タウリン1000mg配合、実は1g

突然、「今日の晩ご飯はスパゲッティだぜ!」という気分になってしまったのです。
理由なんてありません。きっとナポリの風がぼくの心を駆け抜けていったのでしょう。
そんな訳で、適当に目に付いたパスタ屋さんに入ったのでした。

しかしこう、注文してからが長いのなんの。
料理が出てくるまで待っている間、手持ちぶさたでなりません。
思わずキョロキョロと辺りを見回したくなるのですが、いえいえ。
ここは小ジャレたパスタ屋さん、ぼくの周りの席はOLちゃんやら女子高生ちゃんやらで埋め尽くされているのです。
そんななかを野郎が1人、嬉しそうにキョロキョロしていては挙動不審な変態野郎に間違われてもおかしくないのです。
……仕方ありません。やることがないので下を向き、モゾモゾ、ゴソゴソ(余計にアヤシイ)。

テーブルには、これだけ先に運ばれてきた粉チーズ、いわゆるパルメザンチーズが置かれてあったので、ついつい栄養成分表示などを眺めていたのでした。
チーズの栄養成分など眺めてみる
フムフム、粉チーズの栄養成分は……なるほど、カルシウムが1200mg、ナトリウムにいたっては1800mgも入っているのですね!

ナトリウム1800mg。
その瞬間、ぼくの頭のなかではなぜかケイン・コスギの姿がスパークしたのでした。
相棒とともに無意味に険しい断崖絶壁を登るケイン。
ところが鈍くさい相棒がヘマをやらかし、崖から滑落しそうになりました! 危ない!
しかしそこは格好いいケイン、間一髪のところで相棒の手をガッチリ握りしめ、最悪の事態は免れました。
断崖絶壁に宙ぶらりんの鈍くさい相棒、腕だけで釣り支えるケイン。
そのとき、ケインは突然に汗まみれになった二の腕に力こぶをつくりながらこう叫ぶのでした。

ファイト、いっぱぁぁぁっっっつ!

スポーン、スポーン、スポポポポポーンと威勢のいい音とともに、突如、回転しながら画面いっぱいにアップになる粉チーズの入れ物。
回転しながら封が開けられるものですから、もう中身がスゴイ勢いで飛び出して大変ですよ。
そしてこうアナウンスが流れるのでした。
「ナトリウム1800mg配合、ナポリタンT(←チーズの“T”)!」
背後ではいつの間にか断崖絶壁を登りきったケインと鈍くさい相棒が爽やかにニヤニヤ笑いながら、粉チーズを入れ物ごとこちらに突きつけてきています。

……って、それ、まるまるリポビタンDのコマーシャルですやん。
そのとおり。そのとおりなんですよ。
だってこのナトリウムの量1800mgって、タウリン1000mg配合のリポビタンDよりも断然に多いのですよ。
何だかよく判らないけど、チーズって本当に栄養があるのだな、スゴイのだなと感心したところで……まだ料理はきません。

仕方ありません、またケイン・コスギを妄想しながらリポビタンDごっこでもやるか、と改めて粉チーズを見たところで「何じゃこりゃ!」。
100g当たりといいながら、実際には内容量は100gもないのですよ
この栄養成分表は「100g当たり」などと書いてあるのですが……もともと内容量は80gしかなかったのでした。
何と恐るべし過当表示。
もし1本まるまるこの場でスパゲッティに振りかけたとしても、決してぼくはナトリウムを1800mgも摂ることはできないのです。
うーん、周りのOLちゃんや女子高生ちゃんたちに目を奪われて、危うく見事に騙されるところだったぜ。

そんな訳で、ようやく運ばれてきたスパゲッティには粉チーズを1本まるまる振りかけることなく、ほどよく頂いたのでございました。