「ハマニ イルマニ」稽古の2回目

天気予報のいっていたとおり、1週間ぶりのいいお天気でウキウキウォッチング日和。
2月最後の日となる今日は、先週に引き続き「ハマニ イルマニ」の稽古(お散歩稽古)の第2回目ですよ。
(これからしばらく、土日の記事はずっとお散歩稽古の日々となります……)
今日は、ぼくの出演プランで使用する荷物の量があまりに多かったので、クルマで来ちゃいました。
駐車場にクルマを停めたところ、まだ稽古の時間まで早かったのでシートを倒して寝ていると……ん? 何やら窓の向こうに気配を感じます。
「何やつ!」と倒したシートから飛び起きてみると……
窓の向こうにいきなり人の姿が見えたから、かなり驚いているニャンコ
クルマのボンネット上を「ちょっと失礼しますよ」とご通行中のニャンコでした。
キャツも、シートが倒れているものだから、クルマが無人であると思っていたようですね。
ぼくが驚いて飛び起きると、キャツにとっても窓の向こうにいきなり人が飛び出してきた姿が見えたから、かなり驚いているようです。

そんなニャンコもビックリのお散歩稽古(ニャンコは関係ありませんが)。
今日のメンバーは、ルルル♪ダンサーとイカスイーツの面々ですよ。
今日の稽古のメンバーは、ルルル♪ダンサーとイカスイーツの面々

まずは本番通りにお散歩をしてみて、ルートの確認を行います。
そしてそのルート上で、各自の出演プランを皆にプレゼンするのです。

今回の「ハマニ イルマニ」は、ややもするとホラーテイストが感じられるかもしれません
ひょっとすると、見方次第では今回の「ハマニ イルマニ」はホラーテイストが感じられるかもしれません。
といっても、ビチビチグチャグチャのスプラッター系ではございませんのでご安心を( ← 当たり前です)。
日本人が持つ、普遍的な“畏れ”がどこかで感じさせられるような「ジャパニーズ・トラディショナル・ホラー」のようなものとでもいうのでしょうか。

貞子のように、“あちら側”から“こちら側”にやってくるところ
日本人が持つ、普遍的な“畏れ”がどこかで感じさせられるような「ジャパニーズ・トラディショナル・ホラー」のようなものは、油断しているとすぐ、彼岸の向こうから、こちら側へと無断侵入を繰り返してきているのかもしれませんよ!

明るく、しかし実はかなり泣きそうなほどのエピソード
これはヤバいのです、ヤバい。ヤバいぐらいに美しいのです。美しい。メチャクチャ美しい。
楽しい話を展開しているのに、ものすごく涙が出そうになるいいエピソードなんです。
かなりネタバレになるのでここではまったく書くことができません(実にモッタイナイ)。
これがどのように美しく切ないエピソードであるかは、ぜひとも公演をご覧後に来てください。

張り付く
張り付いてます(しかも前回のプレゼンのときと比べると、1名の増員)。

ぼくもプランのあれやこれやを提出しましたよ。
すると……おおう!? ぼくの出演プランは、ことごとくネガティブマインドに振り切れているらしいのです。
そのネガティブマインドを観察し、ポジティブな要素を付け加えていくことで、いかにニュートラルな状態に持っていくか、それが課題なんですよ、ワオワオ。
自分としての選択は「犬売り」「エロス」だったはずなんですよ。 それがどうしてネガティブマインドになってしまうのか。 うーん……と唸りつつ考えていくと……あ! そうか! なるほどね!
どうやら、ぼくの今回のテーマは「餓え」であることが判ったのですよ。
実際に「餓え」というテーマを当てはめてみると、それまでバラバラであるかのように見えた出演プランのことごとくが、きれいに繋がったのですから。
さすがは我ら男子クラスの担任の先生、るるる♪ダンサーですよ! ステキ! 素晴らしい! ブラボーボー!

ただし、バラバラのように思えた出演プランがきれいに繋がったからといって、ぼく自身の持っているネガティブマインドが変わる訳はありません。
どこかで再度、出演プランを見直して観察したおして、何とかポジティブマインドを付け加えられないかのプランを練り込むことが課題となって、今日はそのまま解散。
お疲れさまでした。

久々に歩いたからか(しかも半日)、もう脚がパンパン、身体はガクガクなんですよ。
すっかり疲れにやられてしまい、風呂を沸かすのを待っている間にうたた寝をガッツリしてしまいました。
風呂のガス代が……。