伊東沙保さんのおうちを建てる

開始日の土曜日がもう目前に迫っているpotalive 神泉編vol.1『百軒のミセ』。
会期中の案内所となるのが「インフォメーションセンター」。
そのセンター開設場所(おミセ)が、今日から使えるということで、仕込みが始まりました!
ちょっと覗きに行ってみましょう……。
半分近くが水浸だし状態
どよーん。

インフォメーションセンター内では、伊東沙保さんがおうちを建てようとしているのに、場所の半分が水浸だしになっているのですよ!
すっかり途方に暮れている施工主のサホさん。そして業者さんたち(←違います)。
「わー、ヤバイところに来てしまった……」とメチャクチャ無責任なぼく、「何か道具を探しに行ってきますよー」。
どんより打ち合わせをしている施工主と業者さん(←だから違います)を残して、スタコラ逃げ去っていってしまったのでした。
ホント、ひどい奴でスミマセン。

そして夜。
「そろそろ何とかなった頃かな」と、再び覗きに行ってみると……。
(重ね重ね、ホントひどい奴でスミマセン)
おうちの作業場ができていたのでした

水がすっかりなくなっている!
何をどうしたのか、すっかり水がきれいになくなっていて、しかもおうちの作業場までできているのですよ。
施工主のサホさんは、やっぱり大黒柱の長女なんですね!(意味不明)

おっと、ここで施工主のサホ姉さん、用事ができたようで、真ん中のお姉ちゃんに番を代わってもらうようお願いしています。
ちょっとここ代わってくれない?
「ちょっとお願い、ここ代わってくれない?」

しかし、マヤ姉さんはストレートに判りやすい態度でふてくされ中。
用事を言いつけられてめんどくさいよなあ
「ええー、イヤだなぁ、めんどくさいんだよなぁ……」。
どよーん。

しかし、そこにうまいタイミングで末っ子が通り掛かります。
マヤ姉さんってば、「ちょっとユウコ、アンタがやりなさいよ」。
ニコニコと楽しそうな妹
「……(ニコニコ)」。
マヤ姉さんから理不尽に用事を押しつけられても、ニコニコと楽しそうに番をしている末っ子なのでした。