店内の片隅で壮大なエコ活動

いや、もう暑いのなんの。
ちょっと外を歩いただけでも暖かな日差しにジリジリと汗が吹き出してくるのですよ。
そんなときは都会のオアシス、コンビニへレッツゴウ。

と言うことで目に付いたミニストップに入り、「何かおいしそうな水はないかな」とゴソゴソ。
いや、水は水だからと適当なミネラーワラー(英語風の発音)を手にとって、レジの列に並んだのでした。
ミネラーワラーのボトルを手に、レジの列に並んだのでした

レジの順番待ちの間ほど退屈なことはありません。
キョロキョロと落ち着きなく店内を見渡していると……「ん?」。
思わずイチゴにかける練乳のボトルに目を奪われてしまうところですが、いえいえ、その隣です、隣。
何か書かれてあるのですよ。
……何か書かれてありますね

レジの列が進んでいるのでこれ幸いと近寄って、ガラス越しに見てみると……ん? ん? ん?
「ココに注目」
ココに注目

えーっと、「ココに注目」って……。
しかもわざわざ矢印なんて引っ張って……。
何に注目すればいいのでしょうか?
「ココ」と書かれた注目すべき点には何もないのですよ。

いやいや、これはきっとガラス越しに見ているから見えていないだけなのかもしれません。
あるいは、“心の汚れたオトナ”には見えない、ネバーランドのようなものがあるのかもしれませんよ。
そこでレジの順番が来るまで、ガラスに張り付くようにして、「ココに注目」のココとは何か、矢印の先に注目してみました。
もうその格好はヤモリですよ。
いや、これだけ注目をしていたら、きっと店長も大満足なことでしょう……。

見えません
しかし、よく見えません……。

まだ見えません
まだよく見えません……。

……これはひょっとすると?
おっ……? 何か見えてきましたよ。
これはひょっとすると……。

間違いありません! アレですよ、アレ!
いや、まさかね……でもひょっとして、ひょっとすると……

やっぱり!
20080501-008.jpg

いやはや、恐るべし、ミニストップ。
こんな店舗の片隅から、実は壮大なエコ活動を行っていたのでした。
感動の涙にむぜび、「わたしはカモメ」とつぶやきながら店を後にしたのでした。
(意味判りません)