桜庭一樹『私の男』における新機軸

おお。
今日のエントリータイトル「桜庭一樹『私の男』における新機軸」って、まるでぼくが桜庭一樹の新刊『私の男』を読んで、その、これまでの作品とは明らかに異なる物語のアプローチについて、まるで真骨頂を見い出したかのような評論を書いていそうです。
が......、もちろん! このブログはあくまで「備忘ログ」です。
そんなことは1200%(オメガトライブよりも、さらに200%アップ)ありえません

じゃあ何の話かというと、桜庭一樹ですよ、桜庭一樹。
桜庭一樹サインにおけるワンポイントシールなんですね。
このブログで桜庭一樹を語るとすれば、それはもうシールをさしおいて他にはありません!

しつこいようですが「桜庭一樹」と言えば「シール」、「シール」と言えば「桜庭一樹」と言うぐらい(ホントか?)、彼女のサインにはワンポイントのシールが貼り付けられています。
しかも貼られるシールは何でもOKというわけではなく、その小説世界観に沿ったテーマで、いくつも用意されているそうです。
だからいつも桜庭一樹のサイン本を見つけては、「これにはどんなシールが貼られているのかな」と楽しみにしているのですね。

今回も、新刊『私の男』のサイン本が出ていたので、早速「どんなシールかな......」とゆっくり表紙を開いてみてみると......おおう?
桜庭一樹『私の男』サイン本

明らかにシールが、これまでのワンポイントシールではないのですよ!
これは、プリクラでしょうか?
いえいえ、明らかに外の風景です。プリクラとは違います。
じゃあ、何?
判りにくいのでちょっとこのプリクラ風の写真をアップにしてみました。
カニのツメ、デカッ!

カニのツメ、デカッ!

......って、カニのツメは関係ありません。

この背景に広がる大自然の力強さ、そして雄大さ、どうですか。
これは明らかにプリクラではないですね。
とすると、どうやらデジカメで撮った写真を、プリクラ風に印刷したものなのでしょう。
そう考えていたら、どうもそのとおりだったようです。
北海道旅行のときの写真だそうです。

いやいや、プリクラの箱を何とかして野原の真ん中に設置して、カーテンを外して撮ったら、こんな写真になるかもしれませんが。

トラックバック

» 「私の男」娘と父親の愛の物語 from soramove
「私の男」★★★★心から怖いと感じた 桜庭 一樹著、381ページ、1500円 北海道の小さな島、 津波で家族を失った少女は、 親戚の叔... 続きを読む