【夏休み1】人生の意味を求めて旅に出る

人生の意味を求めて、旅に出ることにしました。
気分はすっかり“世界のナカタ”です。決してナベアツではありません。

さて、どこに行こう……とまるで無計画なぼく。
突然に海に潜りたくなってしまいましたよ。
しかし残念なことに、ダイビングのライセンスなんて持っていないのです。
モグリで潜るか(←うまい)などと思ったのですが、いえいえ、コトがコトだけに下手すると命に関わります。
仕方ありません、クルマで潜ることにしました。

……といっても、海底トンネルにゴウ!したわけですけどね。
(007みたいな秘密兵器は持っていません)
せめてね、気分だけでも「海の底にいる」ということにしておきましょう。

そんな訳で、海ほたるで休憩中。
実写版「キューティーハニー」で、サトエリちゃんが悪の組織と戦っていたアソコですね。
ここまで来たからには東京湾を横断して、千葉県まで行ってしまおうかなあ……と前方を見渡してみると、おお。
なんということでしょう、ぼくの前途を暗示するかのように、真っ黒い不気味な雲がもくもくと涌いて出ているではありませんか。
これから行く先には真っ黒い雲がむくむくと
しかし、こんなことで負けるぼくではないもんね!
取り敢えずオシッコを済ませて出発ですよ!

……と思ってトイレに来てみたら、ぬおお。
それでなくても眼前には大海原が広がっているというのに、さらにはトイレの窓にもきれいな花が生けられてあって、まるで巨大な1枚のキャンバスになっているのですよ。
大海原と生けられた花とトイレ
あまりの雄大さに目を奪われてしまって、おちおち用も足していられません。