講談社ノベルス25周年記念特製しおりの一覧

本屋さんでノベルスコーナーをウロウロとしていると「あれ?」。
いつも"ご自由にお取りください"と置かれてある講談社ノベルス25周年記念の特製しおりが、今回はまだ出ていないのですよ。
おかしいのです。おかしい。何しろ月ごとの新刊が出るとほぼ同時に店頭には出ていたのですよ。
今月も10日ごろにはすでに新刊は並んでいたのです。
なのに、しおりはまだ並んでいないのです。

これは何かあるに違いないのです。
本を買いもせずに持っていく輩が多すぎるからか、それとも単に経費削減なのか、再生紙の偽装問題が講談社のしおりにまで波及してしまったからなのか......。
これは調べなければなりません。
早速、講談社のサイトにアクセスしてみたのでした。
すると......あらら。
なんと、12月で予定どおり25種類のしおりが出ており、企画としてはもう終わっていたのでした。
確かに年を越したら、もう"25周年"ではなくなりますよねえ。

そんな訳で、久々の備忘ログですよ。
5月からスタートした「講談社ノベルス25周年記念特製しおり」を一覧としてまとめてみました。

【2007年5月】
この月からスタートした特製しおりのシリーズは、綾辻行人・森博嗣・はやみねかおるの3種類が出たのでした。
講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「綾辻行人」  講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「森博嗣」  講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「はやみねかおる」
ちなみに、綾辻行人は2種類バージョンがあるようです。
当初は上に掲載した写真のものが配布されたようですが、講談社ノベルスの稼ぎ頭である「館」シリーズとしては『迷路館の殺人』が抜けているからか、改めて『どんどん橋、落ちた』と差し替えたバージョンが出たようです。
綾辻行人のしおりは2バージョンあります

【2007年6月】
特製しおりの第2弾は、霧舎巧・篠田真由美・法月綸太郎の3種類です。
しかし法月綸太郎のしおりのデザインは、どうして遮光器土偶なんでしょうか......。
講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「霧舎巧」  講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「篠田真由美」  講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「法月綸太郎」

【2007年7月】
特製しおり第3弾は赤川次郎・清涼院流水・佐藤友哉の3種類です。
赤川次郎のシリーズとは、また随分と懐かしい......。
まあ確かに赤川次郎と言えば、講談社ノベルスの黎明期には欠かせない作家ではあったと思うのですが、今改めてこの当時のイラストを見ると「古くっさー」感が否めません......。
講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「赤川次郎」  講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「清涼院流水」  講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「佐藤友哉」

【2007年8月】
特製しおり第4弾は、高里椎奈・高田崇史・西尾維新の3種類です。
これまでのしおりには、必ずその作家の出版物のタイトルが載せられていたのですが、西尾維新は初めて(というか、あとにも先にも西尾維新だけ)一切のタイトルが記されていないしおりになりました。
講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「鷹里椎奈」  講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「高田崇史」  講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「西尾維新」

【2007年9月】
特製しおりのシリーズもいよいよ折り返しです。
第5弾は大沢在昌・奈須きのこ・椹野道流の3種類です。
西尾維新の"宣伝色一切なし"に触発されたのか、今回は椹野道流のしおりがクイズ形式のようになっているのが特徴的ですね(ただし西尾維新とは違って出版物のタイトルが載せられていますが)。
講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「大沢在昌」  講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「奈須きのこ」  講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「椹野道流」

【2007年10月】
第6弾は上遠野浩平・島田荘司・西村京太郎の3種類です。
上遠野浩平は他のしおりと比べると、珍しい横型スタイルになっています。
他に横型スタイルなのは、7月に出た佐藤友哉だけです。
また西村京太郎は思わず「デカッ!」と言ってしまうほどのアップ写真です。
この写真のスタイルは、まるで一昔前によく見かけた「著者近影」のようでもありますね。
そういう意味では、西村京太郎のような大御所ともなればこうした「著者近影」写真には抵抗がないのかもしれませんね。
講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「上遠野浩平」  講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「島田荘司」  講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「西村京太郎」

【2007年11月】
いよいよ残り2ヶ月となって、っここで調整が入りました。第7弾は京極夏彦・殊能将之・田中芳樹・舞城王太郎の4種類です。
しかし舞城王太郎の"ツヅク"って......。
しかも4種類も出すと言うことでバランス感覚が狂ったのか、それまで「赤」「黄」「金」と3色をきちんと使い分けていた裏側デザインが、「金」ばっかりになってしまっています!
講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「京極夏彦」  講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「殊能将之」  講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「田中芳樹」  講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「舞城王太郎」

【2007年12月】
いよいよ最終回となる第8弾は、有栖川有栖・内田康夫・辻村深月の3種類です。
やはり西村京太郎と同様に、内田康夫は著者近影スタイルのしおりになっています。
そして、前回4種類も出したものだからバランス感覚がすっかり狂ってしまった裏側デザインですが、今回もなぜか、「赤」ばかりになってしまったのでした。
講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「有栖川有栖」  講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「内田康夫」  講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「辻村深月」

しかし、こうやって並べるとテーマとしては「新刊案内」「出版物案内」と大きく分かれるも、色々なアプローチの方法があるものですね。
個人的には辰巳四郎作品をモチーフにしたデザインがあってもなあ......と思ってしまったのでした。
(ある意味、綾辻行人のしおりがそうなのかもしれませんが)

コメント

笑いながら読ませてもらいました。
確かに色の振り分けがぐちゃぐちゃですね(笑)

前にも話しましたが、ぼくは北海道の中学生でして、このしおりが22種類ぐらいしかそろえられてないんですよね。

北海道はしおりを配る店が決まってないんですよ。
紀伊国屋書店は最初の一回目で配るのやめちゃってますし・・・

というわけで、田舎者の僕のためにも、楽しい都会の本屋話をこれからもよろしくお願いしますね!

しおりを配る店って決まっていなかったのですか……。
そのときそのときで店側が「いる」「いらない」と決めているのでしょうか。
意外と、どこか我々のあずかり知らないところで、何らかの力関係が働き、「ある店」「ない店」が出てしまうのかもしれませんね(社会の裏側を妄想中)。