定期券払い戻しのワナ

12月から……って、ちょうど来週の月曜日からなのですが、大手町のオフィスを離れ、お客さんのところに常駐してオシゴトすることになりました。

そんな訳で、今週で大手町に出勤するための定期券は不要となるのです。
張り切って6ヶ月定期なんて買ったものだから、払い戻しをしてもらったら、さぞかしドカンとお金が返ってくることでしょう。グフフフ。
♪払い戻し! 払い戻し! レッツゴウトゥ払い戻し!
そんな訳の判らん歌をがなり立てながら(心のなかで)、会社帰りに、みどりの窓口に行って来ました。

「定期券が不要になるので、払い戻しをお願いします」
「はい……あ、これは損しますよ」
「え?」
「有効期限が来年の3月27日まででしょ。今日が27日だったらよかったんだけど、1日でも過ぎたら、1ヶ月分過ぎたものとして計算するからね」
「……???」

基本的に定期券の払い戻しは「日割計算ができない」そうなんです。
だから、有効期限までを「1ヶ月ごとにカウント」して払い戻しの計算をするそうです。
つまり、ぼくの使用している定期券の有効期限は来年の3月27日なので、こういう計算になる訳ですね。

  • 2008/02/28 - 03/27  払い戻し不可
  • 2008/01/28 - 02/27  1ヶ月分の払い戻し
  • 2007/12/28 - 2008/01/27  2ヶ月分の払い戻し
  • 2007/11/28 - 12/27  3ヶ月分の払い戻し
  • 2008/10/27 - 11/27  4ヶ月分の払い戻し

そうなんですよ!
昨日、払い戻しをしていたら、4ヶ月分の払い戻しを受けられたはずなのに、今日払い戻しをしたら3ヶ月分になってしまい、しかもその金額は12月27日までのいつ払い戻しを受けても、

変わらない。

そう言うことになってしまうのですね。
そんなことを訊いてしまっては、払い戻すに払い戻せません。
しかし、もう新しい定期も買ってしまったので、持っていてもトクになることはないのですよ。
まあオフィスに近い方面の各地に行くときは、この定期を使用すると多少は交通費も浮いちゃうのですが……。
ちょっと複雑な気分です。

皆さんも払い戻しをするときは、定期の有効期限と同じ日に行くようにしましょう……。