船橋で銀林みのると米澤穂信のサイン本

ポタライブ終了後、鰻ですっかりお腹と心が満たされたぼく、「さて帰ろうか......」と思ったところで、いやいや、それはもったいない。
何しろここは初めてやってきた街、船橋です。
船橋といえば、忘れてはならない本屋さんがあるではないですか。
ときわ書房。
そうですよ、「あなた、いったい誰?」なんて失礼きわまりない暴言を吐いたにも関わらず、

「いやいや、あっはっは。普通は"誰?"って思いますよねえ」

とオトナな対応をしていただいた宇田川さんがいる、ときわ書房ですよ!
そのお店をスルーして帰る訳にはいきません。
しかもお店は、まるで「おいで、おいで」と言うかのようにちょうどJRの駅前にあるのです。

そんな訳で、コソコソッと店内に立ち寄ってみました。

......ういはあ。

思わず変な声が漏れちゃいました。
いやあ、なかなかどうして、これはスゴいのですよ。
興奮しまくりなんです。
何しろお店の外観としては、どこの街の駅前にもある本屋さんでしかないのです。
しかし!
一歩店内に足を踏み入れると、そこに広がるのはパラダイス!
ああ、色紙が所狭しと張り出されてありますよ!
ああ、サイン本が所狭しと並べられてありますよ!
ああ、こんなにサイン本があるなんて夢じゃないかしらん......(うっとり)。

気にある本はたくさんあるのですが、敢えて自制心を取り戻すことができたのでした。
まずは、"完全版"として復刊したのが気になっていた銀林みのる『鉄塔 武蔵野線』。
うひょう、銀林みのるのサインは"鉄塔付き"ですよ!
銀林みのるの名作『鉄塔 武蔵野線』のサイン本は鉄塔のイラスト入りだ!

また、明日に新宿で開催されるサイン会が、池袋で行われる森見登美彦のサイン会とバッティングしてしまっていて残念だった米澤穂信の新刊『遠まわりする雛』です。
相変わらずダイナミックな米澤穂信ですよ。
相変わらずダイナミックな字体の男っぷりに惚れ惚れしてしまう米澤穂信のサイン

いやあ、鰻もおいしかったし、ときわ書房はパラダイスだし......船橋って街はいい街だなあ。