世界はピンク色に染まっていた

朝、会社に行こうと家を出ると、ものすごい勢いで雨ザァザァ降りなんです。
もうそれだけで会社に行くのがイヤになっちゃって、仮病でズル休みをしちゃおうかとも思ってしまったのでした。
行きましたけど。

ところが午後になると、雨はピタリとやみました。
あの雨は一体、何だったのでしょう。
単なる嫌がらせだったのかもしれません。

それどころか、夕方に会社を出ようとすると、あたり一面がピンク色に染まっているのですよ。
空を見上げると、それはそれは見事な夕焼け空に、ピンク色に染まった夕焼け雲が浮かんでいたのでした。
見事な夕焼け空と夕焼け雲に世界はピンク色に染まっていました
これはビューティフォー! ぜひとも写真に撮っておこう!
……ということで、東京駅前、オアゾの広場でカバンからカメラを取り出しているうちに……あらら?
夕焼け雲がみるみるうちに消えていくのですよ!
うーん、上空には強い風が吹いているのでしょうか?
雲が消えるに従って、空から降り注いでいたピンク色の光も徐々に消えてきたのでした。

結局、ぼくがこの景色を見たのは、たったの5分間ほどだったでしょうか。
今となってはこの夕焼け空の夕焼け雲も、朝の雨ザァザァ降り同様に、ぼくが夢でも見ていただけのような気がしてきました。
いや、こうして写真はちゃんと残っているのだけれども。