わんこのカフェとおばあちゃんの焼きそば

横浜の稽古もいよいよ佳境を迎えましたよ。
ああ、もう来週には本番なんですね、大丈夫でしょうか、ドキドキ。
そんな歩いて歩いて歩きまわっている普段着の横浜には、気になるお店がさらに出てきます。

まずは伊勢佐木町モールにある「まめや」。
いつもコーヒー豆の樽のなかでおとなしくお客さんをお迎えしている看板犬のマーリーちゃんが目印のカフェです。
「まめや」の看板犬、マリーちゃん
自家焙煎が売り物の店内は、コーヒー豆を煎っているとってもいい香りに満たされていて、これだけでも癒されるのですね。
そしてさらには、ワンニャン連れOKということで、店内にはワンコがおとなしくご主人様とのコーヒーブレイクを楽しんでいます。
店内では、ご主人様に連れられたワンコがコーヒーブレイクにお付き合い
きゃー、何と癒しスポット!
もちろん、マスターのこだわりを感じるコーヒーもメチャうま。
何でもこのお店では、一切豆を作り置きをしていないそうで、注文を受けてから初めて生豆を煎るんだそうです。
どおりで店内が撮ってもいい香りに満たされている訳ですよ。
コーヒーだけではなく、カップもこだわりを感じる素敵なものなんですね。
......って、あれ?
店内のワンコの写真を撮るのにいっぱいいっぱいで、肝心のコーヒーの写真を撮ってなかったのでした。

そして、なんと!
この「まめや」の看板犬であるビーグル犬のマーリーちゃん、めざましテレビの「きょうのわんこ」にも出演していたのでした!
http://www.fujitv.co.jp/meza/wanko/3024.html

伊勢佐木町から歩くこと、しばらく。
そこにあるのは、昔ながらのたたずまいが懐かしく感じる焼きそば屋さん「磯村屋」です。
昔懐かしいたたずまいの「磯村屋」
濱マイクのロケにも登場したことがあるらしいので、知る人ぞ知るB級グルメ御用達のお店のようです。
店内は、入口すぐのところに大きな鉄板があり、ここでおばあちゃんがお店を切り盛りしています。
「磯村屋」の店内
冬はおでんも出ており、セルフサービスで好きな具を好きなだけ持っていきます。
具はどれでも1つ80円。
焼きそばは「やさい」「にく」といった定番の他に「ポテト」なるメニューもあります。
これが実に素晴らしい。ジャガイモがゴロンゴロンと入っているのですよ。
焼きそばにジャガイモとは初めての組み合わせですが、何とこれがメチャうまなんです。
全国の焼きそば屋さんは、ぜひジャガイモを入れることをお勧めしますよ!
そんな訳で注文したのは、"にく""玉子""ポテト"が入った「三色」。
これが大盛りで400円ですから、もう安いったらありゃしません。
「三色」の焼きそばに、おでん
近所にこんなお店があったら、ちょっとお昼に、ちょっとおやつに、と毎日でも入り浸ってしまいますって。

「ポタライブ」は、おさんぽライブ。

日帰り散策や、ゆるいサイクリング を表す「ポタ」
    +
演奏・ダンス・演技などを表す「ライブ」

で、お散歩しながら楽しむライブ。

案内人に連れられて、街なかをお散歩していくうちに空間が、目の前で変わっていきます。
普段囲まれている建物が、緑が、人々が、音が、まるでドラマのように劇的に変化していきます。
日常から非日常へとシフトするその様子に、街がステージであるだけでなく、主役そのものである演劇を観ていたことに気づかされるかもしれません。

http://d.hatena.ne.jp/POTALIVE/
https://fs222.formasp.jp/w799/form2/

◇potalives R. 横浜編vol.6『ハマニ イルマニ』
[作・演出・出演]青山るりこ
[出演]横浜コンフォートボーイズ<サエグサユキオ(ともだち)、中橋一弥(サラリーマン)>
[上演日時]11月7日(金)、8日(土)、9日(日) 13:00
[上演時間]2時間半
[待ち合わせ]横浜伊勢佐木町商店街(イセザキモール)内・伊勢佐木町ブルース歌碑前
(所在地:横浜市中区伊勢佐木町四丁目、イセザキモール・パーキング前)
 最寄り駅
 ・横浜地下鉄線「伊勢佐木長者町駅」徒歩8分
 ・京浜急行「日ノ出駅」徒歩10分
 ・京浜急行「黄金駅」徒歩10分
 ・JR関内駅北口から徒歩14分
☆ちょっと時間がかかりますが、イセザキモール内を通るJR関内駅からのお越しをおすすめします。
(馬車道側入口のウェルカムゲート「ブラントーレ」からひたすら真っ直ぐ600メートル先左側)
[料金]一般2000円 学生1700円
 ※学生料金の方は、当日学生証をご提示ください。

待ち合わせ場所はこちら(Google Map)をクリックしてご参照ください。