Amazonクレジットカードが......どうなる?

「本屋さんが好き」と言っておきながら、本をまとめて買うことが多いぼくは、箸より重いものを持ったことがないので(ウソ)、ついついネット書店でショッピングをしてしまいます。
そんなネット書店での決済にはクレジットカードを使っているのですが、これまでずっとJCBを利用していたのです。
何しろJCBのポイントでBK1のお買い物ができるのですよ。こんな嬉しいことはありません。
バカスカ買いまくっては、ポイントを溜めて貯めて、一気にドカンと使っちゃうという見事なリサイクルっぷりでカード会社に貢献していたのでした。

ところが。
Amazonのサイトで「Amazonクレジットカード会員募集中」というバナー広告を見かけたのです。
普通だったら「へえ」で終わっちゃうところなんですが、いえいえ、Amazonクレジットカードはなんと特典がたくさんあるんですよ。

  • デザインがカッコイイ
  • 年会費が無料
  • Amazon最初の利用で2000円キャッシュバック
  • Amazonポイントが100円に付き2ポイント付与

いや、「デザインがカッコイイ」っていうのは特典ではないでしょう......。
それでも何となく「持っていたくなる」カードとして、デザインは重要なことですよね。
ちなみにAmazonクレジットカードのデザインはこんな感じです。
Amazonクレジットカードのデザインは、赤と黒の2種類
黒がブラックカードみたいで、チラ見されたら「あれ? この人セレブ?」と思われるんでないかい?と不埒なこと考えてしまいました。スミマセン。

「年会費が無料」というのも複数カードを持つ場合には重要ですよね。
メインとなるカードは年会費を払ってもいいのですが、2枚目、3枚目となってくると年会費分の利用が見込めませんって。

「Amazon最初の利用で2000円キャッシュバック」もデカイですよ、デカイ。
何しろ本1冊分がタダになると言うことですからね。しかもAmazonポイントはちゃんと付いちゃうし。
うはははは。

そして「Amazonポイントが100円に付き2ポイント付与」には、もう大興奮なんですよ。フンガー。
カードの利用で100円に付き2ポイント付くということですが、さらにAmazonのサイトでもポイントが通常どおり付いちゃうのですよ。
つまり、2000円の本を買った場合、

20ポイント(通常ポイント)+40ポイント(カードポイント)=60ポイント

が付いちゃうのですよね!
3倍ですよ、3倍! フンガー、フンガー。
しかもこのポイントは通常のカード利用でも、100円に付き1ポイントが付いちゃうのです。
もうカード利用をすべてAmazonクレジットカードにしちゃえば、ポイントが貯まりまくって仕方がないということになるのですよ。フンガー、フンガー、フンガーガー!

で、なぜこんなに鼻息荒く興奮しているかというと、貯まったポイントは、1ポイント=1円としてAmazonでのショッピングに利用できるからなんですね。
つまり、

  • Amazonで100,000円分購入すると、2000ポイント→Amazonで2000円分利用可能
  • 通常のカード利用で100,000円分使用すると、1000ポイント→Amazonで1000円分利用可能

となる訳です。
ところがJCBのポイントの付与は1000円に1ポイント。
すでに桁が違っていて、1000円未満は切り捨てられるんです。
そしてBK1で利用できるポイント数は、200ポイントで1000円。
つまり200,000円分使用して、やっとBK1で1000円分の利用が可能になるのです。
ね。Amazonクレジットカードが断然オトクでしょ?
(特にAmazonつかいには)

しかし、ここに来て衝撃の事実が発覚したのですよ。
いつの間にか、Amazonクレジットカードの新規会員募集が終了していたんです。
新規会員募集を停止していたAmazonクレジットカード

手数料収入がすべてのカード会員は増やしてなんぼなのに、その会員募集をやめるとは異常事態ですよ。
Amazonクレジットカードのもともとの発行会社はシティカード。
そう、citiグループですよ、citiグループ。
あのサブプライム問題で大損ぶっこいて全世界的にリストラを進めているcitiグループ。
そんな訳で会員募集の停止が発覚した4月中旬頃から、Amazonクレジットカード持ちの間では「シティカードのリストラでAmazonクレジットカードは廃止かっ!?」とパニックが発生していたようなんです。

「ようなんです」というのはそんなことを全然知らず、のほほんとカードを使いまくっていたからなんですよね。
しかし、ぼくもかなりの引き落とし方法をAmazonクレジットカードに切り替えてしまったため、ここに来て「カードがなくなります。ごめんね」なんて言われちゃうと、また切り替えの手続きで大変です。
遅ればせながら「うわー困った困った......」と思っていると、どうやらカスタマーサービスに直接確認された方がいらっしゃるようでした。

曰く、

Q:Amazonクレジットカードの新規申し込みが終了したとのことですが、既存カードはどうなるの?
A:今までどおりご利用になれます。
Q:有効期限が切れた場合には?
A:通常のクレジットカードと同様、審査の後に更新用のカードが発行されます。
(404 Blog Not Found:「Amazonクレディットカード終了の件、電凸してみた」より)

とのことです。
が、「更新用カード」というのがどうも胡散くさい。
何しろあの天下のサブプライム大損ぶっこきのcitiグループですよ。
これは何かあるに違いありません。
更新時にはさりげなく別カード(しかも年会費が発生するヤツ)にされてしまわないように注意しなければ......。

と言ってもぼくの場合、有効期限が切れるのは、まだ4年以上も先なんで忘れていそうなんですが。