うんち味のカレー

いや、ほんと、日本語ってコワイのですよ。コワイ。
メチャクチャ恐ろしくてデインジャラスなんですよね。
シロートがなまじっか扱うと、大ヤケドを負ってしまうという大変キケンなシロモノなんですよ。
何のことかというと、我々ニッポンジンは、知らず知らずのうちに「エライモノを飲み食いさせられている」という事実が明らかになったのですよ。

例えば。
深夜になると、テレビでイヤというほどCMが放映されているドリンク剤。
サブリミナルメッセージで「これでもか」と訴えかけてくるドリンク剤。
これが「疲れに効きそうだ」と思わせて、実はトンデモナイモノを飲ませようとしているのですよね。
もう明らかに怪しすぎるネーミング……というか、意識せずにパッと見たら、真実が見えてきました。
かなり剣呑なドリンク剤
「ウコンの力」と見せかけておいて、疲れたとき(特に深夜など)などにパッと見ると、「ウンコの力」と見えてしまう、コレ。
商品名の傍には、丁寧に「ウコン」と見せかけておいて「ウンコ」の絵まで添えられています。
もうイメージ喚起力は爆発的です。

このように、何者かによる陰謀は、“大量消費”“マスマーケティング”という手法を通じて、日本全国ひそかにばらまかれていることに気が付いたのですよ。
そして、その陰謀が遂に我々の生活圏にまで浸透してきているのを、とうとう見つけてしまったのです。
それが、とある沖縄料理屋さんの店先。
このお店には、なんと「満腹満足うンチ」なる危険なノボリが掲げられてあったのです。
かなり剣呑な沖縄料理店
「満腹満足うンチ」って……いったい何ちゅうモノを食べさせるんですか。
しかも、そんなモノを食べさせておいて「満腹満足」とは何ごとですか。

いやはや、危機がこんな身近にまで迫ってきているとは、もはや事態は一刻の猶予もならないのかもしれません。
とは言うものの、まだこのお店は「沖縄料理」という、どちらかというと特定のジャンルに属している食べ物屋さんだからよかったのです。
何しろ、沖縄料理に詳しくない人であれば、こっそり「満腹満足うンチ」を出されても、「ほほう、これは珍しい沖縄料理だ」と思って、無事にやり過ごすことができるかもしれないからなんですね(← できません)。

ところが、ここにとんでもないシロモノを見つけてしまったのです!
なんとこの陰謀は、こんなところにまで魔の手を伸ばしてきていたのですよ!
かなり剣呑なカレー屋さん
カレー屋さんです、カレー屋さん。Curry Shop。

しかもこのカレー屋さん、かなり確信的だと思うのですね。
何しろ、「うんちサービス」とすべてひらがなで書いてきているんですよ!
ワオ、なんて大胆な!
ワオ、なんて挑戦的!
さらには「ウンコの力」並みに、傍に絵まで添えてくるというエゲツナサ。
この破壊力には、もう我々一般庶民はなすすべもなく、ただ、見ることだけしかできないのです。

思えばその昔、疾風怒濤のように全国的に流行した“究極の選択”クイズ。
あれが流行った時点で、もう既にこうした何者かによる陰謀は始まっていたのかもしれません。

「ウンコ味のカレーと、カレー味のウンコ。食べるとしたらどっちにする?」

そして、人類はいまだにその解答には辿り着いていないのです。
神さま、ぼくたちは、なんて無力なんだ……。