調子が悪い三連発

【調子が悪い(その1)】
先週は渋谷のラブホテル街のアスファルト上で、今週は横浜の公園の芝生の上で、とにかく坂を転がり続けているため、身体の節々が悲鳴をあげています。
その悲鳴でぼくが悲鳴あげています。ギャー。
そんなときに限って家に湿布の類はないので、薬局で急遽買ってきました。
インドメタシン配合でイエイエイエイ。
インドメタシン配合の温湿布
これをとにかく、身体の痛いところにすべて貼っていったら……うわー! ミイラ男みたいになっちゃいました。全身湿布貼り付け状態。
明日、湿布のにおいがほのかに漂っていたら、それ、ぼくです。スミマセン。
あ、でも「血行がよくなりますように」って温タイプを買っちゃったけど、熱くなって暑くならないのかしら。だってもう春だもんねえ。

【調子悪い(その2)】
5匹いるウチのわんこたち。
5匹のウチのわんこたち
ところが、そのうちの2匹が急にキュンキュン鳴かなくなっちゃったんですよ!
おい、どうしたんだ!と叩いてみても、逆さに振っても、全然ダメです。ダメなんです。
ウンともスンとも言ってくれません。いきなり壊れちゃったのかー。
そんな訳で、potalive 横浜編 vol.6「ハマニ イルマニ」の明日の本番は、残り3匹に頑張ってもらいます。
……と思いながらも、よくよく調べてみたら、鳴かなくなっていたのは黒いマンガン電池を使用していたものだけだったんです。
試しにアルカリ電池を入れてみたら……おお、ものすごい勢いで鳴き出しました。
なんだ、黒い電池なのに電池の持ちが悪いのね。

【調子悪い(その3)】
あ、これは調子悪いとは言わないか。
カッパ、例のカッパ、池に住んでなくて沼に住んでいる奴ではない方のカッパ。
今日も大活躍で例によってどろんこになっちゃったんだど、どうせ明日もすぐにどろんこになるんだからそのまんまにしておいてやったぜ。
そんな訳で、明日はどろんこのままやっちゃうぜ。