ページ/3ページ |次のページ最終ページ

講談社ノベルス25周年記念特製しおりの一覧

本屋さんでノベルスコーナーをウロウロとしていると「あれ?」。
いつも"ご自由にお取りください"と置かれてある講談社ノベルス25周年記念の特製しおりが、今回はまだ出ていないのですよ。
おかしいのです。おかしい。何しろ月ごとの新刊が出るとほぼ同時に店頭には出ていたのですよ。
今月も10日ごろにはすでに新刊は並んでいたのです。
なのに、しおりはまだ並んでいないのです。

これは何かあるに違いないのです。
本を買いもせずに持っていく輩が多すぎるからか、それとも単に経費削減なのか、再生紙の偽装問題が講談社のしおりにまで波及してしまったからなのか......。
これは調べなければなりません。
早速、講談社のサイトにアクセスしてみたのでした。
すると......あらら。
なんと、12月で予定どおり25種類のしおりが出ており、企画としてはもう終わっていたのでした。
確かに年を越したら、もう"25周年"ではなくなりますよねえ。

そんな訳で、久々の備忘ログですよ。
5月からスタートした「講談社ノベルス25周年記念特製しおり」を一覧としてまとめてみました。

【2007年5月】
この月からスタートした特製しおりのシリーズは、綾辻行人・森博嗣・はやみねかおるの3種類が出たのでした。
講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「綾辻行人」  講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「森博嗣」  講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「はやみねかおる」
ちなみに、綾辻行人は2種類バージョンがあるようです。
当初は上に掲載した写真のものが配布されたようですが、講談社ノベルスの稼ぎ頭である「館」シリーズとしては『迷路館の殺人』が抜けているからか、改めて『どんどん橋、落ちた』と差し替えたバージョンが出たようです。
綾辻行人のしおりは2バージョンあります

【2007年6月】
特製しおりの第2弾は、霧舎巧・篠田真由美・法月綸太郎の3種類です。
しかし法月綸太郎のしおりのデザインは、どうして遮光器土偶なんでしょうか......。
講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「霧舎巧」  講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「篠田真由美」  講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「法月綸太郎」

【2007年7月】
特製しおり第3弾は赤川次郎・清涼院流水・佐藤友哉の3種類です。
赤川次郎のシリーズとは、また随分と懐かしい......。
まあ確かに赤川次郎と言えば、講談社ノベルスの黎明期には欠かせない作家ではあったと思うのですが、今改めてこの当時のイラストを見ると「古くっさー」感が否めません......。
講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「赤川次郎」  講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「清涼院流水」  講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「佐藤友哉」

【2007年8月】
特製しおり第4弾は、高里椎奈・高田崇史・西尾維新の3種類です。
これまでのしおりには、必ずその作家の出版物のタイトルが載せられていたのですが、西尾維新は初めて(というか、あとにも先にも西尾維新だけ)一切のタイトルが記されていないしおりになりました。
講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「鷹里椎奈」  講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「高田崇史」  講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「西尾維新」

【2007年9月】
特製しおりのシリーズもいよいよ折り返しです。
第5弾は大沢在昌・奈須きのこ・椹野道流の3種類です。
西尾維新の"宣伝色一切なし"に触発されたのか、今回は椹野道流のしおりがクイズ形式のようになっているのが特徴的ですね(ただし西尾維新とは違って出版物のタイトルが載せられていますが)。
講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「大沢在昌」  講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「奈須きのこ」  講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「椹野道流」

【2007年10月】
第6弾は上遠野浩平・島田荘司・西村京太郎の3種類です。
上遠野浩平は他のしおりと比べると、珍しい横型スタイルになっています。
他に横型スタイルなのは、7月に出た佐藤友哉だけです。
また西村京太郎は思わず「デカッ!」と言ってしまうほどのアップ写真です。
この写真のスタイルは、まるで一昔前によく見かけた「著者近影」のようでもありますね。
そういう意味では、西村京太郎のような大御所ともなればこうした「著者近影」写真には抵抗がないのかもしれませんね。
講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「上遠野浩平」  講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「島田荘司」  講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「西村京太郎」

【2007年11月】
いよいよ残り2ヶ月となって、っここで調整が入りました。第7弾は京極夏彦・殊能将之・田中芳樹・舞城王太郎の4種類です。
しかし舞城王太郎の"ツヅク"って......。
しかも4種類も出すと言うことでバランス感覚が狂ったのか、それまで「赤」「黄」「金」と3色をきちんと使い分けていた裏側デザインが、「金」ばっかりになってしまっています!
講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「京極夏彦」  講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「殊能将之」  講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「田中芳樹」  講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「舞城王太郎」

