ページ/5ページ |次のページ最終ページ

「ミステリー小説講座 ~読売 江戸川乱歩フォーラム2008~」(立教大学タッカーホール)

今年で5回目の開催となる「ミステリー小説講座 ~読売 江戸川乱歩フォーラム2008~」に行ってきました。
場所は立教大学のタッカーホールって......タッカーって何でしょう、タッカーって。
あ! ひょっとしたら、立教大学って「りっきょう大学」ではなく、実は「たっきょう大学」って読むから「"タッカー"ホール」だったとか(そんなことありません)。
タッカーホール入口

旧江戸川乱歩邸を見学した後で、開場時間すぐにホールに入ったのですが、いやいや、もうすでに座りやすそうな位置や見やすそうな位置の席は埋まってしまっていますよ。
見渡した限りでは、かなり年配の男性が多いですね。
何となく、有栖川有栖ファン(=女性ファン)が多いのかと思っていたのですが、それ以上の高年配男性率ですよ。
あとは市川染五郎目的の女性ファンも割と多かったみたいですね。
そういった方々は、着物を凛と着こなしていたり、なんとなくミステリファンとは異なるオーラが感じられるあたり、なかなか興味深いものがありました。

そうそう。
開演に先だってのご注意アナウンスで、「講演終了後の"出待ち"はご遠慮ください」なんて言われていたので、たまたま会場で会えた方に「有栖川有栖の"出待ち"っているのかぁ、そんなところまで心配しないといけないなんて、大学は大変だなあ」と言うと、「それって、市川染五郎のことじゃ......」。
あ。

講演会終了後には、出版されたばかりの有栖川有栖『火村英生に捧げる犯罪』と、北村薫『野球の国のアリス』のサイン本が購入できます。
全然そんな告知はなかったのですが、講演会が始まる前に「整理券をお配りしています。終了後にその整理券と引き替えにサイン本を販売します」とのことで、エライコッチャ、エライコッチャ。
ミステリーランド久々の新刊である、北村薫『野球の国のアリス』は幸いにしてまだ購入していなかったので、ラッキー!
しかもネコのイラスト入りですよ。
猫のイラストもある北村薫のサイン入り『野球の国のアリス』

肝心の内容ですが、これが期待していた以上にどれも大変楽しく、面白く聴くことができました。

13:30-14:00「イントロダクション」藤井淑禎(立教大学文学部教授)
今回で5回目となる「江戸川乱歩フォーラム」が始まったいきさつや、また乱歩自身のエピソードとして、池袋に引っ越してくる前に住んでいた借家のことなど。
乱歩は、モータリゼーションの時代の到来とともに自作にも自動車を登場させるのに自動車を観察しようと、当時では最新鋭の道路であった京浜国道沿いの泉岳寺あたりの借家に住んでいた。
しかし、さすがに車との騒音や煤煙に耐えられなくなったので、池袋のこの地に引っ越してきたとのこと。

14:00-14:20「歌舞伎と乱歩」市川染五郎×鈴木英一(早稲田大学講師)
11月3日から国立劇場で開催される新作歌舞伎「江戸宵闇妖鉤爪(えどのやみあやしのかぎづめ)」を公演するに至ったエピソードや、見どころなどのPR。
しかし宣伝臭はまったく感じられず、染五郎の非常に落ち着いた語り口に「メチャクチャ面白そうやん」。
そもそもこの新作は、原作が乱歩の『人間豹』を江戸末期に置き換えたもの。
この『人間豹』には、「他人になりすます」シーンがあったり(=早変わり)、悪人が魅力的であったり(=悪の華)、殺しのシーンがあったり(=殺しの美学)、気球に乗って逃走するシーンがあったり(=宙づり)といった、歌舞伎のお約束に繋げられるところも多く、そこをぜひお楽しみにしてくださいとのこと。

ちょうど今、モーニングコミックスで「かぶく者」を読んでいるため、新作における稽古の話や、悪の華、また殺しの美学のシーンなどのエピソードでは、「ああ、なるほど!」。
コミックにおけるエピソードがちょうどよいガイドになったために、余計に興味深い話として聴けたのでした。
歌舞伎を一度は行ってみたいとは思っているのですが、歌舞伎座ではなく、こうした国立劇場とか、コクーン歌舞伎とか、そういったところからまずは入っていくといいんでしょうね。
会場では前売券が発売されていました。

ただ、いかんせん時間が短いのです。
恐れていたとおり、ちょうど20分といえばエンジンが暖まり出す頃。
最初はぎこちなかった市川染五郎の口が、ようやくお父さんである松本幸四郎とのCMの話題になってなめらかになってきたなと思ったところで、時間切れ。
非常にもったいないと感じたのでした。
ちなみに誰も「いよ、高麗屋っ!」と掛け声を発していませんでした(当たり前です)。

