ページ/3ページ |次のページ最終ページ

potalives R 前橋編vol.1『いわにあう』

これまで都内でしか観たことがなかったポタライブですが、遂に行くことにしちゃいましたよ。
その地は群馬県。
群馬県は前橋市で行われる作品なのですが......ドウヤッテ行キマショウ?
新幹線は高そうですし、在来線は時間が掛かりそうです。
......よし、決めました! クルマで行こう!
高速代と昨今のガソリン代を考えると、こちらの方が高く付きそうですが、いえいえ。
クルマだったら自由に行動できる、その「フリー感」がいいのですよね!

そんな訳で、自由を手に入れたぼく。
この先、どんな七難八苦が待ち受けていようとも行くのです。
行かなければなりません。
よし行くぜ、レッツゴウ!
......と思っていたら、もう着いちゃいましたよ、早っ!
横浜からわずか2時間。
なんだ、群馬って意外と近いのですね。

ここが今回の待ち合わせ場所、JR前橋駅です。
今日の待ち合わせ場所、JR前橋駅の改札口
既に他の皆さんは集まっていました。
すみません、スミマセン。ごめんなさい。

今回の作品は、ここからスタートして、その後はずっと前橋の街をお散歩するのだそうです。
しかしなんとその予定時間は3時間なのだとか。
おおう、ケラ作品もビックリの超大作じゃないですか。

そんな訳で我々一行は、3時間掛けて前橋の街をお散歩していくのです。
住宅街のなかを歩きます
歩きます。

住宅街の路地を歩きます
歩きます。

ひょっとしてアヤシイ集団でしょうか
......歩きます。

しかしこれはポタライブです。
単なるお散歩に終わる訳はありません。
あっちへブラブラ、こっちへブラブラしているうちに、徐々にパフォーマーがその姿を現してくるのでした。

まず、行く先々では、ミス・ローズ(またはミス・クイーン)が、道端で我々一行を歓待してくれるのでした。
"名誉市民"に選ばれた観客は、このミス・ローズ(またはミス・クイーン)とツーショット写真を撮ってもらえたり、神事に参加できるという特典が付いていたのです。
いいなあ、いいなあ。
ミス・ローズ(またはミス・クイーン)とのツーショットで盛り上がる我々観客一行

また変わった形のお堂の敷地内では女の子が遊んでいたのでした。
お堂の敷地内で遊んでいた女の子が、お堂に帰っていきます
この女の子、敷地内でひとしきり遊ぶと、お堂の方へと帰って行ったのでした。
ひょっとしてこの女の子は、お堂にまつられている子どもなのでしょうか。
そしてこの女の子は、我々一行に興味を持ったのか、そのあとを付けてくるかのように、随所でその姿を見せるのでした。
祠の前で、廃墟のビルで、その女の子は姿を見せるのでした

そして春のうららかな陽気のBGMとして聞こえてくるミスターDJ。
春の陽気に誘われて、ミスターDJも野原の真ん中でオンエア
女の子の持つ非日常性から来る緊迫した登場とは逆に、春の陽気にあわせてどこか我々をホッとさせる日常的な存在です。

また利根川の水流という、大いなる自然に立ち向かっていた女性もいます。
利根川の水流に立ち向かう女性
あらがうかのように川の流れに立ち向かっていた彼女は、いつしか自然を受け入れて一体となっていたように舞っていたのでした。
やがて自然の脅威を受け入れたのか、一体となって舞を披露していたのでした

そして歩き続けること3時間半。
ようやくゴールが見えてきました。
その圧倒的なスケールにしばし声を失う観客一同。
圧倒的なスケールで我々を出迎える
このモノの存在を知るために、我々は今日、3時間以上も歩き続けたのですね。

この圧倒的な存在感を前にしては、畏怖すら感じさせるのです。
この圧倒的な存在感の前では、我々人間は何もすることができません
何なんでしょうか、この圧倒的なパワー、存在感は。
これこそが大自然のチカラというモノなのでしょうか。

こうして、3時間半という時間を掛けてお散歩した前橋という街は、歩けば歩くほど、本当に魅力的なものばかりが見つかるのでした。
霊視中! 一体何を観てもらえるのか......

自分へのお土産に買って帰った「干し芋」、これがメチャクチャうまいのなんの!
これを買うだけのために、また前橋に行きたいとまで思うほどなのでした。

ここが群馬県庁前です

前橋市内で最も高いビル、群馬県庁前にやって来ました。
ミス・ローズが我々を出迎えてくれています。
ミス・ローズとともに、群馬県庁

前橋に来ています

ヴィヴァ! 前橋!
JR群馬駅前の様子

ミステリファンなら必見、超名作PV

1ヶ月半ほど前になるのですが、別の某日記でアップした話題を蒸し返しています。
あのとき書いたのは、ヒミツの日記の方だったので「ナイショですよ、ナイショ。シーッ!」なんて言っていたのですが……自分でバラしてるやん。

