西尾維新『不気味で素朴な囲われた世界』のサイン本販売

以前(もう4年前だ!)、ノンシリーズで出た西尾維新『きみとぼくの壊れた世界』に、今回、続篇となる『不気味で素朴な囲われた世界』が発売されたのでした。
しかも今回は「講談社ノベルス」と「ハードカバー」の2冊同時発売なんですね。
どうですか、この講談社の強気の商法。
並べる場所を考えるだけでも本屋さんは大変そうです。
(しかもハードカバーは、前作『きみとぼくの壊れた世界』も同時発売。もう訳が判りません)

しかも今回の新刊(講談社ノベルスの方ですが)は、講談社サイトで先着100名にサイン本で販売するそうなのです。
サイン本が販売されるのは、今日の正午からと言うことですが……うーん。
何となく、「正午から申し込みできるかなあ?」と予感していたのでした。

そんな訳で正午。
講談社サイトにアクセスしてみると……

ページが見つかりません……ネット者にとっては悪夢の文字
やっぱり!

前作『トリプルプレイ助悪郎』のサイン本販売のときもそうでしたが、今回も出ましたよ、悪魔の「File not Found」!
きっとこの時間、日本中、いや、ひょっとすると世界中の西尾維新ファンが講談社のサーバーに殺到しているのでしょう。
結果、「重い」「繋がらない」とアクセスした皆がさらにリロードしたり[F5]キーを連打したりすることで、ますますアクセス数が増えてしまって、サーバーはパンク寸前なのかもしれません。
だからコンテンツを一旦引き上げておいて、アクセス数が落ち込むまで待とうという魂胆なのでしょうか。
「アクセスが落ち着くまで焦らそうホトトギス」なのでしょうか。
いや。
あるいは、本当にサーバーが落ちてしまったのかもしれません。
それでは、「アクセスでサーバーが落ちてしまったよホトトギス」じゃないですか。
(意味がサッパリ判りません)
いずれにせよ、このような状態になってしまっては、表示されるまできっとしばらく時間が掛かるに違いありません。
もうね、何となく講談社のサイトで買い物をする“コツ”なんて掴んじゃった気分でいるぼくなのです。
調子に乗ってそんな余裕をぶっこいていたら、いつかしっぺ返しがありそうですが、まあそのときはそれ、ということで。
お腹が空いたので、サラリーマンのお楽しみ、お昼ご飯を食べに行くことにしました。

モグモグ、ウマー。
(ご飯中)

戻ってきたのが12時30分過ぎ。
「復旧にはまだ早いかな」と思いながらも、念のためにサイトの様子を見てみると……おお!
ページの表示は重くて時間が掛かりますが、それでもページの表示が復旧していたのでした。
今回は30分で復旧していましたよ
今回は早いなあ……。
前回の『トリプルプレイ助悪郎』のときは、ページの表示が復旧するまで1時間半近くも掛かっていたのですからね。

そんな訳で、一度復旧をしてしまうと、後はスムーズ。
とくにページの表示途中でつっかえたり、エラーになってしまうこともなく、無事に購入できました。
表示が重いながらも、無事に注文終了

その後、45分ごろに再度、講談社サイトから『不気味で素朴な囲われた世界』のサイン本販売ページを見てみると……はやっ!
わずか15分ほどで完売してしまいました
もう販売予定数の100冊に達していたようなのでした。
販売していた時間は、実質15分ほど。
それで100冊売れちゃったということは……1分間に約6冊、10秒で1冊ペースで注文が入ってきたということなのでしょう。

留まるところを知らない、相変わらずの西尾維新の人気の高さは、恐るべし。
そりゃ講談社も販促に力を入れて、強気のハードカバー商法をぶつけてくるはずです……。

コメント

突然のコメント失礼します。
僕もこのサイン本に申し込みしたのですが、
まだ届いておらず少し不安になっております。
サイン本はもう届きましたか?
自分だけ届いていないのか、皆そうなのか知りたく
コメントさせていただきました。
よろしければ、返答よろしくお願いします。

kenberryさん、初めまして。
コメントをどうもありがとうございます。

そう言われてみれば、まだこの本は届いていませんねー。
手元にはちゃんと「注文受付確認メール」が届いていたので、すっかり安心しきっておりました。
東京創元社のサイン本注文なども、すっかり忘れた頃にくるので、なんとなくその感覚が
標準になっていたのかもしれません(笑)。

でも、「注文受付確認メール」を見ると、

> ご注文日から約5―10日前後でお届けできる予定です。

って書かれてありますね。うーん……。
まあすっかり忘れていたほどなので、もうちょっと気長に待ってみることにします。
(で、カードの引き落としが先にあり激怒するパターンになってしまうかも ← おい)

……などと、悠長なことを言っていましたが、郵便事故の可能性もないこともなく、段々と心配になってきました。
そこで直接、講談社BOOK倶楽部に問い合わせてみたところ、以下のようなお返事をいただけました。

> 大変お待たせいたしましたが、著者直筆サイン入り『不気味で素朴な囲われた世界』の
> 発送日が決定致しましたのでご連絡致します。
>
> 明日10月25日木曜日の夕方までに発送出来ることとなりましたので、お手元へは
> 早ければ26日金曜日、遅くとも27日土曜日にはお届け出来る予定でございます。

……だそうです。
ということで、今週中には手元に届くと言うことでしょう。
いやあ、郵便事故ではなくて、よかった、よかった。

レスありがとうございます。
すいません、不安を煽ってしまったようで^^;
昨日、どうしても我慢できなくて問い合わせしようと、
散々迷って思いとどまったんですが、やっと心の荷がおりました。
本当に、ありがとうございます。

ステレオタイプの確認メールだったのがややこしいんですよね^^;
5~10日で届かないのに、あの文言はないですよね・・・。
まぁ、今回の収穫は趣味の合いそうな人のblogを見つけたということで、
よしとしておきます。それでは、失礼します。

コメントをご覧いただけたようでよかったです。
講談社のサイトはいつも発送が早いので、今回は何らかのアクシデントがあったのかもしれませんね。
(例えば西尾維新本人が、風邪を引いて倒れてしまっていたとか……)
でも理由はどうであれ、状況がハッキリ判ってよかったですね。

郵便事故と言えば、以前にイギリスのAmazonで購入したCDが未着で、エライ難儀をしたのでした。
今回は日本語で通じる講談社でしたので、問い合わせも全然気は楽でした。

またこれを機会に、今後ともどうぞよろしくお願いします。