贅沢なことをしてみたい

常々、贅沢なことをしてみたいと思ってはいるのですが、「では何をしよう?」と考えると意外と思いつかないものです。
ちょっと考えてみたのですが、思いついたのは……

  • 一流ホテルのロイヤルスイートにお泊りする
  • 豪華客船で世界一周クルーズの旅に出る
  • キャッシュでポン、とマイバッハを購入する

おお、メチャクチャ贅沢だ。というか、ムダに豪華だ。
確かにこれらは贅沢と言えば贅沢なんですが、いかんせん、先立つものが全然足りません。
言い換えれば、“現実的ではない”のです。
こういうのは贅沢とは言いません。単なる“夢”ですね。
という訳で、もうちょっと現実的なラインで考えてみました。

  • 海外出張の往復で、ビジネスクラスに座る
  • 国内出張の往復で、新感線のグリーン席に座る
  • 通常の通勤で、自宅と会社間をタクシーに乗る

ぬはははは。
実行するとすれば、ちょっと躊躇してしまうぐらいの贅沢さ。
どうだ!と思ったのですが……うーん。
確かに贅沢は贅沢なんですが、あまりに現実的過ぎるのですね。
実行したそのときには「おお、贅沢だ」とは思えるのでしょうが、あとには何も残らないような気がします。
というか、「オレ、何やってんだ」という後悔だけが残りそうな気がします……。
それではいけません。単なる“お金の無駄遣い”です。
そうすると、あと考えられるのは、

  • 山奥のひなびた温泉で1ヶ月ボーっと過ごす
  • 高級フレンチや中華を食べまくる
  • ブランドバッグを買いあさる

といったことでしょうか。
が、しかし。
ありきたりなんです、ありきたり。メチャクチャ普通。
そんなもの、金さえ出せばいつでもできるのです。

ああん、ああん。ここで立ちふさがる矛盾点。
「金を出せばいつでもできる」ことは“ありきたり”で贅沢とは言えないけれど、「とてつもない金を出さないとできない」ことも“夢”であって贅沢とは言えない。
とすると、この世の中にぼくを満たす贅沢はないものなのでしょうか……。

それがようやく見つかったのですよ。
それは「貸し切り」という手。
「貸し切り」と言ってもお店や場所ではありません。パフォーマー、つまり「人の貸し切り」なんです。
依頼した好きな場所にパフォーマーの方が来てくれて、依頼者とじっくりゆっくり話をしたうえで即興でパフォーマンスを即興で創作し、披露してくれるというものです。
ああ、「自分のためだけに」「好きな場所で」パフォーマーが即興で作品を創作して披露してくれるなんて、なんと贅沢なことなのでしょうか。

この贅沢な企画は「4(yonn)」という集団が行っている活動の一環で、“茶遊び編”というものです。
“茶遊び編”というのは一言で言うと

ダンスや演劇を、お茶と交換でお見せする会です。

だそうです。
実際にはどのように行われるのか、ルールはいたって簡単なんですね。
以下、「4(yonn)」のブログから抜粋します。

  1. 茶葉をご準備ください。
  2. お茶を一杯いれて、パフォーマーに飲ませてください。
  3. パフォーマーと、お茶を飲みながら、お話でもしましょう。
  4. お茶を飲み終わったら、パフォーマーはパフォーマンスします。
  5. パフォーマンスが終了したら、2で頂いたお茶何杯分に相当するか、値段を決めてください。
  6. 5で決めた量の茶葉をパフォーマーに渡してください。

そうです、お金は要らないのです。
お金に相当するのが「お茶」ですよ、「お茶」。
まずはパフォーマーの方とお茶で語らいながらひと時を過ごし、その後披露されたパフォーマンスが「お茶何杯分に相当するか」を判断してお渡しするだけ。

ステキじゃないですか。ステキ。SU・TE・KI。
季節はまさに芸術の秋、天高く馬肥ゆる秋の空の下、好きな場所で、パフォーマンスの貸切なんて。
そんな訳で、ぜひぼくの「贅沢」を実現してもらおうと、現在調整しています。
やるからには、やはり「天高い秋の空」をイメージできる気持ちのいい場所として、自宅マンションの屋上ガーデンを考えています。
横浜の市街を眼下に眺めながらのパフォーマンス、考えただけでもゾクゾクしてきます。

こんな贅沢なイベントを独り占めにするのはもったいないので、相方の友人も何人かお声を掛けてご招待します。
できれば皆さんにもお茶を持ってきてもらうことにしましょう。
その方が色々な種類のお茶が楽しめてグーッ!
場所はマンション屋上ですから、たまたま居合わせた方々にもギャラリーとして参加していただけば、多人数でまた楽しそうですね。
はてさてまだ調整を始めていただいたばかりなので、どのようになるのか判りませんが、ぜひとも実現をしたいと思います。

コメント

贅沢なこと…。
ポタライブお買い上げ。どのくらいかかるのかしら。(そもそも可能なのか)今度聞いてみよう。

ポタライブのお買い上げ(貸し切り)は可能ですよ!
訊いたことがあります!(えっへん)

旧作であれば、「え、そんなお値段でいいんですか」と驚いてしまう金額でした。
新作でも、取材をする時間さえあれば可能だそうです。
なので、好きな場所での開催もお願いできそうですよ。
ただし、その場合は取材する時間も含めた金額になるのでやや大きくなってしまいますが……。
でも、まるっきり不可能と言う金額ではありませんでした。
ああ、新作公演!
サイコーの贅沢ですね。
もしご依頼をされるときは、ぼくもぜひとも観に行きたいので、お声を掛けてくださいね!

教えてくださってありがとうございます。
見損ねた過去の作品を再演してください!というお願いもありなんですね。スケジュール調整が大変そうですが、お願いしてみたいかも…。

あ、見損ねた作品をリクエストするときは要注意です。
公演場所によっては、大きく変わっていたりしていて、もう再演できないものも
あるそうです。
残念ながら、そのときはまたその変わった場所をもとに、一から別作品を
作り直さなければならないでしょうから、新作料金になってしまうのではないかと
思います。
(って、なぜかぼくがポタライブの営業マンみたいになってしまっていますね……)

4茶遊びの小手川です。

茶遊びのオーダーと、またそのことをブログに書いていただいてありがとうございます!

そうです、茶遊び、なかなか贅沢な企画なんです。
横浜のマンションの屋上ということで、青山さんも楽しみにしておりますので、
よろしくお願いします!

私も楽しみです。それでは日程調整など、どうぞよろしくお願いいたします。

コメントをどうもありがとうございました!
(&勝手なご紹介をしてしまってすみません……)

こちらこそ、開催をとても楽しみにしています。
ぜひとも青山るぅさんのイメージに合ったお茶を用意させていただきたいですね。
頑張ってみます。
また日程の調整もありがとうございます。
現在、相方が友人に確認をしていますので、またご連絡をさせていただきます。

実際に開催された様子は、またこちらのブログでもぜひ、レポートさせてくださいね。
よろしくお願いします。

あの~ 9・7 9.10の書き込みに「奥海」と使われますが どちら様で? 聡氏? それとも隆志氏? ん~ん誰だろ  皆様と異なる内容文で 申し訳有りませんでした 失礼いたします。

奥海一義さま、初めまして。このブログ主宰人の中橋と申します。
「奥海さん」というのはハンドルネームですね。
こういったブログへの書き込みはだいたいのところ本名は使わずに、こうしたハンドルネームを使われることがほとんどですので……。
お名前が一緒だったのは偶然の一致だと思いますよ。