gooブログ通信簿のひみつ

YahooやGoogleなど、「検索エンジン」というとアメリカ発のものが多いなか、ニッポンを代表するのがgooですね!
そのgooが提供するサービスのひとつに、「ブログ通信簿」というものがあるそうです。
これはブログのURLを入力するだけで、簡単にそのブログの"通信簿"を発行してくれるというものなのだそうですよ。

しかし!
なぜか残念なことに、このブログは「Google八分」ならぬ「goo八分」状態にあるんですよね。
「更新しましたよ、ぜひウチのブログがgooでも検索して貰えるようにインデックスに加えてください」と更新情報を送っても「オラ知らね」。
ブログ情報をgooでは扱ってくれないんです。
だから通信簿の発行を求めても
goo八分された可哀想なブログの末裔
いや、あの、ちゃんと更新情報は送信しているのですが......。

そんな「ブログ通信簿」が発行累計100万を突破したとのことで、記念のイベントがあるとの告知が出ていました。
「どうせ、goo八分されているようなブログの持ち主なんて、申し込んでも拒否されちゃうんだろうなあ」と思いながらも、ダメモトで応募してみたら......あらら。
「ぜひ来てください」なんて当選しちゃいましたよ。
そんな訳でやって来たのは、大手町ビル。
このながーい廊下の向こう側に、gooの部屋があるのです。
大手町ビルのながーい廊下
入口には、デジタル化されたこの社会に、懐かしい手書きの案内。
学校の掲示板のノリで敢えて手書きされたようです

来られていたのは、ぼくも含め、全部で30名ほどのブロガーな方々。
イベントは"通信簿"というスタイルに合わせて、学校の授業形式で行われました。
まず「ブログ通信簿はどのような経緯でサービスとして生まれたか」。
要は、もともとあった数々の検索技術を、「こうしたら面白いよね」「こうしたらもっと面白いよね」と組み合わせていったことで、最終的に今のような"通信簿"という形になったそうです。

では、その"通信簿"を発行するための検索技術はどういったものがあるのか。
......まあ色々とあるんです。「"主張度"は意見性判定技術が使われているんですよ」とか、「"気楽度"は評判情報抽出技術が使われているんですよ」とか、「"影響度"は、要は"どこからどれだけリンクが張られているか"見ているんですよ」とか。
しかし悲しいかな、自身のブログではこうしたものとは一切無関係であるだけに「へえ、あ、そう」としか思えないんです。
申し訳ありません。
きっとgooの方々としては、「もっと興味を持ってもらおう、そして宣伝をガンガンしてもらおう」との思惑でご招待されたのだと思うのですが......気持ちとしては、180度別の方向を見てしまっているぼくなのでした。

そして「給食の時間」。
きなことシナモンの揚げパン2種に、瓶牛乳、そしてミルメーク。
懐かしの給食スタイルで揚げパン2種とミルメーク
やっとぼくも参加できるコンテンツの登場ですよ。
ガッツガツと食べ散らかして「満腹~」。

給食後は、同じテーブルに座った方々との班会議の時間です。
テーマは、「実現可能か不可能は別として、gooが提供するとして、もっと面白い企画を提案してください」。 ぼくが座ったテーブルのメンバーは、

の4人。
とにかくいきなり初対面の4人であれやこれや雑談していると、不思議なものでアイデアが次々に出てくるのですね。
ブログの文章を解析して、何を出したら面白いかなと言っているうちに出てきたのが、「"犯人度判定"なんてどう?」。
攻撃的な文章を書く人は「強盗犯タイプ」とか、やたらとうまい文章を書く人は「詐欺師タイプ」とか、あとは「あなたは被害者にしかならない人です」とか。
もちろん文章の内容もちゃんと読み解いて、手芸中心のブログだったら「凶器は毛糸で絞殺」とか、ちゃんと事件の内容まで考えてくれます。

あと出たのは"セクシー度判定"
これはアバターの仕組みも組み合わせ、ブログの内容に合わせて、アバターがドンドン成長していくというもの。
うまく「セクシー」に成長すれば、峰不二子や叶姉妹のようなアバターになっていくのですが、下手すると「エロ度」の方があがってしまい、セクハラオヤジになってしまうこともある、というものです。

そんな訳で、我が班からはこの2点を発表したのですが......おおう。
まさか、まさかの優秀賞をいただいてしまいましたよ。
いや、別に「セクシー度判定」そのものがよかったという訳ではなく、「セクシー度があがる」に対し、これまでその逆は「下がる」という発想しかなかったのに、それを「エロ度」と別のネーミングにして、それが上がるという考え方がよかった、ということなのだそうです。
うーん、そこまで深く考えていた訳ではなかったのですが、そこはそれ、結果オーライということで。

賞品は、"入学祝い"と熨斗がつけられた鉛筆と消しゴムのセットですよ。
鉛筆にはちゃんとネームも彫ってあり、しかも緑色じゃなくて茶色の鉛筆。そう、値段が高い鉛筆ですよ!
この賞品には、もう小学生垂涎ですよ!
小学生のときは絶対に買って貰えなかった鉛筆のセット
ただ、結局のところは「どの発表も甲乙がつけがたい」ということで、まさかまさかの全員記念品の授与。
さっすがー、gooさん、太っ腹!
スタッフ総出で賞品を参加者全員に配りました

こうしてあっという間の2時間が終わったのでした。
終了後には「参加者同士が交流できるように」とのことで、"放課後"という名前の自由時間と、交流のための名刺をわざわざつくってくれていました。
イベント終了後は「放課後」。参加者同士の交流の場となりました
ただその名刺、裏にはその人の"ブログ通信簿"が印刷さているんですね。
しかしながら、ぼくの名刺は裏は白紙のままで......しくしく。
さらには、「gooのロゴ型製氷皿」とメモ用紙のおみやげまでいただき、大満腹&大満足で帰途についたのでした。

ところで、小学校の頃はよく通信簿のことを「通チンボ」「通チンボ」と言っていたんですね。
それがどうしてなのか、今になって判りました。
「通信簿」って、別名「通知簿」ともいいのですよね。
子どものときはその2つが混ざってしまって、

「通信簿(ツウシンボ)」→「通知簿(ツウチボ)?」→「ツウチンボ」

となってしまったのではないかと。
ああ、これでまた当ブログの「エロ度」、いや、「お下劣度」がアップしてしまったかも......。