【2007年12月】
いよいよ最終回となる第8弾は、有栖川有栖・内田康夫・辻村深月の3種類です。
やはり西村京太郎と同様に、内田康夫は著者近影スタイルのしおりになっています。
そして、前回4種類も出したものだからバランス感覚がすっかり狂ってしまった裏側デザインですが、今回もなぜか、「赤」ばかりになってしまったのでした。
講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「有栖川有栖」  講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「内田康夫」  講談社ノベルス創刊25周年記念しおり「辻村深月」

しかし、こうやって並べるとテーマとしては「新刊案内」「出版物案内」と大きく分かれるも、色々なアプローチの方法があるものですね。
個人的には辰巳四郎作品をモチーフにしたデザインがあってもなあ......と思ってしまったのでした。
(ある意味、綾辻行人のしおりがそうなのかもしれませんが)

奇しくも直木賞・芥川賞作家が揃ったよ

読売新聞、スゲー。

月替わりで、「空想書店」と題して著名人が"店主"を勤めて、オススメの本を紹介するコーナーがあるのですね。
12月の店主が桜庭一樹でした。
そして今月、1月の店主が川上未映子です。
奇しくも、このコーナーを担当した作家がこの直近期に、直木賞と芥川賞を同時に受賞したんですわよ、奥さま!
きっと明日の読売新聞朝刊では、誇らしげに「ねー、ねー、聞いてよ、聞いてよ。ウチの新聞ってスゴイでしょ?」と書いているに違いありません!
いや、明日の記事そのものはおとなしくても、今週の読書コーナーですよ、読書コーナー。
もう担当者ったら鼻高々で「スゴイでしょ、スゴイでしょ。ムフフ」状態に違いないのです!
そんなもん、もしもぼくが担当者だったら、絶対に紙面全部を使って自慢しまくるもんねー。

これだけでは何ですので、もう情報としては古いのですが、この読売新聞の「空想書店」企画に連動して、「リアルの書店」内にオープンした「空想書店コーナー」の12月当時の様子を載せてみました。
桜庭一樹自身が、公式Web日記で「貼り付けすぎました」と書かれていた色紙もちゃんと飾られています。
丸善丸の内本店1階の「空想書店」連動企画のコーナー
......いや、ぼく自身はもっとスゴイことになっているのを想像したので、実物を見たら「アラ、なんだ地味なのね」なんて思ってしまいましたよ。
ちなみに現在の店長である川上未映子の空想書展コーナーもオープンしていました。
彼女の色紙は非常にナイス達筆!で、カッコ良かったですよ。

ところで、桜庭一樹が「空想書店」コーナーに飾る色紙のことを何と書いていたのか、うろ覚えだったので確認しようとしたところ......何と!
桜庭一樹の公式Webページにアクセスできなくなっています......。 一体、ぼくたちの知らないところで何が起こっているのでしょうか。

柳美里のナゾ

ずっと疑問に思っていたんです。
大きい本屋さんでは、まだまだ大抵のお店で柳美里が去年出した『柳美里不幸全記録』を平台に積み上げています。
こうした本屋さんに積み上げられている『柳美里全不幸記録』を見てまわっているうちに、フト奇妙な事実に気が付いたのでした。
それは、大体10軒中7~8軒の確率で

帯が上にズレているのですよ!
なぜかいつも帯がズレている柳美里『柳美里不幸全記録』

10軒中7~8軒の確率って......これは結構可能性としては高いのですよ。
何しろ、確率としては7~8割。もうほとんど当たりのような状態です。
あのイチローでさえ、4割は難しいのですよ(←それは打率ですって)。
これはもう、驚異的な数字としか言いようがありません。

しかもこの帯ズレの現象は、ほとんどの場合が数センチ程度。
まるで申し合わせているかのように、数センチ程度上にズレているだけなんです。
決して本の真ん中あたりまでズレてきているところは見たことがありません。
見事なまでの統一性。
見事なまでの一致性。
この奇妙な一致性は、何を物語っているのでしょうか。

肩身が狭いぜ

あるアミューズメント施設を通り掛かったときのこと。
フロアの片隅にこんなものがひっそり設置されているのを見つけてしまいました。
アミューズメントフロアの片隅にひっそりと
こ、これは……

「通話室」という言い方に昭和のノスタルジーを感じてしまいます
携帯通話室!

一体何なんですか、このナゾの携帯通話室はっ!
通話室ですよ、通話室。
金田一耕助がこもって「もしもしーっ!」と言っているのが聞こえてくるような、そんな気配がプンプン漂ってきます。
(いや、ちゃんと「携帯通話室」と書いてありますから)

しかしこの携帯通話室、どういった目的で設置されているのでしょうか?
こういった形で思い浮かぶのは、やはり「喫煙室」ですね。
と、すると、これはケータイで通話している輩を隔離する役割を果たしているのかもしれません。
あるいは、ペースメーカーを付けた方でも安心して遊んでもらえるように、といった配慮なのかもしれませんね。

なるほどねぇ……と納得したところで「あれ?」。

モーレツに狭すぎる「携帯通話室」の内部
この携帯通話室のなか、狭っ!

