駒場で2度目のポタライブワークショップ中級「1.作家」

ワークショップは1度受けたはずなのですが、どうも自分の中で軸がブレ続けてしまい、結局は作品創作が破綻してしまったのでした。
そんな訳で修業はしたものの、卒業したとは決して言えないぼく。
リベンジですよ、リベンジ。
再度、駒場で開催されるポタライブのワークショップの中級篇に1から参加し直すことにしました。

今日はまず初回と言うことで、自分の創りたい作品をプレゼンテーション。
皆、それぞれ思い思いの方法で自らの作品をあつくプレゼンしていきます。
そのなかから、「自分が出演したい」と思う作品を2つ選択し、何をしたいかを述べていきます。

プレゼンする谷口さんと、その内容を実践した1号館前
俳優の谷口真衣さんのプレゼンは、スゴイのです、スゴイ。
どうスゴイって……もうマニアの方が大喜びしちゃうと思うほど、スゴイのですよ。
もうすっかり真っ暗になってしまった1号館の前で、プレゼン内容を実践してみました。

もうお一人、プロから参加されているのが「高襟 ~ハイカラ~」のダンサー青山るりこさん。
自らダンサーとしての人生と対峙するプレゼンテーション。
ストリート系のダンスの練習に勤しむ学生諸君をバックに、コンテンポラリーダンスを踊る青山さんの存在感は圧巻。
学生諸君も、皆、目を奪われているのでした。
当たり前と言えば当たり間のことなのですが、「やっぱりプロの迫力は違うわ……」と驚嘆するのでした。
ストリートダンスの練習をする学生をバックに、コンテンポラリーダンスを踊る

帰りは駒場から渋谷まで歩いて、センター街にある台湾料理の「龍の髭」でがっつり食事。
野郎4人と主宰者の計5人が「これでもかっ!」って言うほどメチャクチャ食べたなのに、お会計は5600円……。
安い、安いよ、安すぎるよ!
もうすっかり大満足で帰路についたのでした。

次回は1ヶ月以上も先の11月25日。
すっかり今日の熱いプレゼンを忘れてしまっていそうです。