そんな訳でこちらのブログでもヒミツの告白をします。

えーっと、家のパソコンや持ち歩いているiPodで音楽を聴くと、その情報がすっかり世間様に向かってダダ漏れになっているのですね。
自分でそのように設定しておきながら、すっかり忘れていたのでした。
で、1ヶ月半ほど前に突然に「しまった! 世間様に自分の趣味がバレバレだっー!」と気が付いて真っ青になったのです。

いや、まあそこはただ単なる「音楽」だけですから、変な曲やイヤラシイ曲、変態ムード歌謡なんてないとは思うのですが、そこはそれ。人知れず聴いている曲もないとも限らないので確認してみました。
すると、さすがに変な曲やイヤラシイ曲、変態ムード歌謡はなかったのですが(よかった……)、何なんですか、このアーチストの偏り方は!
2008年2月14日現在のアーティストランキング
1位:Dream Theater
2位:The Mars Volta
3位:Tool
4位:Queensryche
6位:Kansas
10位:Symphony X

……アホや、オレってメチャクチャアホですわ。
趣味が判りやすすぎ。
1位はダントツの再生数でDream Theaterがばく進中ですよ。
2位とはダブルスコアです。
だってカッコイイんだもん。
もう、昔のレコードのときの言い方をすると「すり切れるくらい」何度も繰り返し聴いてます。
会社の行き帰り、家でパソコンに向かっている最中でも。
そりゃダブルスコアにもなりますって。
しかも、Dream Theaterって1曲が10分程度なんてザラにあります。
長いものになったら20数分とか。
だからこの曲数だけど、実際に聴いた時間数にしたら、もうどのアーティストも追いつけないくらいになっているのではないかしらん。

……なんて言っていたのが1ヶ月半ほど前の2月14日のことでした。
そんな今日、「そう言えば!」と思い出して久しぶりに見てみたのです。ぼくの趣味がダダ漏れのページを。
すると、こんなことになっていました。
2008年3月23日現在のアーティストランキング

……1位がさらにばく進してしまい、完全に2位以下を引き離してしまいましたよ。

考えてみれば、このランキングはDVDは集計外なんですよね。
ということは、DVDもヒマさえあればかけてしまっているぼく、「真のランキング」をとってみると、もっともっと2位以下を引き離してしまうのではないかと思うのです。
そこで!
ここでそんなカッコイイDream Theaterの動画紹介でもしましょう!

……と思たのですが、もうすでに別のヒミツの日記ではDream TheaterとThe Mars voltaのメチャクチャカッコイイ動画を紹介したのでした。
今日、また紹介しちゃうと被っちゃいますので、ヤメにして、別の動画をご紹介します。

これはミステリ好きの間では非常に有名なプロモーションビデオ(PV)なのですが、今日久しぶりに観て、もう判っているのにやっぱり最後の1シーンの衝撃で号泣してしまいました。
音楽ファンならずとも、ミステリファンなら必見のこのPV。
何も言わずにぜひ観てください。名作です。……いや、“超”名作です。

【追伸】
えーっと、スミマセン。
先ほどの書き方が悪かったので、紹介している動画がDream Theaterみたいですねー。
いえいえ、違うんです。申し訳ありません。
今回紹介しているのは、Nickelbackというバンドの「Someday」という曲なんです。
ちなみに、このバンドのPVはかなり神掛かっているものが多いため、続けてみていると大変です。
いやー、とってもPVとは思えないんですよ。映画です、映画。
1本見終わる頃にはもう号泣しているのに、それを続けて観ようものなら、身体中の水分が溢れ出ちゃって干からびてしまいそうなぐらい、大変なんです。

渋谷でお茶、吉祥寺でお茶、そして終電

渋谷の道玄坂で、渋いレンガの建物を眺めながら、かるーく3時間ほどお茶をごぶりごぶり。
渋いぜ、レンガの建物
軽く頭がしびれて、びりびり。

青年団の方に4月公演のチケット予約をお願い。
前回は失礼しました。今度は絶対に行きます!

その後は電車でがたごと、吉祥寺に移動。
時計を見下ろしながら、これまたかるーく3時間半ほどお茶をごぶりごぶり。
駅前の時計を見下ろしながら
かなり頭がしびれて、がんがん。

それでもまだ時間が足りずにマクドナルドに移動、てりたまバーガーをがふがふ。
そのまま時間切れで終電に飛び乗り帰宅。
でも、何とか終電の車内でできあがりました! やったね!
ものすごい勢いで頭がマヒ状態。ひりひり。

川上未映子のお友だちの方と、先日、ご本人のサイン会に伺った話でひとしきり盛り上がり。
その後はなぜか京極夏彦の話が。またしてもひとしきり盛り上がり。
ああ、こんなときにM山さんがここにいたら……「夢の川上未映子と京極夏彦のコラボレーション」(ただし、いずれも本人不在)がきっと、実現したことでしょうね!
Wish You Were Here.

帰り道はきれいな満月に夜道を煌々と照らしてもらって、ただいまー。
帰ってきたのでした。
きれいな満月に夜道を照らしてもらう

ページ/3ページ |次のページ最終ページ