ミサイルが飛んで来てもテレ東イズムは譲れない

どんなに世間で大事件が起ころうとも、我が道を行くテレビ東京。
それがテレ東イズム。

今日のお昼のこと。
「相棒」の再放送をボーッと観ていたら、突然に番組が中断されて臨時ニュースが流れてきたのですよ。
突然の臨時ニュース
「北朝鮮から飛翔体が発射された模様」と言うアナウンサーの表情もかなり緊迫している模様。
「ありゃりゃ、遂にやっちゃったか」と各チャンネルをザッピングしてみると……おお。
どこの局でも通常番組を中断して、臨時ニュースに切り替わっているのです。
アナウンサーも緊張している様子
こうしてスタジオにちゃんとアナウンサーがいるということは、きっとどこの局もこの事態を想定して、あらかじめ準備していたのでしょうね。

そんなニッポンの危機のまっただ中で、ただひたすらに我が道を歩んでいたのがテレビ東京。
各チャンネルでは、緊張した表情のアナウンサーが臨時ニュースを読み上げているなかで、ただ1局だけ呑気にゴルフ番組なんて流していたんですよ。
しかもプロとアマのゴルフ対決なんて、思いっきり平和な番組。
ここだけ別世界のように思いっきり平和な光景
さすがですよ、さすが。テレビ東京のこのマイペース。テレ東イズム。

……などと思っていたら、その数分後。
ますます青ざめた顔で各社ともアナウンサーが再び登場。
「先ほどの速報は誤探知によるものでした」……って、おい!
先ほど以上に緊張した様子のアナウンサー
まあ今回は状況が状況だけに、じっくり確認作業なんてしていられないから、こんなことになっちゃったんでしょうが、それにしても各社の慌てようったらありゃしません。
やはりどの局でも報道取消の臨時ニュースを行っていたのですが、そんな必要のないのがテレビ東京。
何しろ、報道していないのですから、取り消す必要もないのです。
そりゃそうだ。
何ごともなかったように、相変らず呑気にゴルフの番組なんて流しています。
何ごともなかったように相変らず平和な光景が繰り広げられているテレ東

そんなテレ東以外は上へ下への大騒動のなか、誤報に関してマイペースだったのは意外にも“報道の”TBS。
エロ詩吟をバックに、まるで他人事のように「さっきのアレ、ウソでした。ゴメンネー」と字幕でお知らせするだけなのでした。
天津木村が泣きそうな顔で詫びているようにも見えます
うーん、字幕だけで誤報だったことを伝えるのもいいんだけど、エロ詩吟がバックではなあ……。
ただ、この写真を撮った瞬間の天津木村の顔が、いかにも「間違った報道して申し訳ない」と泣いて詫びているように見えますよね。
だから、まあいいか。