それでなくても狭い通話室のなかにイスなんて入れてしまったものだから、もうスペースがイッパイイッパイになってしまっているのですよ。
このままイスに座ろうとしたら、ドアに足を挟まれちゃいますって!
これ、ちゃんと機能しているのでしょうか?
面堂終太郎が誤って(諸星あたるに騙されて)この携帯通話室に入ってしまおうものなら、日本刀をブンブン振り回しながら、ダイハード並みにガラスを突き破って出てきそうなのです。

閉店間際のときわ書房聖蹟桜ヶ丘店に行ってきました

「閉店間際」といっても、別に遅い時間に行った訳ではなくって"畳んでしまう"方の閉店です。
「閉店」といえば、去年はもうアチコチで本屋さんが一斉に閉店をしていくという、激動の年でした。
まず2月。吉祥寺のTRICK+TRAPが閉店しました。
続いて10月。渋谷のブックファーストがまさかの閉店です。
そして年末。今度はときわ書房聖蹟桜ヶ丘店が閉店するとのニュースを聞いたのでした。
もう一体、何がどうなっているのやら。

そんな訳で、JRと京王線を乗り継いで聖蹟桜ヶ丘まで久々に行ってきたのでした。
そう言えば、最初にこちらのお店に行ったときは、「聖蹟桜ヶ丘」の読み方さえ知らず、「せいひん?さくらがおか?」などと言っていたものです。
それがどうですか、何度か通っているうちに、今やすっかり地元住民のように「せいせきさくらがおか」なんてスッと言ってのけるぼくがいるのですよ。
漢字も書けますって!
すっかり眠りこけてしまっていても乗り過ごすことなくちゃんとお店に行くことだってできるようになりましたよ!
ああ、それなのに閉店しちゃうのですか......。

京王線の聖蹟桜ヶ丘駅で下車して、駅前のOPA。
エスカレーターで5階にあがっていくと、徐々に視界に広がってくるときわ書房ワールド。
そうなんですよ、このお店はエスカレーターの真っ正面にフロアが広がっているから、5階に近づくにつれて徐々に見えてくる、このワクワク感がたまらなかったのでした。
しかし今回、エスカレーターの真っ正面に吊されていたのがこの案内です。
ときわ書房聖蹟桜ヶ丘店閉店のご案内

お店の雰囲気も、さぞかし閉店に向けて大わらわ......かと思ったのですが、さほどせっぱ詰まった感はないのですね。
お客さんだって平然と雑誌を立ち読みなんてしているその姿は、まるで普通の本屋さん。
決して閉店を2日後に控えている本屋さんには見えないのですね。
よく大型家電店なんかで見かける「閉店さよならセール」で漂う悲壮感やヤケクソ感、あるいは殺気といったものは一切感じないのでした。
本当に閉店するのでしょうか......と、ちょっと疑心暗鬼になっちゃうぐらいです。
ただ、レジではこんな栞が置かれてありました。
使うたびに寂しさを感じてしまいそうな閉店ご案内の栞
やっぱり本当に閉店はしちゃうのですよねえ......。

そんなこんなで、どうも納得がいかず、「どうもなあ、判らんよなあ......」とブツブツ呟きながら店内をプラプラ歩き回るぼく。
さぞかしHENTAI的で怪しかったことでしょう。
どうもすみません。
そんなHENTAI的だったぼくにも関わらず、レジで支払いをすると「抽選をどうぞ」。
そうか、今日は抽選会もあるのでしたね!
「よっしゃー!」と張り切ってクジを引いたのですが......ガビーン。
そうでした、そうでした。そもそもぼくという人間は、クジ運の悪い星の下に生まれてきていたのでした。
すっかりそのことを忘れていたのでした。
(要は"商品券"や"お好きな文庫本"ではなく、粗品を頂いたのでした)

そんな今日買った本のうち、辻村深月の新刊『名前探しの放課後』はサイン入りでした。
サイン入りの辻村深月『名前探しの放課後』
北山猛邦も、もうすでに本は持っているのですが、サイン本だからともう1冊買ったのが『『ギロチン城』殺人事件』。
こちらのサインは北山猛邦のサインではお馴染みのおとぼけペンギンが、エゲツナイことになっているところが描かれているのでした。
おとぼけペンギンが可愛いけど状況がエゲツナイ北山猛邦『『ギロチン城』殺人事件』サイン本

帰りのエスカレーターに乗ろうとしたところで、フロアの片隅に「5階 ときわ書房 オープン」と書かれたノボリがあるのを見つけました。
きっとこのノボリも、開店してからずっとフロアの片隅で、スタッフと同じようにお店のことを見てきていたのでしょうね。
どうもお疲れさまでした。
開店を知らせるノボリがフロアの片隅に立てられてありました

ページ/3ページ |次のページ最終ページ