宮部みゆき:○宮部 ×みゆき
  • 若竹七海:△若竹 ×七海

いわゆる「文豪」作家の場合は、一部の例外を除き「名」で呼ばれることの方が多いようですね。
ところが現代の作家になってくると、「姓」で呼ばれることが多くなっているような気がします。
石原慎太郎の場合は、お兄さんと区別するために「名」を呼ばれることもあるのですが、やはり作家としては「姓」で呼ばれているように思います。

ちょっと困ってしまうのが村上春樹。
「村上」だと村上龍と混同してしまいます。「春樹」では角川春樹だと思われかねません。
だからでしょうか、最近では「ムラカミ」とカタカナ表記になってきているように思えます。
さすがは「世界のムラカミ」ですなー。

女性作家になると、かろうじて「姓の呼び方で聞いたことがある程度」となり、大方が省略した呼び方では違和感を感じました。
たとえば森鴎外の場合、お父さんが「鴎外」なのに、娘は「茉莉」ではないのですね。
あくまでフルネームで「森茉莉」なんです。
ところで、「森」というとやはり森博嗣になってしまうと先ほども書いたのですが、これは森博嗣が自分で「森は、」などと一人称を姓で書いているので、「森=森博嗣」となっちゃったのではないかと思うのですね。
ところが高橋源一郎も、やはり「高橋は、」などと書いているのに、なぜか「高橋」と言うと「高橋名人?」と思ってしまうのです。

夏目漱石の場合も、おじいちゃんが「漱石」なのに、孫は「房之介」ではないのですね。
(「房之介」というと、思わず「近藤房之介?(本当は近藤房之助 )」と考えてしまう)
しかし「夏目」ではないのです。やっぱり夏目房之介はフルネームで「夏目房之介」なのですよ!
このあたり、まだまだ解明されない謎が残っているのです。

【漫画家の場合】
  • 手塚治虫:○手塚 ×治虫
  • 石ノ森章太郎:○石ノ森 ×章太郎
  • さいとう・たかを:△さいとう ×・ ×たかを
  • 永井豪:△永井 ×豪
  • 楳図かずお:○楳図 ×かずお
  • 浦沢直樹:○浦沢 ×直樹
  • 藤子不二雄:○藤子 ×不二雄
  • いしいひさいち:×いしい ×ひさいち
  • 萩尾望都:△萩尾 ×望都
  • 一条ゆかり:△一条 ×ゆかり
  • 山岸凉子:△山岸 ×凉子
  • 池田理代子:×池田 ×理代子
  • 美内すずえ:△美内 ×すずえ
  • くらもちふさこ:△くらもち ×ふさこ
  • 岡田あーみん:×岡田 ○あーみん

男性漫画家の場合は、やはり「姓」で呼ばれることが多いようですね。
それに対して女性漫画家の場合は、作家同様、省略した呼び方ではかなり違和感を感じるので、やはりフルネームであることの方が多いようです。
そんななかで、なぜか岡田あーみんだけは「あーみん」で違和感がないのですね。
現代作家の中で「名」で呼ばれる珍しい例ではないでしょうか。
(あくまで主観ですが)

【文学賞の場合】
  • 江戸川乱歩賞:×江戸川賞 ○乱歩賞
  • 鮎川哲也賞:○鮎川賞 ×哲也賞
  • 横溝正史賞:○横溝賞 ×正史賞
  • 三島由紀夫賞:○三島賞 ×由紀夫賞
  • 山本周五郎賞:○山本賞 ×周五郎賞
  • 谷崎潤一郎賞:○谷崎賞 ×潤一郎賞
  • 吉川英治文学賞:○吉川賞 ×英治賞
  • 大宅壮一ノンフィクション賞:○大宅賞 ×壮一賞
  • 芥川龍之介賞:○芥川賞 ×龍之介賞
  • 直木三十五賞:○直木賞 ×三十五賞
  • 岸田國士戯曲賞:○岸田賞 ×國士賞
  • 野間文芸賞:○野間文芸賞 ×清治文芸賞
    (そもそも「野間文芸賞」が正式名称で、「野間清治文芸賞」ではないですが)

ここにきて、驚くべきことが判りましたよ!
江戸川乱歩賞だけが「乱歩賞」と名で呼ばれるのに対し、あとはすべて姓が使われているのです!
そういえば、こうした賞の冠で使われている作家名は、江戸川乱歩以外はどれも「名」ではなく「姓」で呼ばれる方たちばかりですものね。
そうか! 作家の方々、自分の名前を「名」ではなく「姓」で呼ばれるようにしたら、ひょっとて自分名が付けられた賞が作られるのかもしれません!

島田荘司の場合は、残念ながら「ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」という名前でしたが、これがもし仮に「島田荘司新人賞」という名前だったら「シマソウ賞」と呼ばれるようになるのでしょうか……(なりません)。
もし「シマソウ賞」が誕生するのであれば、きっと鮎川哲也賞も「鮎哲賞」なる愛称で呼ばれることなっていたんでしょうね!(だからなりませんってば)