長嶋有『ぼくは落ち着きがない』のヒミツ

あるときは、自作の単行本なのに他の作家がサインしていたり
長嶋有のサイン本なのに、山崎ナオコーラのサイン本っぽい『エロマンガ島の三人』
またあるときは、他の作家の単行本なのにこっそり裏側に自分もサインしていたり
福永信『コップとコッペパンとペン』の著者サインメモ用紙の裏にはなぜか長嶋有のメモ書きが......
と、何かしらのお楽しみがある長嶋有のサイン本。

長嶋有のメールマガジンからの情報によると、今回、新作短篇集『ぼくは落ち着きがない』が発刊されたのに伴い、都内の主要書店を営業まわりしたそうです。
6月23日・24日の2日間でまわった書店は、全部で以下の17店舗。

  • オリオン書房ノルテ店
  • オリオン書房アレア店
  • 弘栄堂書店吉祥寺店
  • リブロ吉祥寺店
  • ブックスルーエ
  • 啓文堂書店吉祥寺店
  • 紀伊國屋書店新宿本店
  • 紀伊國屋書店新宿南店
  • 三省堂書店神保町本店
  • 丸善丸の内本店
  • 三省堂書店有楽町店
  • リブロ池袋本店
  • 有隣堂アトレ恵比寿店
  • ブックファースト渋谷文化村通り店
  • リブロ渋谷店
  • 青山ブックセンター本店
  • 青山ブックセンター六本木店

そして書かれたサイン本については、以下のマル秘情報が......。

  • ほぼすべての本に、作中の言葉を抜き書きしました
  • いくつかの本に、手書きの応募券を書き足しました
  • いくつかの本に、作者のメッセージ(というほど素敵な言葉ではないが)を書きました
  • 1冊だけ、なぜかB`zの「ULTRA SOUL」のサビを書きました
  • すべての店で手書きポップを作りました
  • いくつかの店では、先着でナガシマステッカーを添付してます
  • いくつかの店では、夕子ちゃんや、文庫にもサインしました
  • どこかで、ジャージ映画化ポスターにコメント書き込みました

ほぼすべての本に「作中の言葉」が書かれてあるということで、読んでいると「おお! このセリフが書かれてあるのか!」と新たな感動を味わうことができるのですね!
そしてなんと、「ULTRA SOULのがアタリです」とのことですよ。
このアタリの「ULTRA SOULのサビ入り」サイン本を買った方は、(どこまで本気なのか)長嶋有のメールマガジン宛にメールすると、さらに"なんかいいもの"が貰えるそうです。
いいものって何だろう......ブルボン小林のステッカーとか?

しかし、わずか1冊だけですからねえ。確率は17店舗まわってのわずか1店舗ですよ。
いったい、どこのお店なのでしょうか。

そもそも、なぜ「ULTRA SOUL」のサビなのかというと、「移動中に看板をやたらとみたから」なのだそうです。
ということは、最初の方でまわったお店は省かれますよね。
こうした音楽の宣伝を「よく」見かけるとすれば、新宿、池袋、恵比寿、そして渋谷あたりでしょう。
なかでも、渋谷あたりは「これでもか!」とばかりに見せつけられてしまう可能性が大きいですね。
渋谷駅交差点なんて、通常の看板に加えてディスプレイ画面の映像がジャンカジャンカと、やかましいったらありゃしません。
またトラックを改造した移動看板も、信号待ちしている目の前をいったい何回、大音量でジャンカジャンカいわしながら通り過ぎていくか......。

とすると、アタリのお店は、渋谷のブックファーストでしょうか?
いやいや、ブックファースト渋谷文化村通り店って、場所が駅に直結した地下通路にあるのですよね。
だから地下を通っていく可能性が高く、そうすると看板を見る可能性も少なくなってしまいます。
対して、リブロ渋谷店は公園通りに面したパルコにあるんですよ!
とすると、ここに向かう途中で通常の看板やディスプレイ、そしてトラックの移動看板を見てしまう可能性は十分あるのです。
おお、そうですよ、そう! きっとそうに違いありません!
そんな訳で、アタリの「ULTRA SOULのサビ入りサイン本」は、リブロ渋谷店にあるに違いないのです!
あとは、「どれがアタリのサイン本なのか」は、これはもう買う方の運次第なのですが......。
(三省堂書店だったらシュリンクをかけていないから、中身が丸見えで選別できるんですけどねえ ← コラコラ)

そんな訳で、ほぼアタリの可能性がない(と思われる)丸善丸の内本店で買ったのはこれでした。
残念ながら、作者からのメッセージも、そしてやはり「ULTRA SOUL」のサビもありませんでした。
間違えている? それとも狙い? 長嶋有『ぼくは落ち着きがない』サイン本
というか、「Sorry!」って......。これ、間違えてます?
いやいや、長嶋有のことですから、きっと"間違えたように見せかけて、実は狙ったとおり"なのですよ!
たぶん。いや、きっと。