吉永小百合のクレジットカード

以前に「吉永小百合の妄想」「吉永小百合の(やっぱり)哀しい妄想旅行」として、2回ほど吉永小百合が登場するJRの駅ポスターについて書いたのですが、そのあまりといえばあまりな内容に、全世界中のサユリストたちの逆鱗に触れてしまったことはまだ記憶に新しいところです。
しかしながら……やっぱり、そこにあると気になってしまうのが吉永小百合の魅力たる所以なのでしょう。
今回は新聞広告に吉永小百合が登場していますよ。
吉永小百合のクレジットカードの広告
「いっしょに、旅に出かけませんか。」とカード片手ににっこり微笑む吉永小百合。
あー、この笑顔に、きっともう、サユリストたちはメロンメロンになっちゃうのですね。

そんな我らが吉永小百合の持つカードには……
吉永小百合のクレジットカード
しっかりと「SAYURI YOSHINAGA」と氏名が刻印されているんです。
吉永小百合もちゃんと持っている大人の休日倶楽部カード、という訳ですね。
とすると、この場合の「いっしょに、旅に出かけませんか。」の“いっしょに”は、あくまで大人の休日倶楽部カードということであって、吉永小百合ではないということですね。 (当たり前です)

そんなことを思いつつ、広告紙面左側のカードサンプルの写真を見たのでした。
カードサンプル写真を見てみる
吉永小百合が持っているのは、この「満50歳以上のあなたに」とタイトルが付いている大人の休日倶楽部ミドルの方なんですね。
ところが、何かがおかしい。
で、このカードサンプルの写真をマジマジと見たところ……ウアア!

カード番号が同じなのに名義人が……
名義人が、片や「SAYURI YOSHINAGA」、片や「TARO HIGASHINIHON」となっているのに、どちらもカード番号が「4542 8701 2345 6789」と一緒なのですよ!
(スキャナで新聞広告を取り込むと見えなくなってしまっていますが、確かに最後の4桁(ハトの絵の上に刻印されている)は「6789」なんですね)

これはいったい、どういうことなのでしょうか。
ひょっとしたらもはや一世を風靡した「振り込め詐欺」は下火になりつつあり、今度は「カード偽造」が急増しているのではないでしょうか。
特にこの不景気な昨今、サユリスト世代のお父さんたちは憂さ晴らしで、酔いつぶれるまで場末のスナックで酒を飲み、寝込んでしまったところを怪しいママや従業員たちに財布を抜き取られて、カードを偽造されてしまうのでしょう。

そんな訳で、サユリストたちのお父さんに「吉永小百合のような、スナックの美人ママにニッコリ笑われても、決して油断して偽造カードを作らせないように」という、とんでもない意図が隠されている広告だったのです!
そう、これはリッパなサブリミナル広告なんですよ、サブリミナル。
ホラホラ、サブリミナルだけに、この吉永小百合がにっこり微笑む広告を見ていたら……、あなたもカード偽造をしたくなっちゃう……、したくなっちゃう……、しおたくなっちゃう……って、おい。
そんなサブリミナルメッセージを発信してたらアカンやん。