14:20-15:30「ミステリー作家対談」有栖川有栖×北村薫
やんちゃ坊主の有栖川有栖に対して、お父さんのような包容力の北村薫、の図式は健在。
今回は対談と言うことで、「真面目な北村薫」に対して「ツッコミボケの有栖川有栖」という、漫才の図式も見えてきました。
さすがは有栖川有栖さんってば、大阪人。サービス精神旺盛なんですよね。
とにかく彼が語ると、乱歩の少年探偵団シリーズがいかに「バカミス」であったのかと言うところに気付かされるのですね。
例えば、二十面相。
普通に泥棒すればいいもの、わざわざ「電人M」「鉄人Q」ではロボット、「宇宙怪人」では宇宙人、「透明怪人」では透明人間になりきって、動き回っているのですよ。
有栖川有栖曰く、二十面相は「ふふふ、今日はロボットでいこうかな」とか言っているのではないかと。
また『黄金豹』(人間豹とは似てもにつかないバカミス)に至っては、二十面相が豹になって走り回るのですから、これには北村薫も「さぞかし二十面相も、ヒザが痛かったのではないでしょうかねえ」。
しかもこの豹、「電話まで掛けてくるのですから、もう訳判りません」と言ったあたりでは場内大爆笑。
しかしながら乱歩の素晴らしいところは、そういったバカミスがあろうとも、様々な伝説があろうとも、この世の中には「江戸川乱歩なんて嫌いだ」という人がいないところ。
また、没後何十年と経つのに、いまだに彼の作品が現役として出版され続けているところ。
それはやはり、彼が全力でいつも作品に向き合ってきたから、その姿勢や気持ちが皆を動かしているのでしょうねえ、とのことで、やはり大乱歩はすごいのであったのかと再確認できる内容なのでした。

旧江戸川乱歩邸を見学してきました

立教大学にある「旧江戸川乱歩邸」が、同じ立教大学で開催される「ミステリー小説講座 ~読売 江戸川乱歩フォーラム2008~」にあわせて、特別公開されるということで見学してきました。

立教大学に到着し、「さて、場所はどこかな」と心配するまでもなく、お兄さんが案内板を持って立ってくれています。
お兄さんの脇には、乱歩邸への案内オブジェもありますよ。
江戸川乱歩邸はこちら(お兄さんバージョン)

お兄さんの案内板どおりに進んでいくと、程なく江戸川乱歩邸は見つかります。
「乱歩邸公開」という張り紙がしてありますが、表札には「平井太郎・平井隆太郎」と掲げられてあるので、判る人には判りますね!
乱歩邸の入口。表札は「平井太郎・平井隆太郎」のまま

応接間も公開されていましたが、やはりミステリファンとして気になるのが「土蔵のなか」ですよね。 ちゃんと公開されています。
並んで土蔵のなかを皆で覗き込みます
ただし残念ながら、蔵書があるため、蔵のなか自体がガラスで厳重封印されているんですね。
写真撮影はOKなので、並んだ皆さんに混じって、なかを覗き込むように入口から写真を撮りまくったのですが……外の光がガラスに反射しまくって、よく見えませんでした。
これがファン垂涎、乱歩邸の土蔵のなか

3枚組の写真は、
  左:土蔵1階左側の「洋書関連コーナー」
  中:2階に上がる階段と2階の蔵書
  (写真下半分が切れたように見えるのは、外部の光が入り込んで 反射しているため)
  右:土蔵1階右側の「国内書関連コーナー」
となっています。

ガラス板になかを覗くのを阻まれたとは言え、外にいても土蔵のなかに立ちこめている「古本のにおい」がプンプンと漂ってきます。
もうそれだけで癒された人は、(ぼくも含め)かなりいたのではないかと思います。

またウィリアム・アイリッシュ『幻の女』の原作を、苦労して手に入れた乱歩が読み終えて、その表紙の裏に書いたという、「新しき探偵小説現れたり。世界十傑に値す。ただちに訳すべし」の実物が展示されていました。
江戸川乱歩の、かの有名な「幻の女」評

土蔵のすぐ裏はマンションが建っています。
乱歩邸の土蔵と、その裏のマンション
このマンションの住人になれば、朝な夕な乱歩の土蔵を見ることができるのですよね。
何だか日々の生活の中に、そういった風景があるのっていいですよね。

「裏」といえば、乱歩邸の裏。
こっそり屋敷の裏側に回ってみると、なぜか電話ボックスがこんなところにありましたよ。
乱歩邸の裏にはなぜか電話ボックス
乱歩の作品と言えば電話が欠かせないのですが(豹が電話を掛けてきたり、明智探偵が事務所に電話すると侵入中の賊がわざわざ応対してくれたり)、この電話ボックスもなにかの由縁がある……訳がないですね。

