ページ/5ページ |次のページ最終ページ

鎖でがんじがらめな「交番の日」

いったい何の意味があるのか。
その存在意義がまったく判らないものがほとんどなのですが、実は毎日「何かの日」なんですね。

例えば今日、3月30日を調べてみると、

  • 国立競技場落成記念日
  • マフィアの日
  • みその日(毎月30日)

なんだそうですよ……って、おい! 「みその日」だけ毎月30日って、やりすぎじゃないですか。
年間ベースで言うと12回もあるのですよ、「みその日」がですよ、12回。1ダース。
そんなに回数をこなすのはいいのですが、いったい何をする日なのか、さっぱり判りません。

さらに何ですか、「マフィアの日」って……ぶるぶるぶる。
これはいったい誰が、何のために、何をしようという日なのでしょうか。
あ、ひょっとしたら今日「マフィアの日」に、全国TSUTAYAで「ゴッドファーザー」や「スカーフェイス」、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」、「仁義なき戦い」などのDVDを借りたら、全品無料になるという、とってもスペサルなDayなのかもしれなくってよ!(←誰やねん)

そんな「マフィアの日」にバリバリ対抗するつもりなのでしょうか、いや、そうに違いありません、交番の前では、こんなにも誇らしげに看板が掲げられていたんです。

誇らしげに備え付けられてある「交番の日」
交番の日

「マフィアの日」も意味がよく判らない記念日なんですが、さらに輪を掛けて意味が判らない「交番の日」。
交番の前で「交番の日」と言われても……いったい通行人は何をどうしろというのでしょうか。
あ。ひょっとすると、あれだ。
こうして「交番の日」って掲げておくことで、地域住民とのコミュニケーションを図ろうとしているのかもしれませんよ。
小さな子ども向けにも大サービスだ!

「よい子のみんなー、交番に遊びにおいでよー」
「なんでー?」
「ほら、今日は「交番の日」だからさ! ピガールくんも遊びに来てるんだよ」
「何、これー? ピーポくんじゃないの?」
「あれは警視庁のマスコットなんだよ。神奈川県警はピガールくんだよ!」
「何だ、この黄色いヤツ。ダッセー」
「あ、殴らないで、どつかないで、蹴らないで」
「あはは、なかの人、痛がっているよ。もうピガールの皮剥いじゃえ」
「……!」
「ぎゃはははは、なかの人、汗まみれで転がり出てきちゃったよ」
「……なかの人など、いない」
「オジサン、全然カッコよくないよ。じゃ、やっつけたから看板もらってくね」
「あ、それだけは……」

ああ、そうか。ここまでシミュレーション(妄想とも言う)してようやく判りました。
子どもたちが道場破りのように「交番の日」の看板を持っていくから、こうしてカッコ悪いぐらいにグルグルに鎖で厳重にくくりつけられているのですね。

チョウソンハ「目覚め」スペサル写真集

皆さーん、大変長らくお待たせいたしました。
potalive 神泉編vol.1『百軒のミセ』で演じられたものの、諸般の事情により途中で強制終了させられてしまい、もはや伝説となりつつあるウワサのチョウソンハ・シークレット企画「目覚め」の写真をアップしました。
http://picasaweb.google.co.jp/shokoroom/PotaliveVol103#

チョウソンハ「目覚め」
チョウソンハ「目覚め」(potalive 神泉編vol.1『百軒のミセ』より)

本来であれば「potalive 神泉編vol.1『百軒のミセ』の記録」として、1日分ずつ公開していっているのですが、この「目覚め」に関しては、どの写真もチョウさんの表情や立ち振る舞いがとても美しかったため、こうして「スペサル写真帳」としてアップさせていただいています。

この「目覚め」という作品、もう二度と同じ形での再演はないと思われます。
文字通り「幻の作品」となってしまったのですが、ひとりでも多くの方々と「こんな作品があったんだ」と共有したいなあと……。
動画の方もせひご覧ください(18本もありますが)。
http://100mise.seesaa.net/category/6168298-1.html

我がワンコたちの里親(「ハマニ イルマニ」終了)

終わりました。
potalives I 横浜編vol.6「ハマニ イルマニ」は無事に今日、終えることができました。
お越し頂いた皆さん、本当にどうもありがとうございました。

実は、裏のテーマが「おバカな男子どもと、彼らに手を焼く女性担任教師」だったのですよ……というのはウソです。
でも実際、途中の公園では我々「男子チーム」は、小学生男子から絶大な支持を得ていたのですよ!やっぱり「おバカな男子ども」だ。強い結束力が生まれましたとも。
そんな男子たちに対し、稽古のときに居合わせた女子中学生ときたら、完全に白い目で見ていたのでした。
小学校のクラスで男子と女子がまるで水と油なのは、こうした「おバカか」「そうでないか」の違いなのかもしれませんね!
頑張れ、男子たち。

稽古のときから、ずっと台車に乗せられ続け苦楽をともにしてきた我がワンコたち5匹。
台車に載せられた我がワンコたち
今日の楽日を過ぎたらどうしようかな……と思っていたのですが、ワオ。
見事に神が舞い降りてきましたよ!
“イヌ売りの男”が、繁盛しているペットショップの横をスゴスゴ退場していくシーンを用意したのですが、今日に限ってペットショップのママさんが店先にいたのです。
ママさん、通り過ぎる我がワンコたちを見て「可愛いわねえ」。
そのまま立ち話となったので、“イヌ売りの男”の身の上話をしたところ、あらら。
見事にワンコたちを引き取っていただくことになったのです。
いつも格差を見せつけられて、スゴスゴ退場していった“イヌ売りの男”が、最終日の最終公演で「希望」を見いだす展開になったのです。
我がワンコたちは、明日から曙町のペットショップで元気にワンワン鳴いていることでしょう。

