またしても京浜東北線が駅の真ん中で止まってました

今日は、高襟第一回単独公演「ふぞろいの果実」のソワレ公演を観に、王子はPit北/区域にレッツゴウ!、と張り切って、まずは駅にゴウ!
「まもなく列車が到着します。白線の内側まで下がってお待ちください」のアナウンスに、バカ正直に白線の内側まで下がって待つぼく。
......が、しかし。
待てど暮らせど電車は来ません。
おかしいのです、おかしい。
確かにさっき、アナウンスで「電車が到着します」と言っていったはずなんですよ。
まさか、ウルトラQの幻の名作「あけてくれ」のように、異次元空間へと電車は迷い込んでしまったのでしょうか。
タラララ、タラララ、タラララ、タラー、ララーン(←ウルトラQのテーマ曲)

電車がやってくるべき方を見てみると......おお。
電車が来ない訳ですよ。だってあんなところで来る電車は停まっていたのですから
なんと電車は半分、身を駅構内に突っ込んでおきながら、そのまま停まってしまっていますよ。
停まるところ、間違えたのでしょうか。
だったら早く来てちょうだいよ。

そう思いながらも何気なく電車が進むべき方向を見てみると......おお。
電車が来ない訳ですよ。だってあんなところで先を行く電車が停まっているのですから
なんとちょっと先でも電車が停まっていたのでした。
要は、フン詰まり状態になってしまっていた、と言う訳なんですね。