毛皮族「暴れて嫌になる夜の連続」(新宿THEATER/TOPS)

毛皮族「暴れて嫌になる夜の連続」(新宿THEATER/TOPS)

今回、久しぶりに毛皮族の公演を観に、新宿はTHEATER/TOPSへゴウ。
毛皮族は、ここしばらく、公演はまったく観に行っていなかったのですが、今回の案内ハガキが来たとき、場所が「新宿THEATER/TOPS」とあるのを見て、もうすぐ閉鎖されるんだよなあ......と思うと、何だか久しぶりに毛皮族も悪くないぞ、と久しぶりに観に行くことになったのでした。

そんなお久しぶり!な毛皮族ですが......うーん。
相変らず「江本純子と楽しい仲間たち」ではあるのですが、なんというか、華がないんですね。
これまで看板役者だった町田マリーや澤田育子が抜けた穴を埋めるだけの役者がいないんです。
本来であれば、そこを江本純子のカリスマ性がカバーしてもよさそうなところが、久しぶりに見た彼女も、何があったのか、ただの目つきの悪いヒトになっているし。
唯一の救いは、変幻自在の役者である柿丸美智恵の存在感ぐらいでしょうか。
以前だったら、ストーリー展開や演技力は学芸会レベルながらも、それを補ってあまりある「華やかさ」「楽しさ」「パワー」が充満していて、もう何でもありでOK!だったのですね。
しかし今回はそういった「補ってあまりある一切合切」が感じられす、残されたのが学芸会レベルのストーリー展開に演技力という残念なことになってしまっているのです。
ストーリーそのものは連合赤軍を徹底的にパロディ化しているんですね。
例えば、アジテーションが難解かつ早口すぎて言われている方も、おそらく言っている本人も、内容がよく判っていないとか、何かあればすぐに「総括」「自己反省」を要求し、挙句の果てには自分で自分を殴り飛ばすとか。
ただそういったパロディも、既にどこかで見てきたようなものばかりであり、目新しさがないんですね。だからあまりパロディとしても面白くないんです。
もはや過激派の活動をリアルに目の当たりにすることがない今の日本で、江本純子のような世代には、こうした赤軍派のような話は「どこか遠いところでの物語」でしかないと思うのですね。
それだけにパロディ化するにしても、「誰もが思いつくもの」しか出てこないわけで、あまりパワーとなって感じられなかったのかもしれません。
やはり毛皮族のパワー(=リアリティ)は、江本純子のタカラヅカであり、カネであり、下世話な物語だと思うのですが、今回のような形で社会派とくると、「ちょっと背伸びしすぎちゃいましたか」と思わざるを得ませんね......。

どうも毛皮族は、劇場の拡大主義で方向性を見失い、一旦駅前劇場やTHEATER/TOPSという小さなところに戻ってきたのはいいのですが、今度はパワーがダウンしてしまった感が否めません。

毛皮族恒例のニップレスも、出番が少なくなっていて、それ目的でもあったぼくとしては残念に思えるのでした。
だってニップレスのシーンの出てきたのが、最後の最後ですよ。
思わず、「今回はニップレスはないのか?」と違う意味でハラハラさせられちゃいました。
それだけ焦らしに焦らされてラストシーン、ニップレス姿での踊りなのですが、それが「アラビアンナイト」をイメージしているのですよね、あれはきっと。
これが何というか、とてもきれいなんです。
ここでようやく「ダンスのパワー」と「舞の華」が感じられ、いつもの毛皮族に戻ったような、そんな気がしたのでした。
このテンションが最初からずっと続いていればよかったんですけどねえ。

そして終了後の彼女たち、ラストのニップレスアラビアンナイトの格好のままでロビーで物販しているんですよ。
ワオ。
ステージと違って観客と同じ場所に立つからか、とても恥ずかしそうにニップレス姿で立つ彼女たちの前を通るには、ちょっと嬉しい......あ、いや、目のやり場に困ってしまうのでした。

今回は出演していない町田マリーですが、観客として来ていました。
カーテンコールで紹介されるまで全然気付かなかった素の格好の町田マリーさん、メチャクチャ可愛いったらありゃしませんね!

