直島、朝の散歩でラブとラブラブ

ホテルで朝食後、目の前の海岸をのんびり散歩しています。
この海岸には黄色と黒のボートがあるのですが、これも作品なんですね。
ジェニファー・バートレット「黄色と黒のボート」の屋外版
ベネッセハウスのなかには、この元となる作品が展示されてあり、ちょうどこの海岸の作品と対峙する形になるように置かれてあるのでした。

この作品が置かれてある海岸は、誰でも自由に立ち入りができるようです。
散歩をしていると……おお、ラブラドールレトリバーを連れている人がやって来ました。
アート作品が日常の風景に溶け込んでいます
このラブ、遠くに散歩しているぼくの姿を見つけると、尻尾をフリフリ振りながら“遊んでぇ”。
目からビームを出されてしまいました。
この、とってもフレンドリーなところがレトリバーなんですね!
名前はそのまんま「ラブちゃん」だそうです。
このラブちゃん、まだ1歳半とやんちゃな盛りで、ボールがとっても大好きなんですよ!
ほら、この真剣な目付き、どうですか。「早くボールで遊ばせてぇ」と訴えています。
早くボールを投げて欲しいと目で催促しているラブちゃん
そこで飼い主の方が海に向かってボールを放り投げると、海に向かって突っ込んで行っちゃいます。
やったー! ボールだ、ボールだ♪
そして「ボール取ってきたよ、スゴいでしょ」と自慢げに持ってくるのです。
ボール取ってきたよ、エライでしょ♪
エラいエラいと誉めてやると、「うう、嬉しいよぉ!」と全身が海水でビショビショのままで飛びついてくるではないですか!
飼い主の方は、「身体が濡れているので服が汚れますよ」と気にされていたのですが、ラブちゃんが全身体当たりでじゃれてくるのを放っておく訳にもいきません!
砂だらけ海水まみれよだれだらけになりながらたっぷり遊ばせてもらい、もう朝っぱらからテンションは出力最大になってしまうのでした。

いやあ、どれほどラブちゃんと遊んでいたでしょうか。
とっても名残惜しいのですが、もうお別れしないといけません。
「じゃあねぇ」と手を振って、ホテルに戻っていきました。
すると! 後ろから走ってくる足音が! 飼い主の方が「ラブ!」と言っている声が!
振り返ってみると……オオウ!
離れて歩いていったぼくのところまで、ラブちゃんがボールをくわえて「スゴいでしょ」と見せに来るのでした。
もう帰れませんよ……。
いや、帰れないし、そもそもこのラブちゃんのあまりの可愛さに、連れて帰ってしまうところでした。
(おい)