除夜の汽笛ならず、白味噌のお雑煮を食べるため帰省

【0:00】
横浜ならではの年越し、「横浜港に停泊している船が一斉に鳴らす“除夜の汽笛”」を聴こうと思って、23時55分ぐらいからベランダでスタンバイしていたんです。
そして、いよいよカウントダウン。
……10、9、8、7、6、5、4、3、2、1、

あれ?

汽笛がまったく鳴らないのですよ。
花火だけはみなとみらいや、遠く八景島でバンバカ打ち上げられていて、その音もドンドコドコドコと響き渡っているのですが、汽笛だけはまったく聞こえてきません。
今年は、大晦日に横浜港に停泊している客船はまったくなかったのでしょうか。

……いや、かすかに聞こえてきました。
遙か彼方でかき消されそうなほどの小さな音ですが、懸命にボーボーいっているのが聞こえてきます。
ひょっとしたら、これ、根岸とか磯子とか、工業地帯方面からなんでしょうか。
だとすると、鳴らしているのは貨物船なんでしょうかねえ。

そういえば、横浜に出てきたばかりのときは、根岸や磯子といった港に近い所に住んでいたのですが、そのときは毎年のようにボーボー聞こえていたのでした。
しかし横浜港に近い今のところに住んでからは、年によって聞こえたり、聞こえなかったり。
貨物船の方が大晦日でもかならず入港しているという事なんでしょうかね。
とすると、「横浜で除夜の汽笛を聴きたい」というときは、オシャレな横浜港に行くのではなく、根岸や磯子方面に行った方が穴場なのかもしれません。
(工場地帯の夜景の方がとってもメタリックな美しさが映えてカッコイイですし)

そんな訳で、ボーボーと鳴り響いていた去年の様子でお茶を濁しておきます。
ライトアップされた風車と豪華客船
【動画(wmv形式)を再生して、今年も、大晦日の横浜港の除夜の汽笛を聞いてみる】

【01:30】
あれ? 夜中を過ぎているのに、東京タワーのイルミネーションがまだ点いています。
年越しイルミネーションバージョンの東京タワー
しかもいつものオレンジ色ではなく、特別なダイヤモンドをイメージした青いバージョンです。
きっと「年越しイルミネーションバージョン」ということなんでしょう。
そんな東京タワーを見ながら、関西の実家に帰省です。クルマで出発ですよ。

【02:00】
一気に行けるところまで行くつもりだったのですが……オオウ。
出発前に気合いづけとしてガブ飲みしたコーヒーが、体内で劇的に作用してきたのか、猛烈な尿意に襲われてしまいました。
もうわずかなクルマの振動でも大洪水を起こしてしまいそうなほどに、臨界点に達しています。
まさに膀胱のメルトダウンはすぐそこですよ。ヤバイのです、ヤバイ。
そんな訳で、仕方なく車を停めたここは、まだ海老名。
大放尿中です。勢いがとまりません。誰かとめて!
海老名サービスエリアで大放尿中

暴走族たちの“初日の出”暴走を防止するためか、海老名サービスエリアの駐車場片隅では、お巡りさんたちがスタンバイ中ですよ。
うーん、警察24時みたいだ(← “みたい”ではなく、そのままです)。

【03:45】
しかし今日は、メチャクチャ星がきれいですね。
運転しながらでも、目の前いっぱいに星が光っていて、ウットリ。
……なんて思っている場合ではありませんよ!
海老名サービスエリアで大放尿休憩したときに、「うー、空気が乾燥していてノドが渇くぜぇ」とミネラルウォーターを一気飲みしてしまったからでしょうか。
またしても猛烈な尿意に襲われてしまいました。
学習能力がありません。
もうわずかなクルマの振動でも大洪水を起こしてしまいそうなほどに、臨界点に達しています。
まさに膀胱のメルトダウンはすぐそこですよ。ヤバイのです、ヤバイ。
そんな訳で、仕方なく車を停めたここは、まだ牧之原。
相変わらず大放尿中です。勢いがとまりません。誰かとめて!
牧之原サービスエリアで大放尿中

ところで、ここ、牧之原サービスエリアでは、トマトサイダーなる珍味が売られています。
トマトサイダーの販売に力を入れてます
トマトジュースのサイダー割かと思いきや、

原材料にトマト汁は使用していません
原材料にトマト汁は使用していません

……おい。

【06:30】
そんな訳で関西に到着です。
ニッポンジンだったら、何をおいてもまずは初詣でしょう……という訳で、神さまと仏さまが集う街、奈良にやってきました。

以前、すぐ傍に住んでいたこともあって、毎年通っていた薬師寺へお参りにレッツラ・ゴウ!
ここに奉られてある吉祥天女の絵が、お正月の間だけ特別公開されるのが魅力なんですね。
なにしろ、ここの吉祥天女ってメチャクチャかわいいんですから。
キュートなんですよ、キュート。
そんな訳で横浜を出たときは9時頃到着予定だったはずなのですが、6時半には着いてしまいました。
し、しまった、予定狂いすぎ。
まだ時間が早すぎて、門が閉ざされているんですよ。
門が閉ざされた薬師寺
開門は8時半だそうで、2時間も待ってられないや。
てっきりお寺の門は夜通し開けてあるものだと思っていたのですが、いったん閉めてから、改めて朝に開けるようですね。
ごめんなさい、吉祥天女さん。お会いさせてもらうのは、またの機会ということで。

だったら初日の出だ! とワクワクドキドキ、スタンバイしていたのですが……あうう。
今朝の奈良地方のお天気は、ドンヨリ曇り空。
いつの間にか明るくなっていて、初日の出のありがたさはまったく感じられなかったのでした。
なぜか禍々しい雰囲気に包まれた薬師寺の初日の出

ああ、でも久しぶりにかいだ奈良の空気のにおい、メチャクチャ懐かしい……。

【08:45】
そんなこんなで実家に到着しました。
白味噌のお雑煮ですよ。
お正月はやっぱりお雑煮ですよね!
いやー、これを食べなくてはお正月は来ませんて。
お餅を4つ食べただけで、もうお腹がはちきれそうです。
(あ、おせちもアホほど食べたのでした)

その後はずっと家のリビングで寝っ転がって、ダラダラとテレビをザッピング三昧。
うーん、しかしエネーチケーだけ観ることができません!
「受信料を払ってないから電波を止められたんだろ」とか、そんなことありませんって。
ザッピングするとき、ついついチャンネルボタンの「1」を押してしまうんですよね。
しかしここ関西ではチャンネル番号「1」は空きチャンネル。
だから画面は砂嵐になっちゃうのです。
オトンにオカン、「あんた、何してんの?」と疑惑の目でぼくを見ます。
ふふふふふ。
そうです、こうした何気ないところで、トーキョーという悪魔に魂を売り渡してしまったぼくという人間の正体が明らかになってしまったのでした。
テレビでザッピング