ヴィレッジヴァンガードかと思いました

フト気が付くと、ここ最近は電車が停まってさあ大変、といった内容のことしか書いていないような気がします。
が、あくまでこの「ぼくのミステリな備忘ログ」は、その名のとおり"ミステリファンの、ミステリファンによる、ミステリファンのための"ブログだったりするのです。
「初心忘れるべからず」ですよ。
いえ、すっかり忘れてしまっていました。

そんな訳で、とってつけたかのようにこんなPOPの写真をジャジャジャン。
ポール・オースターの実質デビュー作である『シティ・オブ・グラス』の新訳に、担当者が大興奮しています
ポール・オースターの実質的なデビュー作にあたる『シティ・オブ・グラス』が、このたび柴田元幸の訳でこの雑誌に掲載されたのだとか。
だからでしょうか、これ、雑誌にしては異例の扱いではないでしょうか。
だってここは文芸書の平台なんですよ。
そんな一等地の"儲け"のための台に、雑誌がドサッ。
しかも、雑誌なのにPOPまで付けられています。

しかしこのPOPが......、何ともまたエキセントリックなんですね。

ファン鼻血!ですからね、ファン鼻血
もう鼻血というよりも、動脈がぶった切られたのかと思うほどの毒々しさで、ファン鼻血
しかもどさくさに紛れて「二冊買え!」って......。

しかしこのPOPを描いた店員は、この「二冊買え!」をかなり本気で言っているようなんです。
何しろ、POPをよくよく見てみると......ホラ。
ちゃんと2冊買ったときのために、代金まで計算してくれています(税抜きですが)
ちゃんと計算までして差し上げていますよ。
(......と言いながらも、「+税」という描き方がズルい。世の中はもはや"税込表示"なのに)

さて、このエキセントリックなPOPが設置されている本屋さん、すっかり気分はヴィレッジヴァンガードです。
何しろノリとしては、以前にも紹介した岡田あーみんのPOPにも通じるものがありますからね。

これ(↓)
ポール・オースターのPOPは、岡田あーみんと同じ

と言うか、ひょっとして同一人物なのかもしれません。

ところが!
実を言うと......何とこのお店、丸善だったのです。
そうですよ、丸善。洋書の丸善。老舗の丸善。ハヤシライス発祥の地、丸善。
ガソリンスタンドではありません。
(それは丸善石油。しかも今はコスモ石油だし)
そんな丸善が、こんなヴィレッジヴァンガードのようなPOPを設置しているなんて......。
いったい丸善に何が起こっているというのでしょうか。

  • ヴィレッジヴァンガードから転職した人が描いた
    (そのままだ)
  • ヴィレッジヴァンガードの人がコッソリ置いていった
    (何のために?)
  • ヴィレッジヴァンガードが胴元なので、丸善は逆らえない
    (何の胴元なんだか......)
  • 丸善の本棚がヴィレッジヴァンガードの本棚に繋がっている
    (どこでも本棚~ ← ドラえもんの声で)
  • ヴィレッジヴァンガードは丸善が世を忍ぶ仮の姿だ
    (もう意味が判りません)