「ハマニ イルマニ」再演のための稽古が始まりました

去年の秋に公演したpotalives 横浜編「ハマニ イルマニ」。その再演ですが……、キャー。
フト気が付くと、いつの間にかあと1ヶ月しか残っていないのですよ!
大丈夫でしょうか!
何しろ今回は、参加ユニットが3つに増えちゃっています。
それに伴い、出演者の人数も前回の3名から一挙に6名と倍増しているのですよ。
ワオ!

そんな訳で、今日から稽古が始まりました。
といっても、今日のところはまず、ルートを確認していくところから始めました。

こんなところももちろん、ルートチェックに余念がありません。
何しろ、どこにどんな面白ネタが転がっているか判らないですもんね。

しかし、最強にして最凶のネコトラップには、くれぐれも用心してください。
(足止め程度で済めばいいのですが、ものすごいネコパンチを浴びせかけられて、流血するほどに負傷したメンバーがひとりいます ← ぼくです)
ネコトラップには、くれぐれも気をつけて!

“イヌの振りしたネコ”という、実にややこしいトラップも今回初登場なんですよ。
気をつけてくださいね。
“イヌの振りしたネコ”という、実に高度なテクニックを身につけているネコトラップ
実際、我々もこんな珍しいトラップにはハマリっ放しで、ここに足止めされたのは30分以上にもなるでしょうか……。

しかも、今回はネコだけでなく、かなりトラップのバリエーションが増えてきているのもまた事実なんです。
例えばこれ。イヌトラップ。
始めてみましたよ、遠目にイヌトラップ
休日といえばゴルフのことしか考えていないご主人ですが、「ぼくはいつまでも、側にいるよ」と訴えかけている美しい物語……を想像してはいけません!
これはきっとトラップなのです。罠なんです。
ふう、危ういところで敵の思うつぼになってしまうところだったぜ……って、今度のこれは何なんですか!?
ナゾのヒューマントラップ。最凶です
うーん、気になる……。
敵は遂にこんなに高度なヒューマントラップも用意してきたのですね。
これにはもう舌を巻くしかありません。

敵が次々に紡ぎ出してくるトラップの数々、その巧妙さはこれからもますます大きくなる一方でしょう。
気をつけなければ……。
(↑ いったい何に?)