柳美里のナゾ

ずっと疑問に思っていたんです。
大きい本屋さんでは、まだまだ大抵のお店で柳美里が去年出した『柳美里不幸全記録』を平台に積み上げています。
こうした本屋さんに積み上げられている『柳美里全不幸記録』を見てまわっているうちに、フト奇妙な事実に気が付いたのでした。
それは、大体10軒中7~8軒の確率で

帯が上にズレているのですよ!
なぜかいつも帯がズレている柳美里『柳美里不幸全記録』

10軒中7~8軒の確率って......これは結構可能性としては高いのですよ。
何しろ、確率としては7~8割。もうほとんど当たりのような状態です。
あのイチローでさえ、4割は難しいのですよ(←それは打率ですって)。
これはもう、驚異的な数字としか言いようがありません。

しかもこの帯ズレの現象は、ほとんどの場合が数センチ程度。
まるで申し合わせているかのように、数センチ程度上にズレているだけなんです。
決して本の真ん中あたりまでズレてきているところは見たことがありません。
見事なまでの統一性。
見事なまでの一致性。
この奇妙な一致性は、何を物語っているのでしょうか。