駅のポスター2題

シャブシャブとカタカナ表記だと、ちとヤバイ
しゃぶしゃぶ屋さんのお店の名前なんですが……。
どうも“しゃぶ”という文字だけがクローズアップして見えてなりません。
しゃぶ。
しゃぶ。

これをまだカタカナで“シャブ”と書いていなから、セーフなのでしょう。
……いや、そもそもは料理としての“しゃぶしゃぶ”の方が世に出たのは先だと思うんです。
だから別に店の名前が、“しゃぶ”であろうと、“シャブ”であろうと、“シャブシャブ”であろうと、関係ないと思うんですね。
関係ないと思うんですが……、どうも気になっていけません。

しかし、どうして“しゃぶしゃぶ”のことを“しゃぶ”って略するんでしょうね。
それって、きっと“マッサージ”のことを

マッサー

と言うのと、何か関係があるに違いありません(←ありません)。

そしてこちら。
どうも真剣に犯罪を防止しようという気があるようには見えないのです
振り込め詐欺防止のポスターに、白鵬を起用してるんですよ。
白鵬といえば、もうアレですよ、お年寄りにも大人気ですよ。
だからきっと、振り込め詐欺のターゲットになるお年寄りに注目してもらうべく、白鵬を起用したのでしょう。
そこまではいいのですよ、コンセプトは。
ただ、

白鵬関、にやけ過ぎ。

これ、犯罪防止のポスターですよね? 真面目なポスターですよね?
なのにこのにやけ顔、どうも真剣みに欠けているんです。
説得力がまったく感じられません。

これが例えば朝青龍だったらどうだったんでしょう。
きっと彼のようにふてぶてしい表情だったら、犯罪防止のための真剣みがまだ出たのではないかと思うんですよね。
ただし、ふてぶてしいとは言え、朝青龍の顔はどちらかというと悪人顔。
だから彼をポスターに起用したら、きっと「犯罪防止」というよりも、犯罪組織のボスが「悪いことやろうぜ」と推奨しているようにしか見えないような気がするんです。
どちらにしても説得力がないことになってしまいますね……。
お相撲さんを起用するのは難しいということなんでしょう。

そんな説得力の感じられない白鵬関のにやけ顔をよくよく見たら、口元は確かににやけているのに、
目が笑っていないよ、白鵬関。
目、笑ってませんよ。

小さい秋、見つけた?

いやあ、ふと気がつくと空気がひんやり。
窓を開けっ放しにしていると、とっても濃厚な夜のにおいが流れてきたりして、ああ、季節はもう秋なんだなぁと。
そこでふと、思い出すのが「ナントカの秋」という言葉。
だいたいエネーチケーのニュースあたりで、季節モノのイベントを報じる際に言ってますよね。

  • 食欲の秋
  • 読書の秋
  • 芸術の秋

なんて言葉。
もうゲップが出るぐらい、毎年毎年、ホントによく聞く言葉だと思うのですね。
すっかりワンパターン化されてます。ワンワン。
そんな訳で、「そろそろ何か新しい“秋”を見つけて欲しいものだよなあ……と考えていたところ、「そうだ」。
どうせだったら、ぼくが考えたらいいのです。
でエネーチケーに売りつける。「1回あたり10万円」。著作権の印税みたいなものですな。
これで、これからは毎年、秋にあったら労せずして収入がガッポガッポと入ってくるのですよ。
わははははは。

そんな訳で、電車に乗ってボーッとしている帰り道、臨時収入の道を賭けて、手垢のついたワンパターンの秋に代わる、新しい秋を探すことにしました。
……えっと、まず浮かんだのが

  • アンジェラ・アキの秋
  • 羽野晶紀の秋
  • あき竹城の秋
  • ちあきなおみの千秋

……Noooooooo!
これじゃ、まさかのオヤジギャグそのまんまじゃないですか。
いけません、いけません。小ジャレた言い方ならまだしも、ダサダサのオヤジギャグなんて、エネーチケーどころか、どこも買い取ってくれませんよ。それだけはいけません。
(とか言いながら、最初はオチに持ってこようとしていたのですが、やっぱりやめときます)

でもねえ、なかなか思い浮かばないのですよ。

  • パーマネントの秋
    (やっぱり秋はイメチェンでパーマあててみました)
  • 毛玉の秋
    (カーディガンを押入れから引っ張り出したら毛玉だらけだったよ)
  • 集団訴訟の秋
    (いったいなにがあったのでしょう)
  • 不当判決の秋
    (敗訴したようです)
  • 人生の秋
    (なんだかいきなりの終息感が……)
  • 世界同時株安の秋
    (なんか本当に使われていそうだ)
  • 値上げの秋
    (これは実際に使われていそうだ)
  • 田代まさしの秋
    (2ちゃんねらーみたいだ)
  • 飽きるまで秋
    (燃えるような夏の出会いは秋で終わったのです)
  • 商いの秋
    (「秋ない」なので本当は秋なんてないのですよ!)
  • 姑のアキ
    (単にダンナさんのお母さんが「アキ」という名前なのでは……)

……って、結局「ちあきなおみの千秋」並みのダジャレばかりが出てきて終わっちゃいましたよ。
まあ、それだけ新しい秋を見つけるのは、意外と難しいということで、まさかの突然終了。

ページ/5ページ |次のページ最終ページ