本番中に起こった奇跡なんですよ、これは。

終了して残ったものと言えば、「イヌ」と書かれた段ボール箱と、全身の筋肉痛、そして日焼けした顔。これがもうヒリヒリというかピリピリというか、とにかく痛いんです。
もう全身痛みだらけですよ。明日、会社に行けるのでしょうか……。

芝生の坂を転がり続けてきた根岸森林公園とも今日でお別れです。
競馬場観覧席跡
桜の開花も日に日に進んできています。
本番中の満開は残念ながら叶いませんでした。
ぼちぼち咲き始めてきた桜

調子が悪い三連発

【調子が悪い(その1)】
先週は渋谷のラブホテル街のアスファルト上で、今週は横浜の公園の芝生の上で、とにかく坂を転がり続けているため、身体の節々が悲鳴をあげています。
その悲鳴でぼくが悲鳴あげています。ギャー。
そんなときに限って家に湿布の類はないので、薬局で急遽買ってきました。
インドメタシン配合でイエイエイエイ。
インドメタシン配合の温湿布
これをとにかく、身体の痛いところにすべて貼っていったら……うわー! ミイラ男みたいになっちゃいました。全身湿布貼り付け状態。
明日、湿布のにおいがほのかに漂っていたら、それ、ぼくです。スミマセン。
あ、でも「血行がよくなりますように」って温タイプを買っちゃったけど、熱くなって暑くならないのかしら。だってもう春だもんねえ。

【調子悪い(その2)】
5匹いるウチのわんこたち。
5匹のウチのわんこたち
ところが、そのうちの2匹が急にキュンキュン鳴かなくなっちゃったんですよ!
おい、どうしたんだ!と叩いてみても、逆さに振っても、全然ダメです。ダメなんです。
ウンともスンとも言ってくれません。いきなり壊れちゃったのかー。
そんな訳で、potalive 横浜編 vol.6「ハマニ イルマニ」の明日の本番は、残り3匹に頑張ってもらいます。
……と思いながらも、よくよく調べてみたら、鳴かなくなっていたのは黒いマンガン電池を使用していたものだけだったんです。
試しにアルカリ電池を入れてみたら……おお、ものすごい勢いで鳴き出しました。
なんだ、黒い電池なのに電池の持ちが悪いのね。

【調子悪い(その3)】
あ、これは調子悪いとは言わないか。
カッパ、例のカッパ、池に住んでなくて沼に住んでいる奴ではない方のカッパ。
今日も大活躍で例によってどろんこになっちゃったんだど、どうせ明日もすぐにどろんこになるんだからそのまんまにしておいてやったぜ。
そんな訳で、明日はどろんこのままやっちゃうぜ。

小池栄子が悪魔的魅力の「接吻」

前々からものすごい評判で、ずっと気になっていたんです。
それがようやく観ることができたのですよ、「接吻」。

いやー、もう小池栄子の胸ばっかり観てしまっていて、まったくストーリーを追うことができませんでした……と言うのはウソですが(でも小池栄子の胸ばかり観てしまうのは本当)、これはスゴイ映画なんですよね。
豊川悦司が悪魔的な役なのは、まあ当たり前といえば当たり前なのですが、意外だったのが小池栄子。
獄中の豊川悦司にのめり込んでいく、しがないOLなのですが、そののめり込むに従って現われてくる悪魔的な表情に、観ているこちらまで思わず引きずり込まれてしまうのです。
特に中盤、豊川悦司と同じ状況でマスコミに見せる悪魔的笑顔、あの顔にはもうゾワゾワと来ちゃいましたよ。

先に見せる豊川悦司の笑顔が無垢であるように感じるのに対し、彼女の笑顔は本当に悪魔的に感じさせるのですね。
同じ状況で同じ笑顔だけど、これだけ異なった印象を対比させることで、余計に小池栄子の恐ろしさが浮かび上がる仕組みになっているのではないかと思うのです。

ただ、ラストシーンの惹句「映画史上誰も観たことのない衝撃の結末」って、あれは嘘ですね。全然フツーじゃないですか!
「映画史上誰も観たことのない衝撃の結末」って言うからには、てっきり三池崇史の「DEAD OR ALIVE」並みの衝撃を期待していたのです。
そしたら……ありゃりゃ終わっちゃいましたよ。
(「DEAD OR ALIVE」のラストを期待する時点で既に間違っているような気もしますが)

でも、確かにあのラストシーンはいいですよね。
ずっと流れるように「静」だったシーンが一転、大きな「動」へと変化してのクライマックスを迎え、そしてストップモーションで再び「静」となり、タイトルが表れる。
あの一連の流れには、もうマジでサブイボがわいちゃいましたよ、ゾワワワって。

しばらく経ったらまた観たくなる、変な中毒性を持った映画ですね、これは。
この感じは、そう、まるで「天下一品」のこってりラーメンみたいなものなんですよね。 あのポタージュスープみたいなダシの、あのラーメン。
いや、映画自体は天一ラーメンほどクドくはないのですが……でも変に中毒性はあるのですよ。なぜかしら。

ページ/5ページ |次のページ最終ページ