「ハマニ イルマニ」稽古の3回目

雨ですよ、雨。シトシト雨。寒い寒い雨。手がガッチガチになる雨。
傘を持つ手が余りに冷たくなってしまうので、手袋なんて引っ張り出してきたのですよ。
このあいだの夏のような暑さは一体なんだったんだ……。

手袋だけじゃものたりず、毛がフッサフサになっているジャケットを引っ張り出してきての伊勢佐木町お散歩稽古の第3回目。
るるる♪ダンサーの、そのあまりの男前っぷりにホレボレしちゃうじゃないですか
今回公演する「ハマニ イルマニ」は、前回、秋に行われたばかりの作品の再演ということで、さほど内容は変わらないだろう……と思っていたら、あらら。
ちょっと歩いてみただけでも、前回見た景色とは全然心象が変わって見えてくるのですよ。
そんな訳で、イチからの作り直し。
以前は外した道を再び訪れてみると、おお。
メッチャ素晴らしい景色となって見えてきているから不思議なんです。
以前は敢えて行かなかった道を辿ってみる
道そのものがこの秋から冬にかけて改装されたのか……いやいや、そんなことはありません。
じゃあ、ぼくたちの見方が変わっただけなのか。
いずれにしろ、初演バージョンとは、あらすじそのものは変わりませんが、内容が結構変わっている再演バージョンになりそうです。

交尾してるんじゃないよ、寒いから暖まりあっているだけだよ
このニャンコの写真、交尾しているところではありませんよ!
寒いから身体を寄せ合って暖をとっているところなのでした。
後ろのシロ、写真をよくよく見てもらうと判ると思いますが、デヴィッド・ボウイにのように、左右で瞳の色が違いますね。カッコイイなぁー!

なんと戦闘的なネコ
こいつはまた何と、戦闘的なモードに入った猫なんでしょうか。
こっちは全然敵意なんてないのに、「遊ぼうよ」と近づいていくだけで、もうこの戦闘態勢ですからね、悲しくなっちゃいますよ。

メッチャ困った顔をしているポメラニアン
人がメチャクチャ行き交っている商店街のなかを、メッチャ困った顔してトボトボ歩いているポメラニアン。
迷子になっちゃったのかな……と思うと、商店街のなかの1軒のお店の前で「ふう、疲れたぜ」とおくつろぎに。
訊いてみると、このポメ、そのお店の飼い犬だったそうです。
とても大人しくて、優しい子でした。
それもそのはず、もう13歳にもなるおじいちゃんだそうです。
が……その割には毛並みがとてもきれいでしたよ。きっと大事に育てられて来たのでしょうねえ。
飼い主のおばあちゃんもとっても優しそうで、ポメといい勝負なのでした。