拙者ムニエル「悪い冗談のよし子」(本多劇場)

拙者ムニエルの新作「悪い冗談のよし子」を観るために、下北沢は本多劇場にゴウ。
今回のこの公演、目玉としてMEGUMIがキャストされていたのですが、突然の妊娠発表騒動で降板。
急遽、代役として同じ事務所の山田まりやが抜擢されたとのことで、ここ数日は芸能ニュースでも「拙者ムニエル」の名前をよく見かけたものでした。
拙者ムニエル「悪い冗談のよし子」(本多劇場)
(早々にチケットをとったので、MEGUMIの名前が入っているバージョンです)

劇団側としては今回のこの騒動、かなりの広告効果になったのではないかと思うのです。
それはそれとしていいのですが、客側としては、果たしてそんなバタバタしているなかでどのような作品として仕上がっているのか、幾ばくかの不安を覚えてならないのです。
特に山田まりやって、どの程度の舞台経験があるのか知らないのですね。
そんなこんなで、「どうなんだろうなあ」と思いながら観たのですが......おおう。
山田まりや! なかなかやるじゃないですか!
彼女の演技力は、実に安定感があるんですよね。堂々と主役を張るだけの演技力、存在感、ちゃんとあります。
余計な心配をしてしまってスンマセン。実に安心して観ることができたのでした。
今回は、急遽決まった代役、それも主役ということで、稽古もかなりハードだったと思うのですが、まったくそのような大変さは微塵も感じさせられません。
最後の最後、もっとも大事なシーンでセリフをかなり大きくトチってしまったところはご愛敬。
そこは本人も気にしていたのか、カーテンコールのときに何かすっごく言いたそうでしたが......。
(しかし主宰者の村上大樹が話させず)
今回の降板騒ぎで、観客としては余計な心配をする必要は何もなかったようです。

ただし。
だから今回の公演がよかったのかというと、いやいや、まったくそんなことはありません。
拙者ムニエルの悪いところが全部出てしまった、そんな公演なのでした。
もともと劇団主宰である村上大樹の作品は、長編のストーリーよりも短いコントを組み合わせて1本の作品としているのです。
(このあたり、彼はテレビでも構成作家をやっているから、コントの方が得意分野なのでしょうか)
その「コントの組み合わせ」がうまくカッチリはまれば、面白さが広がっていくのですね。
ところが、その組み合わせが空回りしてしまえば、ただのコントの寄せ集めとしかならず、もう目も当てられない状態になってしまうのです。
拙者ムニエルの公演に当たり外れが大きいのは、このコントの組み合わせがカッチリはまったか、それとも単なる寄せ集めでしかなかったか、というところにあるからでしょう。
昨日の脚本では、個々のエピソードがただのコントの寄せ集めでしか見えず、そのコントも特に洗練されたものには感じられなかったので、「これまでの没コントを集めてきただけじゃないのかな」と思わさせられてしまうのでした。

しかし、これまでの公演では、脚本がグダグダであったとしても、役者自身がアドリブを自由自在に操り、そのところで予測不能なシュールな笑いが湧き起こっていたのですね。
ところが。
今回の公演ではそんなアドリブも全体的に空回り気味なんです。
アドリブ後に、客席がシンと静まりかえった瞬間も多々発生し、役者自身もかなりやりにくそうな空気が漂っていたのでした。
ひょっとしたら、今回は山田まりやの広告効果によって、「初めて拙者ムニエルを観に来ました」という客層が多かったのかもしれず、そのため「アドリブ」というゴマカシが効かなかったのかもしれません。
MEGUMIが写っているため、今となっては貴重になってしまった案内ハガキ