笑いながら怒るギャグがさらに進化した

電車の網棚の向こうに、モビットのポスター広告が貼り出されてあったのですよ。
竹中直人と桃井かおりでお馴染みモビット
いやあ、サラリーマンたちがスシ詰めの車内で、その上からサラ金の広告が見下ろしているんですよねえ……。
何とシュールな世の中なんでしょう。
そんなシュールな世の中に負けてはいられませんよ。
こうなったら見返してやるのです。逆にこちらからサラ金のポスターを思いっきり見てやりましょう。
ほれ、ほれほれ、ほれ、ジーッ……って、あまり見つめすぎると、今度は周りの乗客から「コイツ、大丈夫か。かなり追い詰められた顔でモビットの広告見てるよ」なんて思われないように気をつけましょう。

ポスターの左面は、竹中直人と桃井かおりがガラスに張り付いているところの後ろ姿が写っています。
ガラスにへばりつく竹中直人と桃井かおりの後ろ姿
そしてその中央には真っ赤な字で

テレビCMの裏側をご覧ください。 →

矢印の方向、ポスターの右面は、反対側から撮られたものでしょう、ガラスにへばりつく竹中直人と桃井かおりの姿が正面から写されています。
ガラスにへばりつく竹中直人と桃井かおりの正面の姿
ギャァァァーッ!
何なんですか、この竹中直人。
何だかコワイのです、コワイ。メチャクチャ怖いじゃないですか。
この恐怖感、どこかで味わったことあるんです。
なんだったっけ、何だったっけ……
あ。
モアイの石像
モアイ像!
そうなんです、モアイなんです。竹中直人はモビットで遂にモアイ像になったのですよ!
かつてのカルトなお笑いタレントは、カルトな役者になり、カルトな映画監督になり、そして今やカルトなモアイ像になってしまったのですよ!
でも竹中直人ですよ!
笑いながら怒る人ですよ!
ショスタコビッチ三郎太ですよ!
クイズそっちの方がスゲーですよ!
松田優作ですよ!
遠藤周作ですよ!
ちなみに今、ネスカフェのコマーシャルで唐沢寿明と競演してるのは、あれはどう見ても竹中直人なんですよ!

しかしながら、我々一般凡人には、そんな竹中“モアイ”直人が神として進化していくことを止めることはできないのです。
なぜならば!
かつて“笑いながら怒る人”という奇跡のギャグを演じていた彼は、今や“右手を上げながら右手を下げる人”(あるいは“左手を下げながら左手をあげる人”)という奇跡のパフォーマンスを演じられるようになったのですから……。
後ろから見た姿と正面から見た姿では手の位置が激しく入れ違っているんです

ああ、朝からぼくはいったい何をやっているのでしょうか。
満員電車の中でカメラを取り出してモビットの写真を撮りまくってるんですよ。
きっと周りの乗客からは「コイツ、メモ代わりに写真なんか撮ってるな」なんて思われて、完全に借金する気マンマンのサラリーマンです。