上野駅のデインジャラスゾーン

北千住で行われているマリー・シュイナール公演を観に行くため、地下鉄上野駅で電車を待っているときのこと。
ふと前を見ると、目の前にこのような表示板が設置されていたのです。

上野駅のデインジャーゾーン
きけん
横断禁止

「横断禁止」ったって、ここ、線路の上ですよ……。
こんなデインジャラスな場所を横断する人がいるなんて、聞いたことありませんよ。
というか、他の駅ではこのような表示板が設置されているのは見たことがありませんよ。

ああ、そうか。何しろここは上野駅なんです。上野動物園のお膝元なんです。
だからひょっとしたら、上野動物園帰りのお客さん、動物をたくさん見たことで気分はすっかりターザンになっちゃって、もう次々と線路上に降り立って仁王立ち、その後はコンクリートジャングル・TOKYOの街を縦横無尽に駆け巡っていってしまうのかもしれません。
ヤクザ映画を観終えた人が、映画館から出てきたら皆、肩で風切るように歩いたり、カンフー映画を見終えた人が、映画館から出てきたら皆、「アチョー、ウォリャー!」とか奇声をあげたりしているようなものですよね。

恐るべし、上野動物園のパワー。
さすが西郷どんの銅像が建っているだけのことはありますね(←それは全然関係ありません)。